ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ゲルドの魔盗賊ガノンドロフが変貌した邪悪な魔獣。

シリーズによって二足歩行の巨大なか四足歩行の黒いイノシシのような姿をしており、獣の強靭な肉体を持ちながら人間の優れた知能を持つ闇の魔王


作品によっては力のトライフォースを継承していたり、暗黒の武器トライデント、巨大な剣など、異なる武器を所有しており、多くのゼルダシリーズの作品でラスボスとして登場する。


時のオカリナ』には人だった頃のガノンドロフが登場しており、以後の作品でも彼が変身した姿という形でガノンも登場する。


リンクとゼルダはシリーズ毎に異なる人物だが、ガノン(ガノンドロフ)だけは『4つの剣+』を除いて基本的に同一人物である。


設定が固まっていなかった時期に発売されたメディアミックス作品では「魔界の支配者」「魔族たちの王」と語られているものもあり、後に発売された『リンクの冒険』では魔界の出身を匂わせている他、『神々のトライフォース』においては魔族を自称している。


各作品ごとの登場

シリーズ内の時系列順に掲載。シリーズの発売順ではない。

ネタバレも含まれているので閲覧注意


時のオカリナ

Ocarina of time Final Battle

時系列的には最初の登場。

ゲルド族の王ガノンドロフが力のトライフォースを暴走させて変貌した姿で、本作のラスボス。ツノが頭から生えており、豚やイノシシというよりはどちらかというと牛に近い。

2足歩行で、2本の大剣による格闘戦で戦う。

弱点は尻尾だが、マスターソードでしかトドメを刺せない。

しかしマスターソードはガノンの攻撃で場外に弾かれてしまうので、最初はメガトンハンマーやダイゴロン刀など、代わりの武器で攻撃する必要がある。


ガノンドロフが時の勇者リンクに敗れた後、崩壊したガノン城を舞台に最後の一線を繰り広げる。

リンクからマスターソードを弾き飛ばして一時優位に立つが、ゼルダ姫の力で動きを封じられ、最後はマスターソードによって額を貫かれ敗北。

それでも藻掻き苦しむだけで倒れなかったが、ゼルダの呼び掛けに応えた六賢者たちによって封印され、この世界から消え去った。


…………と、これがゲームでのエンディングである。

だがハイラルヒストリアによればここから3つの結末に分岐するとのこと。

即ち――


①時の勇者が帰還した歴史(勇気のトライフォースを持つこどもリンクがガノンドロフのクーデターを防いだ時代)


②時の勇者の伝説が語り継がれた歴史(知恵のトライフォースを持つゼルダ姫が地上に残された時代)


③時の勇者が敗北した歴史(力のトライフォースを持つガノンが時の勇者に勝利した時代)


