2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

シーカー族

しーかーぞく

シーカー族とは、任天堂のゲームシリーズ『ゼルダの伝説』に登場する種族の一つ。闇の民。メイン画像は『ブレスオブザワイルド』のもの。
目次[非表示]

概要

女神のしもべ


時のオカリナにて、ゼルダ姫の乳母であるインパの種族として初めて登場した。
代々ハイラル王家に側近の従者として仕え、王家を影から支えてきた謎の多い種族。
瞳に涙の紋様が一族のシンボルマークであり、刺青もしくはウォーペイントのように顔や体にも施されていたりする。

ハイラル統一戦争時代にはカカリコ村を拠点に活動をしていたらしく、ゼルダの化けた姿であるシークを見た感じでは、特徴として赤い瞳でやや褐色の肌をしており、髪の色は銀髪だったりやや金髪がかっていたりする。一部の者は結構な長生きをしており、100歳を超えている者もいる。

ちなみにハイラルヒストリアによれば、カカリコ村とはシーカー族が隠れ里として利用していたもの。トワイライトプリンセスに登場する「忘れられた里」もその一つ。

姫川版『時のオカリナ』では、インパがシークゼルダ姫)に対して「シーカー族はハイラル王家に影として仕えて来た一族だが、遠い昔に王家から裏切りを受けたことでシンボルマークの瞳に涙が書き加えられた」という偽りの記憶を書き込んでいる(しかし真偽のほどは定かではない)。なお、この設定はやや内容を変えてブレスオブザワイルドにて逆輸入されている(後述)。
更に「ハイラル王国から追放されたシーカー族の末裔が王家の崩壊を知って戻って来た」という偽りの素性も付け加え、これはガノンドロフに近づくための口実として使われた。

武器や衣装

ゼルダ無双では太刀薙刀忍術を使う描写がある。またブレスオブザワイルドでは和服に近い意匠の服装をしており、主に日本ベースモデルにしながら、東南南アジアもしくはインディアン部族などのアジア系民族の要素を混ぜたような感じとなっている。
また暗殺術の使い手や、やけにデクの実を愛用しているイメージ(姿を消す際に多用しているため)も強い。

ブレスオブザワイルドでは

カカリコ村防衛戦


忍者として活動する者もいるが科学者的なポジションの者も登場している。
技術力に関しては他の種族を遥かに上回っており、ブレスオブザワイルドの時代から1万年前にはガーディアン神獣といった強力な戦闘能力を有する自律機械兵器を無数に生産していたという。
この時代のシーカー族は「古代シーカー族」と呼ばれている。

この時代に限ってはさすがの厄災ガノンも、一方的に蹂躙されるのみだったと言い伝えられている。しかしながらこの卓越した技術力は主であるハイラル王家に恐れられてしまい、結果としてシーカー族は従者としての地位を剥奪され、ハイラルから追放されてしまうという憂き目にあった。これが「遠い昔に王家から受けた裏切り」である。

その後、一族内で内紛が起こり、ハイラル王家に恨みを持った一派がイーガ団となって分裂、ガノンに味方する勢力となってしまう。導師ミィズ・キョシアを始め「ハイラルのために」という志を持つシーカー族もおり、こちらは試練の祠にて即身仏となり、試練を乗り越えた勇者に力を授ける役割を担った。

ハイラル城から少々離れた地で暮らすシーカー族もおり、こちらは後にカカリコ村を築き、王家とは関わりを避けて過ごしてきた。ブレスオブザワイルドにおいては「シーカー族」とはこちらの一派を指す。
なお、本編の100年前には、カカリコ村のシーカー族は厄災ガノンに抗する協力をハイラル王から求められたことで和解している。その証左としてロベリープルアなどは技術者として研究所に迎えられ、武力に優れたインパはゼルダの護衛兼執政補佐官という立場を与えられた。

厄災ガノンの復活が近いため、シーカー族たちは発掘した神獣やガーディアンなどを修理・改修しており、準備はほぼ万全であった。
しかし厄災ガノンによってほぼ全て乗っ取られてしまい、それによりガノン討伐に赴いた主要メンバーが壊滅してしまうという大敗を喫してしまう事となる。リンクもガーディアンの大群を相手に孤軍奮闘するも死亡してしまい、回生の祠で100年を掛けて治癒される運びとなった。

その後、乗っ取られたガーディアンに対抗するため、古代シーカー族の技術を研究し、古代兵装の開発に着手した。

関連アイテム

まことのメガネ

壁じゃない……だと……!?


真実の目とも言われる。古来、物質には「存在するようで存在しないもの」と「存在しないようで存在するもの」があり、そのまやかしを見破るには心の目を鍛える他ないと言われているが、特別な方法でそのまやかしを解き明かす道具であるとされている。
かつてとある者の手にあったとされているが、今はカカリコ村の井戸の底に眠っている。

まことの仮面

フェザーソード


シーカー族に古くから伝わる不思議な仮面。
人や動物の心を読み取るとされ、ゴシップストーンから情報を聞き出すことができる。
シーカー族には物質に言葉を込める技術があり、闇の神殿のしゃべる壁などの情報はシーカーの技術によって記録されている。
ハイラルでは城下町のお面屋が一点のみ所有していることが判明している。

ゴシップストーン

音色にのせて


ハイラルに広がるウワサなどのゴシップが記録された不思議な石。叩くと現在の時間帯を確認することができる。
そこそこの耐久力を持つが、込められた情報を守るためか爆発に巻き込まれると上空に向かって飛んでいく。
やたら新しい情報も込められているが、それは影でシーカーの暗躍が未だに続いている証拠であるのかどうか、その真実は明らかではない。
ちなみに『嵐の歌』を目の前で吹くと、何故か妖精が出てくる。

デクの実

投げつけると爆発と閃光が発生して敵の動きを止める。
スマブラでも相手を行動不能にさせるアイテムとして使われる。
シークが瞬間移動する時に使うらしい。

シーカーストーン

謎多き多機能オーパーツ


詳細はリンク先を参照。

余談

未将崎雄著「リンクの冒険」には、王家に仕える忍者集団「ハイラル忍軍」が登場する。 王家に仕える凄腕の忍者たちであり、名前の通り手裏剣を武器とする。ちなみにインパは彼らを動かせる立場にあり「インパ様」と呼ばれている。
またこの作品に登場するインパは原作とは異なり、若い女性の姿である。
言うまでもなくこれらの設定はシーカー族やイーガ団、時オカインパ/若インパとして逆輸入された。

関連イラスト

ゼルダ姫を守るために
詩人


パーヤ
チェキチェキ♪



関連タグ

ゼルダの伝説 闇の神殿
インパ シーク デクの実
パーヤ プルア ロベリー イーガ団 導師ミィズ・キョシア ガーディアン 神獣(ブレスオブザワイルド) 試練の祠 厄災リンク

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シーカー族」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シーカー族」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308960

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました