ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

名前通り巨大な芋虫(厳密にはカブトムシの幼虫)のようなモンスター。

やたらリアルな外見や、喜びを表現するために出す細長い脚が、「気持ち悪い」と評判。

しかし、その外見に反して寿命・技の性能・適性・性格とあらゆる面において優れた優等生。移動速度とG回復に難はあるが、G回復に関してはその分貯めると強い補正をかけられる(特に2)ため、デメリットばかりでもない。

能力的にはライフが非常に伸びやすいが、回避が伸びない。

この際攻撃をよけるのは諦め耐久力に特化しよう。攻撃力も悪くないが、よけない前提で戦うぶん、ガッツダウン技だけには注意。


ワーム種がSUBのモンスターは色は茶色で目が緑色になる種族が多い。

種類によっては4つ目だったりするが、あまりワーム要素がないモンスターも多い。

ライフが伸びやすくなるが、同じくライフが伸びやすく真面目、ガッツ回復が早い、寿命が長いプラントと競合しており、地味なポジション。

ただ、弱点がそれほど目立たず、下記の羽化の都合で「最良の派生種」になりえる場合もあるので侮れない。


1時代

前述の通り、ガッツダウン技に注意する必要があるものの、全体的な技の火力は、上から数えた方が早い部類に入る。

特に、ガッツダウン技Bの「バックドロップ」は、ガッツ減少値・ダメージともに高く、相手によってこれだけで完封出来る(ただし、覚えるには不要な「かしこさ」を上げる必要があるため、主力にするなら合体による技継承を考える必要があるので注意)。

超必殺技Bの「きりもみアタック」も、遠距離から発動出来る為、相手のライフや防御力によっては一撃必殺が可能。


2時代

地味にゴーレムガリと共に特殊再生種族になった。

2大陸対抗戦に初めて出場した後、再生が可能になる。

ちなみに、ワームとビークロンでサブが同じモンスターは現在5種(サブはそれぞれ純正、ディノ、ゴーレム、ライガー、ガリ)存在するが、実質的に「ワームの総種類=ビークロンの総種類」と言えるので、出てないだけでサブの数は実質同じと言える(レア種にも該当するのはいるかもしれないが)。

技性能の高さは健在なこともあり、「興味本位で育てたら、想像以上に強くていい子だった」「最初は気持ち悪いと思っていたのに、予想以上に活躍してくれて、なんか可愛く見えてきた」なんて事例は結構あるはず。

編集者の主観にもよるが、派生種(特にハム派生のコロネ)も結構可愛い。

但し、喜ぶ時に出すあの細長くて気持ち悪い脚だけは、本当に勘弁して下さい

だいすきなあいぼう!


派生種一覧

名称SUB種族初登場作品成虫時の名称
トカゲムシディノ(1)orロードランナー(2)1ビーゲイター
イワムシゴーレム1ロックロン(2)/ビーロック(4以降)
ブルードリルライガー1テナガハウンド
ベニシャクトリピクシー1未登場
グラスワームゲル1未登場
ザザムワームスエゾー1未登場
コロネハム1未登場
カメンワームガリ1オーケストロン
クロザザムモノリス1未登場
ムラサキチュウナーガ1未登場
ハナシャクトリプラント1未登場
タンクレア1タンクロン(3)/タンクロン2(4)
エクスプレスレア2不明

ワームの羽化を使った育成法

1でのワームは3歳以上・ランクC以下・忠誠値100以上・疲労0以下・ストレス30以下で6月4週目を迎えると、となり「ワームが準血統の別種モンスター」へと羽化する。

この時、パラメータやガッツ回復は羽化する前と同じだが、技や適性が羽化後のものに変化し更に寿命が100週延長されるというボーナスがある。

そのため、最もガッツ回復が早いピクシー派生のベニシャクトリをガッツ回復の遅いゴーレムやガリモノリス等へと羽化させる事で通常より遥かにガッツ回復の早いモンスターを作ることが出来る(対戦では同種族を用いる時には必須とも言えるテクニック)。

また、ゲル(ちから)やハムナーガスエゾー(2のみ)(全てライフ)、ゴーレム(命中)の様に、ワームの時に羽化後のモンスターだと上がりにくい能力を上げておく事で、弱点の無いモンスターを作る事が出来る。

最後にピクシーだが、長所であるガッツ回復が遅くなる為一見外れに見える。

ピクシーでの長所は、冒険用のモンスターを1体でこなせる様になるのである。

対戦には使わない為、ガッツ回復の遅さも気になる事は無い。


2でも羽化自体は健在で、更にゼリーもどきのみを与えるとビークロン変態するため、この種の開放に必要となる。

「ぶっちゃけ変態させない方が実用性は高い」なとというあんまりな評価をされることもあるが、これはビークロンに限った話ではなく本作での羽化の仕様も大きく関わっている。

2だと羽化前のワーム種自体が技性能が高い部類に入ることに加え、羽化しても残り寿命や成長の適性など元のワームの大部分が変化せず羽化したモンスターに応じてわずかにパラメータにボーナスが加算されるのみと、羽化の旨味が非常に少なくなっているからだ。

このため羽化込みで強いモンスターを目指すなら羽化によるメリットを把握しておく必要があり、例えば寿命が変化しないことを利用して元々寿命の短いモノリスやガリとして育成するためだったり、ガッツ回復は引き継がれることを活かしてガッツ回復の早いゴーレムを作る、などコンセプトをはっきりさせた方がいいだろう。


関連タグ

モンスターファーム

ワーム

関連記事

親記事

モンスターファーム もんすたーふぁーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました