ピクシブ百科事典

ナーガ(モンスターファーム)

もんすたーふぁーむのなーが

ナーガ(モンスターファーム)とは、PSゲーム「モンスターファーム」に登場するモンスターの1種である。
目次[非表示]

概要

モンスターファームに登場するモンスターの1種で、名前通りナーガを思わせる爬虫類の外観をしている。
ステータスは「ちから」と「命中」の伸びが良く、「ライフ」と「丈夫さ」は水準、「かしこさ」は低めと、典型的な物理型ファイター。
しかし、寿命が短い上に、凶暴な=真面目さが低い個体が多く、スエゾーラウー以上に育て難い。

ナーガ種がSUBのモンスターは紫色の体色になる。
しかしそのほとんどは寿命が短い、不真面目(ワル)、おまけに強く育て難い早熟タイプ、と短所ばかり色濃く受け継いだ割に、良く伸びるはずのちからと命中の適正は、ほとんど伸びない場合が多いと、何かと扱いにくい。
後述するナーガの最大の強みである技は、SUBだと全く影響を及ぼさない要素である点も痛い。

戦闘面


1時代


上述の通り、物理アタッカーであるものの、技持ちの配分がおかしく、大ダメージが期待出来る技の大半が、かしこさ技になっている(概要にある通り、かしこさは一部の派生種以外、基本的に伸びない)。
しかも、かしこさ技で戦おうとすると、隣接距離で攻撃が出来ない
超必殺技Aの「ドレイン」を覚える為には、切り捨てたいちからを上げる必要があるのも難点。

一方、ちから技は命中率に優れた技が多い為、ステータス次第では小技で相手を圧倒する事も可能である上、全ての射程に対応している。
しかし、唯一の遠距離射程の技・「ドリルアタック」を習得するには、不要なかしこさを上げる必要があると、前述の「ドレイン」同様に、滅茶苦茶な要求をしてくる。

以上の事から、ナーガは合体による技継承を考慮した、長期的な育生計画を練っておくと、無駄が少なくて済む事が多い。

2時代

続編となる2では元々の短命さに加え、ストレスや修行等による寿命の減少が、前作よりもシビアになった事も相まって、更に育成が大変な種族になってしまった。
しかし、ちから技の性能の高さは健在で、特に「突き」は消費ガッツに対する威力と命中率が高くてモーションも短いと、これだけで殿堂入り(ゲームクリア)まで勝ち進めると言っても良い程、極めて高い性能を持つ。
他にもダメージの割に燃費のよい「しっぽアタック」、消費ガッツこそ多いものの、ダメージと命中両方が高バランスな「回転アタック」も強力である。
カタログスペックでこそ最大ダメージはB止まりだが、平均して高めの命中精度と出の速さによる手数で、確実に削り取っていく事を得意としたパワーファイターとして活躍できるだろう。
尚、かしこさ技に関してはやり込みプレイでもない限り、無視してしまった方が育て易くなるだろう。


派生種一覧

名称SUB種族初登場作品
スティンガーディノ(1)orロードランナー(2~)1
トライデントゴーレム1
ストライクリパーライガー1
ディアナリパーピクシー1
テロルシザーズワーム1
アクアシザーズゲル1
サイクロップススエゾー1
エッジホッグハム1
バズラガリ1
レッドアイモノリス1
ジャングラープラント1
カリビアンレア1
セイラーレア1
トキビトレア2
パニッシャーノラモン2
カリュウドニャーGBA
ワイルドピンクモッチーGBA
マグマブラッドドラゴンGBA
アカネノオロチアローヘッドGBA
アルビナダックンGBA
オクタクロータコピGBA
サンドラーモギィGBA
トライセラサイローラGBA
メタルクローデュラハンGBA
エキドナジョーカーGBA
ナットイーターモモGBA
ヒドゥラーレシオネGBA
スカーフェイスザンGBA
アルカトラズアントランGBA
ブルーネイルスズリンGBA2
ピュトンライデンGBA2
ヤドクナーガガルゥGBA2
グレンデルレアGBA2
コウハクレアGBA2


関連タグ

モンスターファーム

ナーガ 元ネタ

関連記事

親記事

モンスターファーム もんすたーふぁーむ

兄弟記事

コメント