ピクシブ百科事典

天部

てんぶ

仏教における信仰対象の一群。

六道のうち天道に住む天人のうちで、
仏教に帰依したとされる神々。

大抵の場合「天部」と呼ばれるのは仏典にも登場する
インド神話由来の神である。
天部の像も仏像と称されるが、実際のところ
彼らは仏でも何でもなく人間と同じただの衆生である。
中世には日本神話の神々を仏教の守護者と位置づける神仏習合の伝統もあるが、
これは一般に天部ではなく、神仏と呼ぶ。

天部には、梵天帝釈天のようなデーヴァ(神)だけでなく
毘沙門天のような夜叉や、ヒンドゥー教では
悪魔視される阿修羅羅刹もカテゴリされる。
単に(特に天龍八部衆において)「天」と呼ぶ場合は
デーヴァ系の神々をさす。

天部の神として紹介される場合は、漢訳経典で用いられる
以下のような表記が用いられることが多い。

天部

デーヴァ系
梵天ブラフマー)、帝釈天インドラ)、弁才天弁財天サラスヴァティー)、大黒天マハーカーラ)、吉祥天ラクシュミー)、韋駄天スカンダ)、摩利支天マリーチ)、歓喜天ガネーシャ)、金剛力士(ヴァジュラダラ)、伎芸天
大自在天シヴァ)、毘紐天ヴィシュヌ)、火天アグニ水天ヴァルナ
日天スーリヤ)、月天チャンドラ
夜叉系
四天王持国天増長天広目天多聞天毘沙門天クベーラ
十二神将鬼子母神ハリティー
種族を問わない総称
天龍八部衆:天(デーヴァ)、ナーガ)、夜叉(ヤクシャ)、乾闥婆ガンダルヴァ)、阿修羅アスラ)、迦楼羅ガルーダ)、緊那羅キンナラ)、摩睺羅マホーラガ
十二天:デーヴァたちのほか、羅刹天(ラークシャサ)と毘沙門天が名を連ねる。

pixivに投稿された作品 pixivで「天部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198052

コメント