ピクシブ百科事典

ユグドラル大陸

ゆぐどらるたいりく

ゲーム『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』および『トラキア776』の舞台である架空の大陸。
目次[非表示]

概要

ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』および『トラキア776』の舞台である架空大陸。名前の元ネタは恐らく北欧神話に登場する世界樹ユグドラシル
グランベルヴェルダンアグストリアシレジアイザークイード北トラキア南トラキアミレトスという9つの地域に分かれている。
設定資料集によると、数千年前には既にのちのエッダ教の原型となる、多神教の土着宗教が興っていた。

大陸にまつわる伝説

大陸全土に圧政を布いた「ロプト帝国」。その皇帝は代々「暗黒神ロプトウスの化身」を名乗り、強力な暗黒魔法の使い手として恐れられていた。
しかし帝国中期頃(グラン暦535年)に、時の皇帝の弟・マイラ皇子がロプト帝国の体制に異を唱え、反旗を翻した。マイラ皇子の反乱は間もなく鎮圧されたが、これをきっかけとして大陸各地に自由解放軍が興った。

反乱は長く続くも解放軍は次第に追い詰められ、最後にイード砂漠にあるダーナという砦に立て籠もった。
解放軍が反乱の失敗を覚悟したとき、空から光が射し、十二柱の神々が現れた。神々は、解放軍の中から一人ずつ人間を選ぶと血の盟約を結び、それぞれに武器魔導書を与えた。
神と血の盟約を結んだ十二人は、常人とはかけ離れた力や魔力を発揮し、与えられた神の武器は絶大な威力で戦況を打開した。人々はこの出来事をダーナ砦の奇跡と呼んだ。また、神々と盟約を結び神器を与えられた十二人は後に、十二聖戦士と呼ばれるようになった。

力を得た解放軍は、ダーナ砦の奇跡から15年後のグラン暦648年、ようやくロプト帝国を打倒した。
その後、十二聖戦士は大陸各地に散り、七つの公国から成るグランベル王国と、その周辺に五つの王国(シレジア王国、イザーク王国、レンスター王国、トラキア王国、アグストリア諸公連合)を建国した。

国家





歴史年表

グラン暦出来事
001年ユン河の西にグラン王国成立
230年グラン王国、共和制へ移行
310年グラン共和国、領土を拡大
  繁栄の時代
440年大司教ガレ暗黒神が降臨。「ロプト教団」の胎動
447年十二魔将の乱。共和国グランの滅亡
448年ガレ大司教、ロプト帝国を建国。ガレ大司教が自ら帝位に就く
449年大粛清。犠牲者十万人以上
452年ミレトスの嘆き
453年エッダの虐殺。犠牲者は数万人
535年皇族マイラの反乱
611年各地に反帝国の解放軍が興る
632年ダーナ砦の奇跡
633年「聖戦」の始まり
648年ロプト帝国滅亡。十二聖戦士、グランベル七王国と周辺五王国を建国
649年グランベル王国の成立

(ゲームオープニングより引用)

表記揺れ

ユグドラル

関連タグ

ゲーム SRPG 任天堂
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 トラキア776

アカネイア大陸 バレンシア大陸 エレブ大陸 マギ・ヴァル大陸
テリウス大陸 イーリス大陸 ヴァルム大陸

pixivに投稿された作品 pixivで「ユグドラル大陸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230

コメント