ピクシブ百科事典

厄災ガノン

やくさいがのん

ゲーム「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に登場するガノン。
目次[非表示]

概要

ゲーム「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のラスボス。

これまで幾度となくハイラルを脅かしてきた魔王ガノンドロフと同一の存在だが、人間であった頃の面影は全くなく、ただハイラルを滅ぼすためだけに暴れまわる憎悪と怨念の権化と化している。過去の作品で姿は変われども意思は多少残っていたことはあったが、この厄災ガノンはガノンドロフとしての人格や自我はなく、台詞やキャラクターボイスもない。

本編の約1万年前のハイラルにも現れたが、この時代ではシーカー族が対ガノン用に開発した神獣ガーディアンによって追い詰められ、退魔の剣をもつ勇者と女神の血を引く姫によって封印された。
それから数千年の間ハイラルは平和な時代が続いていたが、100年前に再び復活。かつて自分を苦しめたガーディアンを支配下に置き、神獣には自らの化身「カースガノン」を差し向け手駒にし、瞬く間にハイラル城を陥落させた。しかし女神としての力に目覚めたゼルダによってハイラル城に押さえ込まれた。

本作は決められた進行ルートがないため、ほぼ初期装備のままでも挑むことができる。厄災ガノンがいるのはハイラル城の本丸で、正門から進むと無数のガーディアンの砲火を掻い潜っていくことになるが、うまく外壁から回り込むとほぼ戦闘なしで厄災ガノンまでたどり着ける。

第一形態

ハイラル城に乗り込んできたリンクに反応し、不完全な状態で復活した姿。ムービーシーンでは龍のような姿だったが、巨大なクモのような異形な姿をしている。

腕にはカースガノンが装備していた長槍、炎の剣、銃器などを装備しており、氷ブロックを飛ばしてきたり剣を地面に刺し雷を落としてきたりしてくる。壁に張り付きながら移動する。体力が減るとダルケルの護りのような赤いオーラを纏う。この状態では弓などの遠距離攻撃が通じないため、ビームを反射するかジャスト回避時のラッシュなどで攻撃していく。

神獣を解放していると戦闘開始前にイベントムービーが発生し、四体すべてを解放していると英傑たちが体力を半分まで削ってくれる。神獣を解放していない場合、第一形態の前にそれぞれのカースガノンと戦うことになる。

第二形態

姿はトワイライトプリンセスなどで見せた四足の獣姿だが、サイズは過去最大クラスとなっている。この戦闘はハイラル平原に場所を移し馬に乗っての戦いとなる。

体中に怨念を纏っており、一切の攻撃を受け付けないが、ゼルダが発生させる光の的を打ち抜くとダメージを与えられる。戦闘開始前にゼルダから光の弓矢を授かるが、マスターソードの剣ビームや古代兵装・矢でも代用できる。光の的は一定時間で消えてしまうが、幸い的はかなり大きいため、流鏑馬に慣れていれば当てることはそれほど難しくない。
最後の一撃は頭部に出る目玉を狙う。地上から撃っても瞼を閉じて防がれてしまうため、上昇気流で飛び上がりスロー状態で狙う必要がある。

関連タグ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド ガノンドロフ ガノン カースガノン

コメント