ピクシブ百科事典

ドラゴン(モンスターファーム)

もんすたーふぁーむのどらごん

モンスターファームに登場するモンスターの一種。
目次[非表示]

概要

モンスターファームに登場するドラゴンのモンスター。無印から登場している。
殆どの作品に隠し種族として登場しており、力と賢さが伸びやすく『寿命が短い種族』である点はほぼ共通している。
1では顔が小さめで縦長でスマートな体付きで、2では1に比べて恰幅が広がり、首にヒレが付く等、意外と見た目が変わっている。

1時代

入手方法がとにかく面倒臭い
1:チャレンジ杯【春】に出場し優勝。
2:協会特別招待試合【夏】に参戦して優勝、『ドラゴンの牙』を入手。
3:ティラノパープル(ディノ×ナーガ)とスティンガー(ナーガ×ディノ)との合体で『ドラゴンの牙』を隠し味に使用。

これを終える事で入手出来る。
性能は『ちから』と『かしこさ』の両刀であるが、かしこさ技は2つしか覚えないので、基本的にちから技で戦う…と思いきや、そのかしこさ技も下位技で威力命中共にB、上位技に至っては消費28にして威力命中共にAと、さらっとゲームバランスを壊しかねない性能をしているので、それだけでもかしこさは鍛える価値は大いにある。
超必殺技Bの『コンビネーション』は遠距離射程で、威力も凄まじいので、是非とも覚えておきたい。
しかし、隣接射程の攻撃が、基本技Aの『頭つき』しかないので、立ち回りには注意が必要(もっとも、前述の『コンビネーション』を確実に命中させれば、大抵の相手は瞬殺が可能であるが)。

2時代

2ではちからとかしこさは最高、回避以外は軒並み平均的に伸びるようになる。
また初代ではラグナロックスを除き真面目で素直な性格だったが、2ではスエゾーやナーガ並みに不真面目な性格になった(恐らく、『ドラゴンと言う種族に対する自尊心の顕れ』の表現?)。
かしこさ技のバリエーションは相変わらず貧相だが、命中率を犠牲に威力とGDを兼ね備えるファイア系、最高の命中率にそこそこの威力をもつウィングブレス系(特に上位技は命中Aで威力Bと言う結構とんでもな性能。オルドーフにはこれがないと詰むといって過言ではない)と、こちらも少数精鋭と言わんばかりに優秀な技群なので、オセロットやガリエル等、賢さ特化ドラゴンというのも十二分に実用的な選択肢である。この際基本的に遠距離でしか戦えないので距離に注意。
育成面においても『要求なしおねだり』が存在する為、短命を更に縮めてしまわないように注意。
バナナ育成の場合は要求なしをあまり気にする必要が無く、能力の伸びそのものは凄まじい、技も合体で継承すればいいので楽な部類。
フル戦ではメタルナーに比肩する強さを誇る。

ドラゴン種がSUBのモンスターも初登場した。
赤い体色で鱗に包まれたようなモンスターが多い。
ガッツ回復速度と寿命、真面目さと引き換えに、力とかしこさが伸び易くなる為、バランス型のモンスターと相性がいい。

PS2版モンスターファーム(3)以降

PS2版モンスターファームでは、ゴーレムデュラハンジョーカーと共にデザインが一新され、シンプルかつスマートなスタイルとなった。
モンスターファームアドバンスではあえてMF2以前のデザインに戻したが、続編のアドバンス2はMF3(PS2版モンスターファーム)の姿となった。
さらにモンスターファーム4以降では、サイローラモギィと同様、よりリアルな生物に近い姿へのアップデートがなされたため、これまで以上に精悍かつ獰猛なスタイルを獲得した。
しかし寿命の短さと移動の遅さ、素早さの適性の低さなどの弱点は健在で、一定条件を満たさないと再生・育成ができないのも相変わらず。


主な派生種

ジハード
ゴーレム派生。岩の様な体を持った黒目がちのドラゴン。
ドラゴンとゴーレムの合体ということもあり力の伸びが最高値。
1では四大大会の対戦相手レドンドとして登場する。

ガリエル
ガリ派生。白いボディに首の付け根にガリの意匠を持ち、頭部が透明になったドラゴン。
1では賢さの伸びが最高値。

ラグナロックス
モノリス派生。『暗黒の使い』の異名を持ち、黒い体に赤い目をしたドラゴン。
真面目さが伝説の怠けもの・ラウーを下回るたったのしかなく、忠誠度が低い内はさぼりと脱走を繰り返す問題児。長い間真面目5はバグや設定ミスと思われていたが移植版でも真面目さ5のままであった。しかし移植版ではラグナロックスと同等か、それ以下の不真面目なモンスターも出てきた。
1ではドラゴン育成に避けては通れない壁、メギラスとして登場する。

