ピクシブ百科事典

ナーガ

なーが

古代インドの伝承にある幻獣。 分類上はドラゴンの一種で巨大な蛇(コブラ)とされ、ときに上半身が人の姿で表される。 ときに神々と敵対し、または協力するなどといった中立・協力関係にある蛇神の一族。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ナーガとは

  1. インド神話の神の一族。この項目に記載。
  2. スレイヤーズ』シリーズの登場人物。 → 白蛇のナーガ
  3. ゲーム『ファイアーエムブレム』シリーズに登場するキャラクター、および魔法の名称 → ナーガ(FE)
  4. TCG『デュエル・マスターズ』の種族の一つ。 → ナーガ(デュエル・マスターズ)
  5. 漫画『べるぜバブ』に登場する悪魔 → 水竜王ナーガ
  6. ゲーム『モンスターファーム』シリーズに登場するモンスターの種族のひとつ。全体的に能力が高いが短命でかしこさも低く、魔法攻撃に対しては打たれ弱い。小技が優秀。
  7. アニメ『クロスアンジュ天使と竜の輪舞』の登場人物。 → ナーガ(クロスアンジュ)
  8. 特撮作品『宇宙戦隊キュウレンジャー』の登場人物。 → ナーガ・レイ

概要

インド神話に登場する蛇神の一族。細かく言うと「ナーガ」は男性のみを指す呼称で、女性は「ナーギー」や「ナーギニー」と呼ばれる。
巨大なコブラ、若しくはコブラの下半身を持った人間の姿で描かれる。
地下世界パーターラに独自の王国を築いて生活している。ナーガたちを治める諸王のことは「ナーガラージャ」と呼ばれる。
強力無比な毒を有し、敵対者を死に至らしめると同時に、信奉する者に対しては祝福を与えて毒の害から護る。その性質は人間同様多彩であり、神の随行者たるナーガ、人間と苦楽を共にするナーガ、万物に害を為す悪のナーガなど様々である。
神鳥ガルーダと敵対関係にある。

ヴァルナの武器ナーガパーシャ(蛇の縄)や“ラーマーヤナ”のインドラジットが使う相手を縛る蛇(ナーガ)など、単純な名詞としても用いられる。

仏教では竜神として取り入れられ、八部衆のひとつに挙げられる。
例としては、菩提樹の下で瞑想する釈迦を雨風から守った「ムチャリンダ」という名前のナーガがいる。

関連タグ

幻獣 蛇神
コブラ ドラゴン
インド ヒンドゥー教

似ているけど違う

ラミア

pixivに投稿された作品 pixivで「ナーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1500920

コメント