ピクシブ百科事典

インド神話火神アグニ仏教に取り入れられたもの。火天とは漢訳仏典における表記である。
ゴータマ・シッダールタは仏弟子たちに対し、ホーマ(護摩)を行うことを禁じたが、大乗仏教が興り、密教が生まれると再導入された。

アグニはホーマの祭火を通して天上界の神々に供物を届けるとされる重要な神だが、密教においては同時に不動明王烏枢沙摩明王のような炎の尊格が誕生しており、火天が単独で祀られ、信仰される事はまずない。

火天は曼荼羅を構成する神々や、密教の儀式や修法を行う祭場の守護神「十二天」として言及される。

関連記事

親記事

十二天 じゅうにてん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 851

コメント