ピクシブ百科事典

カバンダ

かばんだ

カバンダ( Kabandha/Kabhanda)はインドの叙事詩「ラーマーヤナ」に登場する異形のラークシャサである。
目次[非表示]

概要

山のように巨大で頭が無く、胸に目、腹に口を持ち、腕が長い。
ラクシュミーの子で、元々はガンダルヴァとして生まれたが、インドラ神と戦ったときにヴァジュラで殴られ、頭が胴体にめり込んだショックで目口が身体に生じラークシャサに転じてしまった。

インドラの雷に打たれた、またはリシの呪いで変えられたとの伝承もある。

ラーマーヤナにおいては、ダンダカの森でラーマ、ラクシュマナ兄弟に戦いを挑んだが敗れ、自らを火で焼いてくれるように頼んだ。
ラーマが火をつけると、炎の中からガンダルヴァの姿で現れ、呪いを解いてくれたお礼にシーターを助けるためには、猿王スグリーヴァの助けを借りるとよいと教えてくれたという。

創作での扱い

女神転生シリーズ

デビルサマナー』以降「クヴァンダ」は登場していたが、
「カバンダ」としては『ペルソナ2』で、アルカナ”HANGDMAN”の太った魔神のような姿の悪魔として登場した。

PSO

白はにゅ


コウモリのような羽根を持つマグ。

FF11

All-seeing Onyx Eye


アーリマン族の単眼でコウモリのような羽根で空を飛ぶノートリアスモンスター。グリスリートリンケット「カバンダの羽根」を落とす。

類似した怪物

へそ祭り同好怪
たっきゅん博物誌 -Naturalis Historia-


無頭人
刑天中国
胴面はらだし日本
ブレムミュアエアケパロイエチオピア
ヤマノケ都市伝説
ジャミラ

関連タグ

インド神話 ラーマーヤナ ラークシャサ
ガンダルヴァ クヴァンダ

pixivに投稿された作品 pixivで「カバンダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323

コメント