①時の勇者が帰還した歴史

トワイライトプリンセス

Dark Beast Ganon

ゼルダ姫憑依していたガノンドロフの思念が集まり、魔獣となったもの。本作のラスボス二戦目の相手。

ライオンとイノシシを組み合わせたような四足歩行の猛獣のごとき姿が特徴で、異空間を出入りしながら突進攻撃を繰り出してくる。弱点は腹。

シリーズとしては異色で、魔獣形態がラストバトルの最終局面に位置せず、この後に人間形態に戻っており、ゼルダと共闘しての騎馬戦、最後の一騎討ちと続く。


4つの剣+

ガノンドロフ

魔の邪器トライデントを手にするために風の魔神グフーを復活させた黒幕として登場。

元々はガノンドロフという人間であったが、このガノンドロフは『トワイライトプリンセス』で死んだガノンドロフが生まれ変わったものである。


一人称は「俺」で気性が激しく、哄笑を上げたりリンクやゼルダを下に見た言動を取る。


怪物のガノンとしての姿は、後述の『神々のトライフォース』や『ふしぎの木の実』、『初代』などとほぼ同じデザイン。

攻撃はトライデントからの雷攻撃や魔法弾。神トラで見せた無敵移動も行う。


グフーが倒れ風の塔の崩壊が始まり、リンクとゼルダは階下へと落下。そこで邪気の集合体を見つけたゼルダが封印を試みるが、これこそが真の黒幕であるガノンであった。

ガノンは「つまらん……!」と一蹴し、逆にゼルダを捕らえてしまう。そして巨大な豚の怪物として実体化し、リンクたちにトライデントの猛威を振るう。


しかしダメージを受けたことで力が弱まりゼルダに脱出される。激怒したガノンは、リンクたち諸共ゼルダも始末するべく再び襲い掛かる。

死闘の末、ゼルダが放った光の玉とそれを貫いたリンクの光の弓矢の直撃を受け敗北。動けなくなったところをフォーソードに封印されたのだった。


②時の勇者の伝説が語り継がれた歴史

風のタクト

Ganondorf

上記イラスト上段の魔物

ガノン自体は登場しないが、ガノンの姿を模した傀儡人形の魔物クグツガノンが登場。

ちなみにハイラル城地下のステンドグラスには、『時のオカリナ』の六賢者と共にガノンの姿が描かれている。


③時の勇者が敗北した歴史

神々のトライフォース

ゼルダの伝説

2足歩行でトライデントを持った青い豚のような姿で登場。アートワークでは『ふしぎの木の実』や『神々のトライフォース2』のものとは異なり瞳がある。


神の声を聞くことが出来た民族ハイリア人の遺跡が点在する時代。人々は聖地に眠る黄金の力トライフォースを求め、その入り口を探していた。

そんな中、まったくの偶然からある盗賊団が聖地の入り口を見つけてしまう。聖地とはハイラルとは異なる別の世界だった。

黄金色に輝くトライフォースを見た盗賊団は仲間を押し分け、眼の色を変えて駆け寄り、血みどろの殺し合いを展開。勝ち残ったのは盗賊団の首領であった。


首領の名はガノンドロフ――またの名を魔盗賊ガノン

これがハイラルを脅かした邪悪な王ガノンの誕生である。

ガノンは「世界を我が手に」という願いによって聖地を闇の世界に創り替えてしまった。


やがて力を蓄えたガノンは、ハイラルがある光の世界への侵攻を目論む。

ガノンの邪気はハイラルへと押し寄せ、欲深い者たちを闇の世界へと引き寄せる。更にハイラルの空を暗雲が覆うなど各地で異変が起き始め、事態を重く見た王は7人の賢者と騎士団(ナイトの一族)に悪の原因を封じるように命令する。


そこで賢者たちは、伝説の剣マスターソードとその使い手を探すことを考えた。

トライフォースは善悪を判断せず願いを叶えるという性質を持つ。つまり邪悪な存在がトライフォースを手にする可能性もあった。

それを危惧したかつてのハイラル人たちは、神のお告げに従ってマスターソードを鍛えた。その剣はトライフォースをかどわかす魔を撃退でき、真の勇者にしか扱えないとされていた。


しかしマスターソードも使い手も見つけ出せず、やがてガノンの邪気は王宮まで迫り、騎士団と悪しき者たちとの壮絶な戦いが引き起こされた。

だが七賢者の盾となったナイトの一族の犠牲によって闇の世界の出入り口は封印され、魔盗賊ガノンの陰謀は阻止されたのだった。


これが後世に語り継がれる「封印戦争」の結末である。

ちなみにこの時の戦いで、ナイトの一族は賢者たちを守るべく殆どが命を落とし、現代においてはリンクしか生き残りがいない。


諦めの悪いガノンだが元の世界に戻る方法がわからず、また自身の力では封印を破れずにいた。

そこで一計を案じたガノンは、光の世界にいる司祭アグニムに憑依し分身として暗躍させ始めたのだ。


ハイラル各地の災いを鎮めさせ、救世主として王の信用を得て接近。城に入ったところで本性を現し、ハイラル王を殺害し、兵士たちを操り、ゼルダ姫を始めとする七賢者の末裔たちを拉致させた。

目的は、七賢者の血を引く娘たちを生贄に捧げることで鍵として利用し、賢者の封印を解くこと。これによってハイラル城に闇の世界への道を築くことに成功する(用済みとなった娘たちはクリスタルに閉じ込められ、配下の魔物たちに与えられた=闇の世界のダンジョンに幽閉されている)。


だが通路としてはまだ狭いためガノンが通り抜けることはできなかった。そこで司祭アグニム(に憑依したガノン)は根城である「ガノンの塔」に結界を張り、道が開くのを待つことにした。

しかしリンクによって娘たちは救出され、塔の結界を破られたことで乗り込まれてしまう。アグニムが倒されると抜け出し、コウモリに変身して逃走。しかし閉ざされた世界では逃げ場などなくピラミッド内部へと着地。リンクとの死闘の末に敗北し、今度こそ彼の野望は阻止されたのだった。


なお、闇の世界にいるはずのガノンがどうやって光の世界にいるアグニムに憑依したのかは不明である(神父が序盤に「司祭は魔物に憑依されている」と口にしている)。

この矛盾を考慮してかメディアミックス版では設定が変わっている。


闇の世界に足を踏み入れた者はガノンによるトライフォースの呪いを受け姿形が変わってしまうが、ムーンパールと呼ばれる宝玉で聖三角の呪縛を防ぐことができる。

最終決戦ではトライデントをブーメランのように投げたり、火の鳥を飛ばすといった攻撃を仕掛ける。銀の矢がなければ攻略は不可能のように思えるが、別になくても倒せる


封印やら結界やらそれっぽい単語が出るので誤解されがちだが、ガノンは闇の世界から出られなくなっただけで封印(身動きが取れなく)されたわけではない。

後述の漫画版では設定が変わっているため混同に注意。


まとめると封印戦争=時のオカリナでの戦いということなのだが、何分にも神トラの方が先に発売された関係で設定が変更されている。


夢をみる島

シャドー

上記絵の中央のモヤの魔物

ガノンそのものは登場しないが、ラスボスの変身形態に『神々のトライフォース』のガノンを模した形態がある。これ以外にもアグニムやデグテールなどにも姿を変える。


ふしぎの木の実

VS GANON

双子の魔女ツインローバが復活をもくろんでいたもので、滅び・嘆き・絶望の炎がともることによって復活するとされていた。

ツインローバは闇の世界から闇の将軍ゴルゴンと闇の司祭ベランをそれぞれホロドラムとラブレンヌに送り込んでディンを幽閉およびネールを操って滅びと嘆きを集め、その後絶望の炎をともそうとゼルダを生贄に捧げるべく誘拐したものの、最後の儀式の寸前にリンクが駆けつけてツインローバが撃破されたため、やむをえず自らを生贄にすることでガノンが召喚された。

しかし不完全な状態で召喚されたため、理性をもたない単なる魔物としての登場であった。

『神々のトライフォース』と似て非なる見た目で、トライデントや魔法弾での攻撃がメインとなっているほか、空間を捻じ曲げてコントロールを逆にすることもある。


神々のトライフォース2

2014 寒中お見舞い申し上げます

※上記絵の上段に居る魔物

『神々のトライフォース』から遠い未来を描いた続編であり、リンクに倒されたという設定はなくなり封印されたということになっている。

ガノン自体は『ふしぎの木の実』とほぼ同じ見た目であるが、今作では単に力のトライフォースを持つ者として登場。

ロウラルの司祭ユガがトライフォースに触れようとして3つに分裂した際、「力」が封印されていたこいつに宿ったため、ユガによって召喚されユガに取り憑いた(飽くまで人格はユガ)。

合体後の「ユガガノン」の行動はトライデントや魔法弾など元のガノンと共通するものが多い。これが本作のラスボスとなる。


ゼルダの伝説(初代)

The Legend of Zelda 1

CV:不明(BSゼルダの伝説加藤精三が有力視されているが、声が加工されているため特定不可能)

シリーズ発売順的には初登場。復活してゼルダをさらい、力のトライフォースを強奪した。本人はデスマウンテンの地下迷宮に隠れている。

トライデントは持っておらず、姿を消した状態で部屋を動き回って魔法弾を放つという行動パターンとなっている。迷宮内の雑魚戦は複数同時に相手をする分、攻撃が苛烈を極める為、単体で戦うガノンの方が攻撃の手数が少なく、アッサリ倒せるため拍子抜けする。ガノンを倒してトライフォースを取り戻した後は、ゼルダを救わずに迷宮から出る事も可能。


なお、後日談を描いたファミコン冒険ゲームブック『蜃気楼城の戦い』では、弟である魔将軍(ゼネラル)ガイアが登場している(後述)。


リンクの冒険

ゼルダの伝説36周年おめでとうございます!

『初代』において死亡し灰と化したため、直接の登場はない。

ただし「ガノンを倒した者の血」を捧げることで復活するため、各地の魔物はリンクを葬りその血を入手するべく躍起になっている。ゲームオーバーになるとガノンが復活してしまった旨のメッセージが表示され、ファミコン版では彼のものと思われる笑い声が響く。

海外版のみ、ゲームオーバー画面にシルエットが登場する。


時系列不明

ゼルダ無双

Hyrule Warriors Beast Ganon

メインストーリー及びアドベンチャーモードのラストボスとして登場。

すべてのトライフォースを手にしたガノンドロフがその力で魔獣となったもの。ガノンドロフはリンクに一度倒されるも哄笑を上げながらこの形態へと変貌し、最後の一戦を繰り広げる。外見は『トワイライトプリンセス』に登場したものをベースに手甲や両肩の角などを加えたような姿になっている。また『時のオカリナ』とは異なり理性を保っており普通にしゃべる。

他ボスの特徴を併せ持ち、マシンガンや魔法弾、突進、大ジャンプ踏みつぶしと多彩な行動パターンを持つ。倒し方は少々面倒臭く、再現したボスの攻撃中に、そのボス弱点となるアイテムで攻撃する必要がある。すべての部位を破壊すると攻撃方法が変化し、突進や雷など苛烈な攻撃を繰り出すようになる。突進や一部の攻撃の後に額が光るので、そこに弓矢で攻撃することでウィークポイントが出現するので全力で攻撃するべし。

移動の際は四足歩行だが体型は他作品同様に上半身が大きいため、前脚は腕としても使用する。

そしてなんとDLCとしてこのガノンを操作するモードも存在する。

ご愛用のトライデントも巨大魔獣へのとどめに限ってのみ、ちょっとだけ登場。


メインストーリーでは絶対的な力を持つ自分がリンクたちの「諦めない心」の前に追い詰められ、動揺を露わにする。


「我はガノン…かかって来い…ハイラルの者ども!」

「なぜだ…なぜ我が追い詰められている…? なぜヤツらは、あきらめようとせぬ…!」


光の矢で勝機を掴んだリンクに敗れ、それでも立ち上がろうとする。直後、リンク、ゼルダ、ラナの手にトライフォースが戻り、聖三角形の力によって裁かれ再び魂の欠片へと戻された。その後、リンクとゼルダがマスターソードを台座に戻したことでガノンドロフもまた完全に封印された。


ブレスオブザワイルド

災厄

厄災ガノンという名称で登場。詳細はこちらを。


厄災の黙示録

信奉者

ブレスオブザワイルドの100年前を描いた無双コラボ作品。

同じく厄災ガノンの名称で登場する。詳細はこちらを。


ケイデンス・オブ・ハイラル

The Legend Of Zelda - Ganon

オクターヴォがハイラルを乗っ取ってまで対抗手段を探していた真のラスボス。

未来のハイラルを支配しており、完全に理性を保っている。

音楽の際に優れ、リンクたちの攻撃が届かない上層でオルガンを演奏し数多の魔物を召喚する。時々、リンクたちを踏みつけに下層に降りるが破壊すると麻痺するバリアで身を守っている。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

大乱闘スマッシュブラザーズX』以降の作品でガノンドロフ最後の切りふだ「魔獣ガノン」(『X』・『for』)「魔王ガノン」(『SP』)として登場。

『トワイライトプリンセス』のものと同じ姿の魔獣に変身し、巨体で突進することで他のファイターを吹き飛ばす。まともに喰らえば一撃必殺の威力。


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では『時のオカリナ』のガノンに変身し、二刀の刃で斬り付けてから突進攻撃を見舞う。

