ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

佐藤有文著の『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』で紹介された妖怪。 腹出しともいわれる。

夜中に現れ、酒を勧めると滑稽な「はらだしおどり」をはじめ、その踊りを見たものは幸せになるといわれている。

人を驚かせはするものの悪意は無く、困っている者を助けたり、もてなすともいわれている。


創作での扱い

桃太郎伝説

黄色いコンニャクのような体で3枚舌を持つ妖怪。

鬼同士の抗争である外伝『夜叉姫伝説』や『新桃太郎伝説』では仲間にすることができた。

攻撃力が弱く回復は「はらだしのお茶」を飲むしかないが、物理攻撃には滅法強く段が上がり特殊な術を使えるようになると大活躍する。41段でまるだしの術をおぼえると…

桃太郎からもらえるのはきびだんごではなく、トカゲのしっぽだと勘違いしており、はらだしの村の里吉に渡すと仲間になってくれる。またびろ~んとは近い種族なので話すことができる。

夜叉姫様の大誤算!

※イラスト右


1990年に発売された『桃太郎伝説Ⅱ』では、時事ネタとして「ほほえみの大地」に当時西武ライオンズに入団し活躍していた清原和博をモデルにした攻撃を打ち返すきよはらだしが登場した。

(1作目では外人選手をモデルにしたあかおにホーマーだった)


地獄先生ぬ~べ~NEO

江戸時代に武家屋敷で客人におもてなしをしていた武士が妖怪化したものとして登場。

屋敷に入ってきたぬ~べ~達5年3組の面々に様々な手段でもてなそうとするが、人間の感覚とかなりズレてどれも欠陥ばかりだっため皆がひどい目にあってしまった事で糾弾されるが、駆け付けたぬ~べ~によって人間の姿に戻り、最高級のおもてなしを振舞った事で満足して成仏した。


余談

  • 佐藤有文の書籍が初出といわれ、元絵にはさとりという名前が書いてある。
  • 佐藤がこの元絵が掲載された書物を手放してしまったため、多くの謎が残っている。
  • 「土蜘蛛草紙」の尼僧の怪や歌川豊広画の「浮牡丹全伝」の腹に顔がある妖怪も「はらだし」とされる。

センシティブな作品

関連タグ

佐藤有文 腹出し 腹踊り

びろ~ん びろーん

頭足人 胴面 五体面

関連記事

親記事

佐藤有文 さとうありふみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65113

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました