ピクシブ百科事典

乾闥婆王

けんだっぱおう

帝釈天の眷属で、天界の楽師。
目次[非表示]

仏教の乾闥婆王

帝釈天の眷属ので、天界のの楽師の。これと対になるのが歌の神様、緊那羅王の(きんならおう)。
須弥山のの南、金剛崛または十宝山に住んでいる。持国天と同じとも言われる。右手に法輪の、左手に経典のを持つ。

聖伝の乾闥婆王

CV :安藤ありさ / ドラマCD :本多知恵子

六星の一人。父は先代持国天、母は先代乾闥婆王。乾闥婆族の女王での名手。

武器は、普段持ち歩いている琴の中に隠した太刀。琴糸を巻き取って本体を分解すると、刀と左手の手甲に分かれる。

普段は優美な立ち居振る舞いの「天界一の楽師の君」だが、真の姿は東の武神将をも兼任する東方将軍・持国天。幼い頃から強い者を好み、天界最強である帝釈天に従っている。その信念は肉親の情よりも優先され、帝釈天が自分の父を殺した事すら意に介していない。

一方で、意志の強い迦楼羅王を友人と認め気遣ったり、帝釈天の追っ手から逃れた蘇摩を匿って配下としたりしていた。蘇摩のことは本気で愛していたが、打倒帝釈天の旅に出た彼女がその意志を変えないことを悟り、最終決戦時に彼女を殺して自らも自害した。

関連イラスト

乾闥婆王
非天月下



関連タグ

天照(ツバサ)

pixivに投稿された作品 pixivで「乾闥婆王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4588

コメント