ピクシブ百科事典

ドーマ(ファイアーエムブレム)

どーま

ゲーム「ファイアーエムブレム外伝」およびそのリメイク「Echoes」に登場する、バレンシア大陸に伝わる邪神。
目次[非表示]

概要

外伝

バレンシア大陸を創造したとされる2柱の神の一人。逞しさと力が全てだという思想を持ち、大地母神ミラに対し、邪神とされている。かつてミラと争い、以後はノーザン地方の祭壇に潜み、自身を崇めるリゲル帝国を支えてきた。ドーマ教団というドーマを信仰する信徒が支えている。

ルドルフ皇帝の時代に飢饉がおこった際、リゲルの民は隣国ソフィアに助けを求めたが、当時のソフィア国王リマ4世はこれを拒否。その態度に耐えかね、ルドルフに命じてミラを封じた。

本人はドーマの塔の祭壇にて最終決戦に登場。クラスは専用職の邪神。単眼のドラゴンゾンビのような姿をしている。毎ターンビグルを召喚し、数ターンおきに全体魔法の「メガクエイク」をしかけてくる。最初のうちは触手や目からのビームで攻撃してくるが、ある程度HPが減ってくると(50を切ってきたあたりから)単眼からアイボールを放つ攻撃に切り替える。ダメージを半減するようなスキルを持っていないこともあってか、HPが182と非常に高い。ただしアルムファルシオンでなければとどめは刺せないことに注意。
と、思いきや実はある魔法で止めを刺すこともできる(この仕様はEchoesでも同じ)。

肩書や扱いこそ邪神であるが、よくよく設定を掘り下げてみると本質的には邪悪な存在というわけでもなく(そもそも事の発端は国家間の盟約を反故にしたソフィア側の問題)、主人公勢に破れた際の言葉は“彼らに未来を託したい”というような割と穏やかのものであった。

Echoes

CV:銀河万丈
ちなみに銀河氏は本作のナレーターやFE外伝のCMナレーションも担当している。

「外伝」同様神として崇められているが、その正体はアカネイア大陸から妹ミラと共に新天地を求めてやってきた神竜族という設定になっている。あまり原型がなかった外伝と違い、はっきり竜とわかる姿になっている。人は試練を与えてこそ成長するものだと思っているが、妹のミラは人の世には沢山の試練があるとそのやり方に反発し、仲違いしている。

バレンシア大陸のファルシオンは元々ドーマの持ち物で、長命の竜族が長く生きたために理性を失い獣化・暴走してしまう事を見越したナーガによって、万が一の時に人が竜を殺せるようにと自らの牙で生成し、新天地へと旅立つドーマに託した物であった。案の定、ドーマは徐々に狂い始めてしまい、いつしか邪神と呼ばれるようになった。そしてドーマとミラの二人がバレンジア大陸の人の世に深く干渉し過ぎた事で、邪神と化したドーマの影響はバレンジア大陸を滅ぼし兼ねないものとなってしまった。

攻撃・行動パターンは変更ないが、武器がアイボールに変わると特定の武器(上述)しか受け付けなくなる。

関連項目

ファイアーエムブレム FE ファイアーエムブレム外伝 ファイアーエムブレムEchoes ミラ ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーマ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28319

コメント