ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ゲーム「ファイアーエムブレム」シリーズに登場する名称。

CV:大原桃子(覚醒)、佐藤聡美(ヒーローズ)


概要

ゲーム「ファイアーエムブレム」シリーズに登場する名称。

神竜の王の名であったり魔道書であったりと位置づけは各作品で異なるが、全てに関係する存在であるという共通点がある。


暗黒竜と光の剣

アカネイア大陸のドルーア地方に興った神竜族の総称。最も強い力を持ちながら、人間界を狙う火竜サラマンダー、魔竜族バジリスクを諫め、マムクートとしての本性を竜石に封じ、人の姿で人類と共存する友好的な種族だった。

しかし、どこからかやってきた地竜族のメディウスに、幼い王女チキただひとりを残して滅ぼされる。


紋章の謎

前作のリメイクかつ続編である本作では、設定が大きく変更された。アカネイア大陸の竜族の中で最も力を持つ神竜族の長で、「神竜王」と呼ばれる。チキは彼の娘。

神話の時代、竜族の退化の予兆を感じ取ったナーガら神竜族の長老達は“種としての滅びの運命を受け入れ、力を捨てて人として生きよ”と竜族に説いた。しかし地竜族を始めプライドを捨てられなかった一部の竜族が人化を拒んでドルーアへと逃亡し、やがて理性を失って人間を襲い始める。ナーガは人間達を守らんと一族を率いて戦いを挑み、野生化した地竜族をドルーアの地中深くに封印する。しかし、神竜族は竜族としての力を使いすぎた代償としてほぼ全てが死に絶え、ナーガ自身も5000年の寿命を終えて永久の眠りについた。

(愛娘のチキだけは戦うことはなかったが、野生化を憂いたナーガによって封印されている)


アカネイア諸国に伝わる神話では、ナーガが竜族だったことは失伝。人類の守護神として、巨大な男神の姿で描かれている。伝承の大意は「太古の時代、人間を襲った邪悪なる竜に神罰を与えてマムクートに変え、人に光輝く剣(神剣ファルシオン)と五つの宝玉が埋め込まれた盾(封印の盾)を授けた」というもの。

神剣ファルシオンはナーガが晩年に地竜族復活の保険として、自らのから生み出した武器である。


なお、前作同様神竜族そのものを指して「ナーガ族」と呼ぶこともある。


聖戦の系譜

ユグドラル大陸で信仰されている、およびその神が授けたとされる魔道書の名称。


神聖魔法ナーガ

ユグドラル大陸の中央に位置する大国・グランベル王国を治めるバーハラ王家に伝わる魔道書。

暗黒魔法ロプトウスに唯一対抗できると言われる光魔法。王家の始祖である十二聖戦士の一人・聖者ヘイムの子孫のうち、体に聖痕を持つ者のみが使用できる。作中の使い手はユリアのみ。

装備すると破格のステータス補正がつき、ロプトウスの特殊効果(相手の攻撃力を半減)を無効にすることができる。


光神(聖神)ナーガ

全滅間近の解放軍が立てこもるダーナ砦に降り立った十二柱ののうちの一柱であり、幼い少女の姿をしているといわれている。

伝承では解放軍を率いる司祭ヘイムに降臨し、神聖魔法ナーガを授けたとのみ伝わっているが、実際には彼と血の盟約(ゲッシュ)を結び、自らの血をも与えた( → ロプトウスも参照)。故にバーハラ王家にはヘイムひいてはナーガの血が流れており、本作および外伝『トラキア776』にその末裔が登場する。


十二の神々が人々に与えた武器(ユグドラルでは聖遺物、聖武器、神器などと呼ばれる)には、それぞれの神の力を込めた“竜玉”と呼ばれるオーブがついているが、ヘイムに与えられた魔道書の竜玉は他のものと違い、ナーガの力だけではなくその意志も込められている。

これはユグドラル大陸で万が一ロプトウスが復活した場合、人々を守れるよう正しく導くための保険のようなもので、ナーガの力を受け継いだものは等しくその意志をも受け継いでいる。


覚醒

いにしえの時代、世界を破滅から救ったで「神竜ナーガ」と呼ばれている。イーリス聖王国及びヴァルム大陸では信仰の対象となっている。後世にその封印する力を人間に授けたことで人の姿を借りて現れるが、言い伝えではその姿は男性であったり少女であったりと定まらない。

本作では若い女性の姿をしており、物腰は穏やかで奥ゆかしい。

虹の降る山で【覚醒の儀】を行う者の前に現れると資格を試し、その牙から生まれたファルシオンの真の力を引き出す者とされている。ただ一方でナーガとは特定の誰かの名ではなく、受け継がれていくものと思わせる描写も存在する。

対になるものとしてギムレーがいる。


こちらにも「聖書ナーガ」として魔道書が存在しており、闇魔法(ダークマージ系専用)を除けば最強の魔道書として存在。また、説明では古の聖女の魔法と表記されており、上記の神聖魔法ほどのぶっ飛んだ補正はないが(守備・魔防+5)、竜特効が付いている。

なお、ロプトウス的ポジションには「魔書ギムレー」が存在するが、ロプトウスと異なりこれといった特殊効果がなく、威力のある闇魔法といったやや物足りない感じを漂わせる。(他の闇魔法が特殊すぎるというのもあるだろうが…)


DLCシナリオ「絶望の未来」では覚醒の儀を防ぐためにギムレーによって消滅させられてしまっており、竜王ナーガの娘であるチキもルキナを庇いギムレーに殺されてしまう。

しかしその遺体がイーリス城に残っていた事によってそこが新たなる聖地(神竜の力が強く宿る地が聖地となる)となり、チキ自身が新たなナーガとなった。


Echoes

直接の登場はないが、ドーマミラの設定の追加に伴い関連性が明言されている。

いにしえの時代において、古き民達が治める王国の長であり長らく繁栄を続けていた。

ナーガが特に信頼をおく者として、強大な武力で王を守護する『王の盾』と称されたドーマ、そして膨大な魔力で大地を満たし王国の繁栄に大きく寄与し『王の杯』と称されたミラ。この二人の神竜は実の兄妹でもあった。

ミラを始めとした竜族は人間に多くの知識や力を与え、その英知を受けた人間は急速に発展を遂げやがてテーベに都を築くに至る。

ドーマは人間が大きすぎる力を持つ事に危惧を抱き、王の諾を得る事なくテーベへ手勢を差し向け、遂には滅ぼしてしまった。

ナーガはこの所業に激怒し、ドーマに王の軍勢を差し向け、同調したミラ共々9日間の激闘の後に打ち破った。かつてない激しい戦いだったとされている。

この戦いの最中に折られたナーガの牙が数本各地に散らばった(メタ的に言えば今後の作品でナーガの牙から産まれた何かが増える余地とも言える)

この罪によりドーマとミラの兄妹はアカネイアを追われる事となるが、慈悲深いナーガは去り行くドーマに自らの牙を与えたと言う。やがて訪れる『退化の現象』に対する備えとして。

ナーガの危惧通り、アカネイアを去りバレンシアに移り住んだ兄妹は、理性を失い狂気に侵され獣と化す定めから逃れる事は出来ず、王の牙によって封印され永い眠りにつく事となった。


ヒーローズ

神竜王 ナーガ(神階英雄)

属性
兵種竜/飛行
武器神竜王のブレス(竜特効)(専用)
奥義月光
A攻撃速さの攻城戦3
B速さの封印3→空からの急襲3
C神竜王の牙(専用)→神竜王の牙・神(専用)

2019年5月から天の神階英雄としてついに参戦。出典は異例の紋章の謎および覚醒の二作品となっており、容姿は覚醒の方を採っている。大原氏の引退に伴い、声優が佐藤氏に変更された。青属性竜では初の飛行となった。


