ピクシブ百科事典

シーカーストーン

しーかーすとーん

シーカーストーンとはゼルダの伝説シリーズに登場する石像またはアイテムである。
目次[非表示]

シリーズ内では現在2種類ほど存在している。

スカイウォードソード時のオカリナ3D

過去作におけるゴシップストーンによく似た石像で、調べるとダンジョンおよびイベント攻略のヒント映像を見ることができる。

ブレスオブザワイルド

物語の最初に手に入る重要なアイテムで、一万年前に生み出された旧シーカー族の遺産の一つ。
ハイラルのあちらこちらにある試練の祠神獣内部のIC端末のような台座にシーカーストーンをかざしたりはめ込む事で起動させる機能があり、本体にも多数の機能をインストールすることが出来る超高性能端末。

見た目はスイッチ本体に似ているが、地図機能や写真撮影など、機能はスマホに近い。
ぶっちゃけると、スマホ風機能付きタブレット

防水・防塵・耐寒・耐熱・耐暑・耐電機能付きで、どんな環境でも決して壊れることはない。
ただしオルディン地方の火山地帯では、さすがに温度計測機能が赤文字の「ERROR」と表記されて正しい気温が測れず、ゲルド砂漠地帯の強烈な砂嵐の中では画面も砂嵐となり、地図がマトモに表示されない。

機能

写真撮影。
図鑑登録のほか、ポーズをつけながらスマホじみた自撮りも出来る(どうやって自撮り出来るのかは謎である)。

撮影した物体や試練の祠などを探知する機能。

反応が大きい方に進めば見つかるが、対象物がプレイヤーの位置より上下にある場合は、歩きながらジャンプした直後か降下した時に反応が大きい角度で大まかに判別可能。

エネルギーを塊として取り出し、遠隔操作で起爆させるバクダン。
従来のバクダンよりも軽く、容易に風に飛ばされ、水にも浮く。

無限に使えるため威力は控え目だが、強化すれば赤ボコブリンくらいなら一撃で爆殺出来るほか、キースチュチュやスタル系の処理、動物狩りにも用いられる。

風に飛ばされる点を考慮し、転がりやすい丸形とそうでない四角形の二種類が用意されている。
ビタロックで飛ばす角度の調整にも使われる。

ストーンを磁石代わりにし、金属を操る機能。
宝箱を海中から引き上げたり地面から引っこ抜いたりするほか、鉄の塊を振り回して他の物体を押したり質量兵器に転用することが出来る。
最近では飛行するための手段として用いられる事がある。

水がある場所ほぼ全てに氷柱を出現させ、足場や壁として扱える機能。
水面に浮かんでいるモノを持ち上げることも出来る。
滝に対しては真横から氷を出現させるため、時間は掛かるが滝を登ることも可能で、ボタン下操作で自分の足元に照準を合わせて乗り上げたり、海上を移動することも出来る。
氷柱は破壊する事も出来、特定の敵が放つ氷塊も砕く事も可能。

物体の時間の動きを止め、その間に殴った物理エネルギー(ダメージ)を蓄積させ、解放時に吹き飛ばす公式チート機能。

魔物に対しては殴った分のダメージが釘パンチの要領で連続で叩き込まれる。

止められるものは黄色に光って視覚的に表示されるうえに有効範囲が広めであり、木の根元や地面に生えている素材や宝箱、強化すれば魔物でさえ感知する。

その仕様を生かし、視界が悪い地域などでも位置と数を把握するレーダーとして使うことも出来る。

基本的に魔物は全て止められるが、対象の個体が強力な魔物であるほど止められる時間が短くなる。
例として赤ボコブリンが10秒以上止まるのに対し、白銀ライネルは3秒程度で解除される

桃白白よろしく倒した木を殴って運動エネルギーを蓄積させ、それにしがみついたり乗っかって空中を移動することも可能。


厳密にはシーカーストーンの機能ではなく、WiiUおよびスイッチ本体の機能だがゲーム内設定により開放可能。
Amiiboを読み込んでアイテムやウルフリンクの召喚などの特典を得られる。
同一のAmiiboは1日1回しか使えない。

追加コンテンツで実装される。
ボタンを押すとamiiboと同じ場所指定のエフェクトが発生し、再び押すと任意で呼び出す。

関連記事

親記事

ゼルダの伝説 ぜるだのでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シーカーストーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16761

コメント