テクノドラゴン
ヘンガー派生。黄金の体を持ったサイボーグのドラゴン
力・命中・賢さが伸び易く、1時代では唯一伸び難い能力がなく、全モンスター中最高の適正を持った万能型。
隠し種族の代表であり、モンスターファームでも人気のドラゴンとヘンガーの合体、伸びにくい能力がなく真面目で育て易い点や、純粋にかっこいい見た目もあり人気は高い。
4以降ではヘンガーの顔したドラゴンと言う風貌になり、「改悪された」と批判が多い。


アポカリプス
タイガードラゴンの異名を持つドラゴン。
異名通り虎のような体毛に包まれている。基本的な適正は純血種のドラゴンと同じ。
また移植版では新種の白いアポカリプスが登場した。


ムー

ムーさま


モンスターファーム2に登場するドラゴン種のレアモンで、アニメ版のラスボスである。
・・・が、能力適性はなぜかビークロンと全く同じ。
もちろんフルモンではない。おまけにこの種以外の2のドラゴンのレアモンもいない。

伝説にもわずかしか登場しない。人間以上の知能を持つともいうがナゾにつつまれている。
(モンスターファーム2のムーの説明から)

人間以上の…?ビークロンって確か、かしこさ適性Eだった気がするが。
それにドラゴンなのにかしこさ適性Eってどういう事なの…
そんなムーだが、移動速度はドラゴンの中で最速で、かつ最重量級のガッツ回復(19)を持つので、一方的に自分のペースを握りつつ、ガッツを溜めに溜めて補正の乗った一撃を加える事が出来ると言う、何気にフルモンではドラゴン種最強候補足りうる器を持っている。やはりラスボスは格が違った。

※本来ドラゴン(純血)のかしこさ適性はA

移植版のモンスターファームにも2020年4月27日のアップデートで追加された。

皇竜ダイナスト(ディーヴァ)
モンスターファームアドバンス、及びアドバンス2に登場する、純白のドラゴン種モンスター・・・。
それが、AGIMAのエンペラーカップで挑戦者(プレイヤー)を待つ、エージ島に住むモンスター達の頂点に輝く存在、ディーヴァの皇竜ダイナストである。

・・・そして、皇竜ダイナストに勝利することで、ダイナストと同じ、純白のドラゴン種ディーヴァを育てることができるのである。
アドバンスでの再生時スペックは全6項目オール255で、更にドラゴン種には珍しく寿命も長い。
しかし続編のアドバンス2では、1回目のエンペラーカップで乱入者に敗北したこともあり、いろいろと弱体化している。

エドッコドン
モンスターファーム4に登場する、お祭り好きなドラゴン種のレアモン。
翼が太鼓とバチになっているほか、太い眉毛にねじり鉢巻き、更にお祭り法被着用している。
賢さと命中の成長適性がEと低く、逆にライフと力の成長適性がAと、完全にパワー一辺倒タイプのドラゴン種特殊派生である。
その見た目通り、再生には太鼓にちなんだリズムゲームがオススメ!!

カオスドラゴン
カオスデュラハンカオスリッパーと同じく、モンスターを守護する三獣神に属する、混沌の名を冠する暗黒竜。
モンスターファーム4の予約特典ディスクでのみ再生可能で、ブリーダーランクがBかE、AかD、SかCによって再生できるモンスターが違う・・・らしい。
・・・なお、モンスターファームDS2では、ゼノンアビス派生種でカオスゼノンが登場していることから、カオスデュラハンともどもアビス派生モンスターとして扱われている。

派生種一覧

名称SUB種族初登場作品
ジハードゴーレム1
ガリエルガリ1
ラグナロックスモノリス1
テクノドラゴンヘンガー1
アポカリプスレア1
アテナピクシー2
コーカサスビークロン2
アーマードラゴンデュラハン2
クラスターアローヘッド2
クレバスライガー2
オセロットアーケロ2
ドドンゴーバジャール2
ギドラスメタルナー2
ディアボロスジョーカー2
ムーレア2
マグマハートノラモン2
ドラグカッツェニャーGBA
ラズウェルモッチーGBA
フラッシャースエゾーGBA
ジャバウォックダックンGBA
ファフニールロードランナーGBA
ニーズヘッグナーガGBA
オクトゴンタコピGBA
ドルゥーガーモギィGBA
クエレプレサイローラGBA
ファードラゴンモモGBA
ザラタンレシオネGBA
ウロボロスザンGBA
ヴィーヴルアントランGBA
ハムスタンハムGBA2
フェアエリフェザースズリンGBA2
カオスヘッドギタンGBA2
ゲートキーパーガルゥGBA2
ゲートキーパーレアGBA2
ヴリドラレアGBA2
ドラゴクリスタルレアGBA2
ラグナロクレアGBA2
フェザーゴールドレアGBA2
ワイバーンレアGBA2
ディーヴァレアGBA2


関連タグ

モンスターファーム ドラゴン

関連記事

親記事

モンスターファーム もんすたーふぁーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴン(モンスターファーム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 358

コメント