なんと言っても専用Cスキル「神竜王の牙」が目玉。

周囲1マス隣接必須と言う条件こそ少し厳しいが、発動すれば兵種関係なしに誰でも竜特効を状態変化扱いで付与する事が出来る。

純粋に竜特効を付与するも良いが、他の特効武器を装備している場合は二種類の特効を同時に扱う事も可能になり、勇者武器、特にダイムサンダに付与すれば遠隔でありながら二連続特効攻撃を仕掛けられる凄まじいことになる。

ちなみに、既に竜特効武器を持つ場合も付与出来るが特効の倍率が上がると言う事はない。


一方で素の戦闘能力に関しては控えめ。

専用武器のお陰で竜特効や竜が周りに居ればステータスが加算されるが、控えめな総合値にバランス型の配分である関係上他のマムクートのような獅子奮迅の活躍は難しい。


また低いHPや隣接が発動条件に必須である以上インバースにはパーティ全体で弱くなってしまうのも難点。相手に竜が居なければ効果も自己強化以外腐ってしまい、効果こそ強烈だが扱いは非常に難しい仕上がりになっている。それと自分自身も竜特効の弱点を持ち、飛行特効も含まれている。属性が有利だとしても伝承マルスだと何もさせられないまま終わってしまう。ロイやアルムなどの相手を無理矢理倒せる竜特効持ちにも気をつけたい。

以上の件を挙げると全く無敵ではないが、サポーターとしては十分有用なので、神階効果もセットで活路を見出したい。


2022年8月のアップデートで上方修正が実施。

専用Cスキルが「神竜王の牙・神」へ。竜特効付与の条件は変わらないが周囲二マス以内に味方がいると自分と周囲二マス以内の味方に攻撃速さ+6かつ絶対追撃付与。サポート能力はもちろん、問題点の戦闘能力が飛躍的に上昇。

Bスキルが「空からの急襲3」でHP次第で相手の反撃も許さず、戦闘参加も可能になった。


同時に錬成武器対象に。条件が周囲四マス以内に範囲が拡大。もう一つは周囲四マス以内の竜、竜特効の味方は戦闘中、全ステータス+4が追加。

特殊錬成効果は周囲三マス以内に味方がいると戦闘中、全ステータス+4かつ最初に受けるダメージを25%軽減。そして攻撃が敵の魔防より高いと最初に与えるダメージ+(攻撃-敵の魔防)の25%分加算。これで範囲拡大したおかげで自分も味方もステータスが上がりやすくなりつつ、戦闘面が強化される新たな個性を得た。


収穫を讃えし神竜王 ナーガ

属性
兵種竜/飛行
武器幽静のブレス
補助攻撃の大応援+
A攻撃魔防の機先3
C攻撃魔防の牽制3

2022年10月からの超英雄でナーガ初。星4からも排出される。…ナーガ様を低レアで入手できる貴重な機会でもある。しかも神階英雄を経験したキャラを低レアで入手できるのは初。


神階版とステータスを比べると攻撃と魔防はかなり上がるが得意だった速さは落ちてしまった。


幽静のブレスは錬成ブレス効果に加え、敵から攻撃されるか敵のHPが75%以上の時は戦闘中、敵の攻撃魔防-5かつ追撃不可。流石に竜特効付与やサポート能力は神階英雄ではないので消えているが、問題だった戦闘面は上昇して守り型に変わっている。


弱点こそ神階版と同じだが攻撃する側に向いてない。さらには機先の効果と噛み合っていない他にレイヴン効果が加わって無属性対策が増えている。見切り追撃効果で確実に突破されてしまう。