また、「魔王ガノン」はボスキャラクターとしても出演しており、「勝ちあがり乱闘」のリンクゼルダルートや「灯火の星」などでもボスの1体として登場する。

ゼルダのルートの場合、原作再現なのかガノンドロフ戦→魔獣ガノン戦というパターンになる。


戦闘ではまさかの勇者のお株を奪った二刀流回転斬りを披露(風のタクト版のファントムガノンを意識したと思われる)。この他、終焉の者を連想させる稲妻をともなう剣技など存分に暴れ回る。

ちなみに原作再現なのか尻尾にしかダメージを与えられないので注意。尻尾を攻撃してダウンした場合はどこを攻撃してもダメージが通るようになる。


余談だが「灯火の星」ではクッパ(ギガクッパ)とは違い、一度ガノンドロフを解放してからでないとガノンと戦えない。

つまりガノンドロフvsガノンなんてややこしいシチュエーションにもなる。冷静に考えると元々はギガクッパの方がクッパとは別の存在という設定であるため、本来は逆なのであるが。


また、「勝ち上がり乱闘」でガノンが担当するルートは、DLC追加でボスラッシュがコンセプトのセフィロスを除けば、せっかくの様々な世界的キャラクターとの共演にもかかわらず全てゼルダシリーズのファイターであるあたり、リンクやゼルダに対する執着が窺える。

剣士を相手取るロイルートや黒騎士をテーマにしたアイクルートには出てきてもよかったんじゃなかろうか……。


スピリットとしても登場しており、名称は「魔獣ガノン」。『トワイライトプリンセス』のガノンドロフのスピリットを成長させることで入手できる。ランクはLEGENDと最高峰。ガノンドロフはショップに陳列される時があるので、初心者なら買っておいて損はない。

『時のオカリナ』の「ガノン」もスピリッツになっているが、こちらはランクがACEであり性能も劣る。



とびだせどうぶつの森amiibo+


暴走気味の大魔王が どうぶつの森にやってきました。

トライフォースの力を悪用したりしないで 森のみんなと仲良くできると いいんですけど…


基本データ

名前ガノン
英名Ganon
誕生日、星座2月21日(うお座)
登場機種とびだせ
種族ブタ
性別
性格コワイ(オレ) タイプ
初期口癖フォース
好きな言葉(座右の銘)封豕長蛇

「とびだせ」での設定

好みの物好まない物部屋BGM
トラディショナルファンシーこわいうた
好きなコーヒーミルクの量砂糖の量
キリマンジャロたっぷり3個

家族構成特技将来の夢
一人っ子やり投げ世界を統べる者

なんと、ガノンドロフもしくはドットリンクのamiiboを使うとガノンが「どうぶつ」としてオートキャンプ場に訪れる。種族は勿論ブタ。あちらの世界観に則り、通常の住民と同様の扱いとなる。

珍しく敵扱いではない部類にあたるが、『将来の夢』の項にあるとおり、他の作品と変わらぬ野望を抱いている様子。


コミックス版

ガノン(コミックス版ゼルダの伝説)を参照。


もしかして……

YAT安心悪役祭

NHKの本気こと『YAT安心!宇宙旅行』の第二期で登場する魔王。

ゼルダの伝説のガノンと違い、こちらはナマズの化け物である。

マロンのテレポーテーション能力を宇宙征服のために必要としており、手下三人(ドツークサグールバラス)を使いマロンとYAT一行を執拗に追い回す。

声優は強力わかもとこと若本規夫。ぶるぁぁぁぁぁぁぁ!!!

YAT一行の前に直接現れた時はふざけたような態度、かつ弱そうな印象を与えたがそれは油断を誘うための作戦で、本来の彼は非常に狡猾な性格で実力も確か。

赤い宝珠のようなものが生命力の源となっており、星渡ゴローの手によって引導を渡された。


関連タグ

ゼルダ関係

ゼルダの伝説 魔獣 魔王 ラスボス

ガノンドロフ 厄災ガノン

ガノン(コミックス版ゼルダの伝説)


YAT安心!宇宙旅行

YAT安心!宇宙旅行 若本規夫

関連記事

親記事

ガノンドロフ がのんどろふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1497823

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました