ピクシブ百科事典

マイラ

まいら

マイラとは、主にキャラクターの名前である。
目次[非表示]

マイラとは


「聖戦の系譜」のマイラ

ロプト帝国中期に存在した当時のロプト皇帝の弟。
暗黒神ロプトウスの血を継ぎながら、ロプト帝国の体制に異を唱え、反旗を翻した。マイラの反乱は間もなく鎮圧されたが、これをきっかけとして大陸各地に自由解放軍が興った。
帝国の圧政に苦しむ民衆から「聖戦士マイラ」と称えられた。

設定資料集ではより詳しく載っており、マイラはロプト神を崇めつつも他の神の存在を許容しており、ロプト教団ではない庶民たちが奴隷として扱われている事に憤りを抱いていた。マイラはロプト神を含めた全ての神々の下、全てのものが等しく扱われるべきだと唱えた為、帝国では異端とされ追放されてしまい、マイラは人々のため反旗を翻す事を決断する。
マイラの教えは「ロプト教マイラ派」と呼ばれ隠れ宗派として扱われており、帝国内でもマイラの教えを信じて子ども狩りで集められた子どもたちを助け、隠れ里に保護していた者たちもいた。後に十二聖戦士のひとりとなるブラギも、マイラ派に命を救われた子どものひとりである。

十二聖戦士によってロプト帝国が崩壊した後に皇族は全員処刑された為、ロプトの血を継ぐのは傍系の血を継ぐマイラの子孫のみになった。マイラの子孫たちは傍系同士が交われば血は直系になり暗黒神が復活してしまうとして、精霊の森に村を作り外界との交わりを禁じて暮らしていた。
そしてロプトの血を継ぐのがシギュンのみになった時代、彼女はマイラの掟を破り外界へと出てしまい、後にロプトウスの器を生む事になる息子を世に放ってしまった。

「エナジーブレイカー」のマイラ

マイラ


主人公。夢のなかの記憶のない自分を知るため旅立つ。
活動的で前向きな性格。紐鞭を武器としている。

「ポポロクロイス物語II」のマイラ

今年は蛇、蛇と言えばマイラ様
ポポロクロイス


CV:横尾まり

かつては神々の国に住んでいた美の女神で、大神ユリウスの娘である。

その名に恥じない美しい姿だったが、自分の美に執着して他者を迫害したため、母ユリウスによって神としての立場を追われ、下半身が蛇になり蝙蝠の羽が生えた醜い姿に変えられてしまった。
その後、レムリア大陸に神殿を移動させ、部下を利用して四つの種族の石版を奪い、闇の意志バルバランの力を解き放ち、その力によって自分の美貌を取り戻そうとするが、力が暴走し巨大化してしまう。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「マイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4706

コメント