貴重な機先、牽制、大応援を入手できるので素材としても完璧。


関連タグ

ファイアーエムブレム マムクート  神竜

チキ ガトー チェイニー ナギ

クルト ディアドラ ユリア セリス リノアン

ドーマ ミラ

ファルシオン


ソワレ/カムイカンナ:同シリーズの中の人繋がり

CV:大原桃子(覚醒)、佐藤聡美(ヒーローズ)


概要

ゲーム「ファイアーエムブレム」シリーズに登場する名称。

神竜の王の名であったり魔道書であったりと位置づけは各作品で異なるが、全てに関係する存在であるという共通点がある。


暗黒竜と光の剣

アカネイア大陸のドルーア地方に興った神竜族の総称。最も強い力を持ちながら、人間界を狙う火竜サラマンダー、魔竜族バジリスクを諫め、マムクートとしての本性を竜石に封じ、人の姿で人類と共存する友好的な種族だった。

しかし、どこからかやってきた地竜族のメディウスに、幼い王女チキただひとりを残して滅ぼされる。


紋章の謎

前作のリメイクかつ続編である本作では、設定が大きく変更された。アカネイア大陸の竜族の中で最も力を持つ神竜族の長で、「神竜王」と呼ばれる。チキは彼の娘。

神話の時代、竜族の退化の予兆を感じ取ったナーガら神竜族の長老達は“種としての滅びの運命を受け入れ、力を捨てて人として生きよ”と竜族に説いた。しかし地竜族を始めプライドを捨てられなかった一部の竜族が人化を拒んでドルーアへと逃亡し、やがて理性を失って人間を襲い始める。ナーガは人間達を守らんと一族を率いて戦いを挑み、野生化した地竜族をドルーアの地中深くに封印する。しかし、神竜族は竜族としての力を使いすぎた代償としてほぼ全てが死に絶え、ナーガ自身も5000年の寿命を終えて永久の眠りについた。

(愛娘のチキだけは戦うことはなかったが、野生化を憂いたナーガによって封印されている)


アカネイア諸国に伝わる神話では、ナーガが竜族だったことは失伝。人類の守護神として、巨大な男神の姿で描かれている。伝承の大意は「太古の時代、人間を襲った邪悪なる竜に神罰を与えてマムクートに変え、人に光輝く剣(神剣ファルシオン)と五つの宝玉が埋め込まれた盾(封印の盾)を授けた」というもの。

神剣ファルシオンはナーガが晩年に地竜族復活の保険として、自らのから生み出した武器である。


なお、前作同様神竜族そのものを指して「ナーガ族」と呼ぶこともある。


聖戦の系譜

ユグドラル大陸で信仰されている、およびその神が授けたとされる魔道書の名称。


神聖魔法ナーガ

ユグドラル大陸の中央に位置する大国・グランベル王国を治めるバーハラ王家に伝わる魔道書。

暗黒魔法ロプトウスに唯一対抗できると言われる光魔法。王家の始祖である十二聖戦士の一人・聖者ヘイムの子孫のうち、体に聖痕を持つ者のみが使用できる。作中の使い手はユリアのみ。

装備すると破格のステータス補正がつき、ロプトウスの特殊効果(相手の攻撃力を半減)を無効にすることができる。


光神(聖神)ナーガ

全滅間近の解放軍が立てこもるダーナ砦に降り立った十二柱ののうちの一柱であり、幼い少女の姿をしているといわれている。

伝承では解放軍を率いる司祭ヘイムに降臨し、神聖魔法ナーガを授けたとのみ伝わっているが、実際には彼と血の盟約(ゲッシュ)を結び、自らの血をも与えた( → ロプトウスも参照)。故にバーハラ王家にはヘイムひいてはナーガの血が流れており、本作および外伝『トラキア776』にその末裔が登場する。


十二の神々が人々に与えた武器(ユグドラルでは聖遺物、聖武器、神器などと呼ばれる)には、それぞれの神の力を込めた“竜玉”と呼ばれるオーブがついているが、ヘイムに与えられた魔道書の竜玉は他のものと違い、ナーガの力だけではなくその意志も込められている。

これはユグドラル大陸で万が一ロプトウスが復活した場合、人々を守れるよう正しく導くための保険のようなもので、ナーガの力を受け継いだものは等しくその意志をも受け継いでいる。


覚醒

いにしえの時代、世界を破滅から救ったで「神竜ナーガ」と呼ばれている。イーリス聖王国及びヴァルム大陸では信仰の対象となっている。後世にその封印する力を人間に授けたことで人の姿を借りて現れるが、言い伝えではその姿は男性であったり少女であったりと定まらない。

本作では若い女性の姿をしており、物腰は穏やかで奥ゆかしい。

虹の降る山で【覚醒の儀】を行う者の前に現れると資格を試し、その牙から生まれたファルシオンの真の力を引き出す者とされている。ただ一方でナーガとは特定の誰かの名ではなく、受け継がれていくものと思わせる描写も存在する。

対になるものとしてギムレーがいる。


こちらにも「聖書ナーガ」として魔道書が存在しており、闇魔法(ダークマージ系専用)を除けば最強の魔道書として存在。また、説明では古の聖女の魔法と表記されており、上記の神聖魔法ほどのぶっ飛んだ補正はないが(守備・魔防+5)、竜特効が付いている。

なお、ロプトウス的ポジションには「魔書ギムレー」が存在するが、ロプトウスと異なりこれといった特殊効果がなく、威力のある闇魔法といったやや物足りない感じを漂わせる。(他の闇魔法が特殊すぎるというのもあるだろうが…)


DLCシナリオ「絶望の未来」では覚醒の儀を防ぐためにギムレーによって消滅させられてしまっており、竜王ナーガの娘であるチキもルキナを庇いギムレーに殺されてしまう。

しかしその遺体がイーリス城に残っていた事によってそこが新たなる聖地(神竜の力が強く宿る地が聖地となる)となり、チキ自身が新たなナーガとなった。


Echoes

直接の登場はないが、ドーマミラの設定の追加に伴い関連性が明言されている。

いにしえの時代において、古き民達が治める王国の長であり長らく繁栄を続けていた。

ナーガが特に信頼をおく者として、強大な武力で王を守護する『王の盾』と称されたドーマ、そして膨大な魔力で大地を満たし王国の繁栄に大きく寄与し『王の杯』と称されたミラ。この二人の神竜は実の兄妹でもあった。

ミラを始めとした竜族は人間に多くの知識や力を与え、その英知を受けた人間は急速に発展を遂げやがてテーベに都を築くに至る。

ドーマは人間が大きすぎる力を持つ事に危惧を抱き、王の諾を得る事なくテーベへ手勢を差し向け、遂には滅ぼしてしまった。

ナーガはこの所業に激怒し、ドーマに王の軍勢を差し向け、同調したミラ共々9日間の激闘の後に打ち破った。かつてない激しい戦いだったとされている。

この戦いの最中に折られたナーガの牙が数本各地に散らばった(メタ的に言えば今後の作品でナーガの牙から産まれた何かが増える余地とも言える)

この罪によりドーマとミラの兄妹はアカネイアを追われる事となるが、慈悲深いナーガは去り行くドーマに自らの牙を与えたと言う。やがて訪れる『退化の現象』に対する備えとして。

ナーガの危惧通り、アカネイアを去りバレンシアに移り住んだ兄妹は、理性を失い狂気に侵され獣と化す定めから逃れる事は出来ず、王の牙によって封印され永い眠りにつく事となった。


ヒーローズ

神竜王 ナーガ(神階英雄)

属性
兵種竜/飛行
武器神竜王のブレス(竜特効)(専用)
奥義月光
A攻撃速さの攻城戦3
B速さの封印3→空からの急襲3
C神竜王の牙(専用)→神竜王の牙・神(専用)

