ピクシブ百科事典

クヴァンダ

くゔぁんだ

クヴァンダとはインド神話に登場する魔神である。
目次[非表示]

概要

クヴァンダ(Kumbhanda)はインド神話に登場する魔神で、暴風神ルドラの従者であるといわれている。クバンダ、クハンダ、クンバーンダ、クムバンダなどの表記もある。

仏教においては鳩槃荼(クバンダ)衆という護法神の一族であり、増長天の眷属、または八部衆の一人とされる。
奈良時代に制作された鳩槃荼像は国宝であり、八部衆夜叉に相当する。
形象は仏教の経典では記述が無く不明だが、曼荼羅では人身頭の姿で描かれている。

「クヴァ」とはを意味する「カバ(クンバ)」のことで、瓶のような性器を持つという意味で、瓶に化身することができる女怪であり、男をたぶらかして精気を吸う説もある。

の形の陰嚢を持つとの伝承もあり、そのまま「陰嚢」または「甕形鬼」と漢訳されている。(睾丸のサイズから「冬瓜鬼」とも)

人の睡眠を妨げ、災難の原因をつくることから「厭魅鬼」「厭眉鬼」との呼び名もある。

密教においては男女がおり、馬頭で黒い肌、1丈ほど(3メートル)の大きさで、赤い布をまとった姿であるとされる。

インドの文献では動物のように描写されていたことから、日本で翻案される際に大きな陰嚢を持つインドと捉えられた。そのため、狸の金玉は八畳敷とされたとの説を南方熊楠が唱えている。

創作での扱い

女神転生シリーズ

※pixivで投稿されているのは、ほとんどが女神転生のキャラクターである。
鉤針がついた笠をかぶった馬頭で、股間に瓶のような穴が開いた悪魔姿である。
初出は『真・女神転生デビルサマナー』で種族は”幽鬼”。名義は「クバンダ」だった。組織の幹部として警察署長に化け、平崎市での計画を邪魔するものを捕えていた。
デジタルデビルサーガ2』では捕虜収容所の所長として登場。捕虜収容所ステージでのギミックで多くのプレイヤーにトラウマをあたえた。

ハアハアハハーン(エンドレス
クヴァンダつめあわせ


桃太郎伝説

ラストダンジョン地獄に登場する大きな鬼「くばんだごくそつ」として、プレイステーションでのリメイク作に登場した。

余談

  • ラーマーヤナ」には、カバンダという頭が無く胴体に目や口があるという、異形のラークシャサが登場しており同一視されることもあるが、「クヴァンダ」が種族名なのに対しこちらは個体名である。
  • オカルト界隈で聖徳太子の予言書とされる「未来記」には、黒船来航、東京遷都と解釈される予言から200年ほど後(2016~2017年ごろ)に、「クハンダ(クヴァンダ)が来て、東の都は親と七人の子のように分れる」とあり、クハンダが何なのか様々な解釈がされている。
  • 女神転生での姿は「組織の尖兵は世界の吸血鬼である」というコンセプトで金子一馬氏によってデザインされた。


関連タグ

インド神話 仏教 
鳩槃荼
カバンダ キンナラ ガンダルヴァ ハヤグリーヴァ

pixivに投稿された作品 pixivで「クヴァンダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 433

コメント