ピクシブ百科事典

十二天

じゅうにてん

十二天とは、大乗仏教における十二柱の天部の神(デーヴァ)である。
目次[非表示]

概要

八つの方位と、上下天地)、そして太陽の神を合わせたもの。

密教において重要視される枠組みであり、修法や儀式を行う場の守護神として、祀られた。
十二天、という括りの場合、仏像は少なく仏画である事が多い。
それらは掛け軸や屏風として現存している。本尊として特定の場所に設置される仏像と異なり、
儀礼が行われる時と場所を選んで設置しやすい掛け軸や屏風は、十二天信仰と相性が良かったのだろう。

羅刹ラークシャサ)は通常、複数個体が存在する種族名であるが、十二天の一人でもある「羅刹天」は一人の神となっている。
地天は元となったヴェーダインド神話では女神プリティヴィーだが、仏教に取り入れられた後男性化している。
結果として十二天は全員男神である。

メンバー

東方:帝釈天
東南:火天
南方:焔摩天
西南:羅刹天
西方:水天
西北:風天
北方:毘沙門天
北東:伊舎那天
以上八名を「八方天」もしくは「護世八方天」という。
上方:梵天
下方:地天
八方天に上下(天地)の二神を加えて「十天」という。
日:日天
月:月天

関連タグ

十二神将 デーヴァ 二十八部衆

pixivに投稿された作品 pixivで「十二天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1655

コメント