2019年5月から天の神階英雄としてついに参戦。出典は異例の紋章の謎および覚醒の二作品となっており、容姿は覚醒の方を採っている。大原氏の引退に伴い、声優が佐藤氏に変更された。青属性竜では初の飛行となった。


なんと言っても専用Cスキル「神竜王の牙」が目玉。

周囲1マス隣接必須と言う条件こそ少し厳しいが、発動すれば兵種関係なしに誰でも竜特効を状態変化扱いで付与する事が出来る。

純粋に竜特効を付与するも良いが、他の特効武器を装備している場合は二種類の特効を同時に扱う事も可能になり、勇者武器、特にダイムサンダに付与すれば遠隔でありながら二連続特効攻撃を仕掛けられる凄まじいことになる。

ちなみに、既に竜特効武器を持つ場合も付与出来るが特効の倍率が上がると言う事はない。


一方で素の戦闘能力に関しては控えめ。

専用武器のお陰で竜特効や竜が周りに居ればステータスが加算されるが、控えめな総合値にバランス型の配分である関係上他のマムクートのような獅子奮迅の活躍は難しい。


また低いHPや隣接が発動条件に必須である以上インバースにはパーティ全体で弱くなってしまうのも難点。相手に竜が居なければ効果も自己強化以外腐ってしまい、効果こそ強烈だが扱いは非常に難しい仕上がりになっている。それと自分自身も竜特効の弱点を持ち、飛行特効も含まれている。属性が有利だとしても伝承マルスだと何もさせられないまま終わってしまう。ロイやアルムなどの相手を無理矢理倒せる竜特効持ちにも気をつけたい。

以上の件を挙げると全く無敵ではないが、サポーターとしては十分有用なので、神階効果もセットで活路を見出したい。


2022年8月のアップデートで上方修正が実施。

専用Cスキルが「神竜王の牙・神」へ。竜特効付与の条件は変わらないが周囲二マス以内に味方がいると自分と周囲二マス以内の味方に攻撃速さ+6かつ絶対追撃付与。サポート能力はもちろん、問題点の戦闘能力が飛躍的に上昇。

Bスキルが「空からの急襲3」でHP次第で相手の反撃も許さず、戦闘参加も可能になった。


同時に錬成武器対象に。条件が周囲四マス以内に範囲が拡大。もう一つは周囲四マス以内の竜、竜特効の味方は戦闘中、全ステータス+4が追加。

特殊錬成効果は周囲三マス以内に味方がいると戦闘中、全ステータス+4かつ最初に受けるダメージを25%軽減。そして攻撃が敵の魔防より高いと最初に与えるダメージ+(攻撃-敵の魔防)の25%分加算。これで範囲拡大したおかげで自分も味方もステータスが上がりやすくなりつつ、戦闘面が強化される新たな個性を得た。


収穫を讃えし神竜王 ナーガ

属性
兵種竜/飛行
武器幽静のブレス
補助攻撃の大応援+
A攻撃魔防の機先3
C攻撃魔防の牽制3

2022年10月からの超英雄でナーガ初。星4からも排出される。…ナーガ様を低レアで入手できる貴重な機会でもある。しかも神階英雄を経験したキャラを低レアで入手できるのは初。


神階版とステータスを比べると攻撃と魔防はかなり上がるが得意だった速さは落ちてしまった。


幽静のブレスは錬成ブレス効果に加え、敵から攻撃されるか敵のHPが75%以上の時は戦闘中、敵の攻撃魔防-5かつ追撃不可。流石に竜特効付与やサポート能力は神階英雄ではないので消えているが、問題だった戦闘面は上昇して守り型に変わっている。


弱点こそ神階版と同じだが攻撃する側に向いてない。さらには機先の効果と噛み合っていない他にレイヴン効果が加わって無属性対策が増えている。見切り追撃効果で確実に突破されてしまう。


貴重な機先、牽制、大応援を入手できるので素材としても完璧。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー