ピクシブ百科事典

神獣(ブレスオブザワイルド)

しんじゅう

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する大型古代兵器(攻略後に閲覧することを推奨)
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する、獣を象った古代兵器。

1万年前に厄災ガノンに備えて、当時のハイラル王家の命によりシーカー族の技術を結集して建造した巨大な機械兵器。
ガーディアンと同等の非常に堅固且つ軽量の古代素材で出来ている。

一万年前の当時は、時を同じくして造られた大量のガーディアンと共にガノンを激しく抑え込み、厄災封印に大きく貢献した。

作中の時系列の100年前の厄災復活の予言に基づいてガーディアンと共に発掘され、昔の例に倣って各種族の英傑によって使役されたが、復活した厄災ガノンの魔力により制御システムを瞬く間に乗っ取られ、現在はハイラル各地で暴走している。

機能はそれぞれ異なるが、神獣共通の装備として対ガノン兵装となる大出力のレーザー砲を備える。

内部は今までのシリーズにおけるダンジョンのようにカラクリの謎解き攻略となっており、宝箱も至る所に設置されている。
攻略プロセスは、まず神獣の内部構造を記した“マップ”を手に入れると機体の一部のシステムがリンクにも操作可能になる。
それを利用して、神獣各所に点在する複数の制御端末を探し出し全て作動させ、それから主制御装置に取り付いているボスを倒した後、改めて主制御装置を起動させることで奪還は完了する。

神獣内部には100年前の戦いで命を落とした各英傑らの魂が彷徨っており、神獣に乗り込んできたリンクに対して攻略のためのアドバイスや励ましの言葉を投げかけてくれる。

種類(順不問) 

風の神獣ヴァ・メドー


かつてリト族の英傑リーバルが使役していた鳥を象った神獣。
形的にはナスカの地上絵の大型鳥に近い。

過去にはリトの村の守り神として崇められていたようだが、現在は風のカースガノンが乗っ取り、上空に近づくリト族等を砲撃するようになった。

このため、リト族達は迂闊に空を飛べなくなり業を煮やしたリトの戦士が果敢に挑むも歯が立たず、砲撃による負傷者が続出している。

軽量で頑丈な古代素材の恩恵と複数の巨大なプロペラによる低空~高高度飛行が可能であり、攻略時には単装レーザー砲台が併設されたバリア発振装置を十字に4つ展開する。

レーザー砲は頭部のクチバシ先端付近に搭載。

翼を胴体ごと傾けることで急角度旋回も出来、脚部も可動するため、地上に降り立ったり、何かに捕まることも出来る。

水の神獣ヴァ・ルッタ


ゾーラ族の英傑ミファーが使役していた、象を模して造られた神獣。

現在は水のカースガノンが乗っ取り、鼻からの放水でゾーラの里周辺に常時雨を降らせ、背中から水を放出してダム湖にて常に水を溢れさせ、ダムを決壊の一歩手前まで追いつめている。

鼻から背中から無限に水を湧き出させることが可能であり、潜水による水中移動も可能。

近接防衛手段として、スパイク付きと四角型の氷塊をそれぞれ周囲に放出する攻撃手段を持っている。

またニコニコの某別解王軍師のpart28のような、順を無視した突然の侵入を妨害するためか、バリアを発生させることも可能。

レーザー砲は口元にあり、牙部分がアンテナとなる。

炎の神獣ヴァ・ルーダニア


ゴロン族の英傑ダルケルが使役していた、トカゲ型の神獣。

現在は炎のカースガノンが乗っ取り、デスマウンテン頂上付近にへばりついて移動し、尻尾のハンマーで故意にデスマウンテンを噴火させ、不定期に火山弾を降らせている。

この所為でゴロンシティに観光客などが近寄らなくなり、経営が困窮している。
そのため、ゴロン族達はユン坊と大砲を用いて度々火口に追い返してはいるものの、それほど有効打とはならず、すぐに戻ってきてしまっている。

装備は尻尾の大型ハンマーを装備。
また敵の接近に対応するため、背中から偵察機のプルペラを複数放出し、広範囲の索敵を行うことも可能。

レーザー砲は頭部全面開放式で、露出したアンテナから発射する。

尻尾のハンマーにトカゲ(爬虫類)と、構造的にはアンキロサウルスに近い。

雷の神獣ヴァ・ナボリス


ゲルド族の英傑ウルボザが使役していた、ラクダ型の神獣。

移動手段は長い脚部による四足歩行。
脚部先端は砂に沈まない、または砂嵐を発生させる特殊な機能があると推測される。

軽量の古代素材で作られているのが起因しているのか、ゲルドの台地の頂上にも登っていることから、脚部の走破性能はかなりのものだと解る。

現在は雷のカースガノンが乗っ取り、ゲルドの街周辺の砂漠に強烈な砂嵐と雷を引き起こしており、レースなどの催し等も満足に出来ず、対抗策である兜もイーガ団に盗まれてしまっている。

攻撃手段は背中のコブ付近から発生させる落雷で、電力は本体のコブ内部から自力生成する。
その気になれば脚部で対象を踏み潰すことも可能であると思われる。

レーザー砲は頭部に搭載。
側面の耳に当たる部分が可動し、アンテナとなる。


マスターバイク零式

DLC第二弾で追加される神獣。同時に追加される試練等を全て攻略すると手に入る。

対ガノン用の四神獣と違い、こちらは古代シーカー族が当時の最新技術を存分に使って生み出した技術の結晶であり、最高傑作と呼ばれている。見た目はバイクそのものである。
マスターバイク零式

余談


DLC第二弾では、英傑と神獣に肖った試練が追加される。
この試練を攻略すると、それぞれの英傑の加護のリロードタイムが通常の3分の1と大幅に短縮される。

  • ミファー:24分→8分
  • ダルケル:18分→6分
  • ウルボザ:12分→4分
  • リーバル:6分→2分

また、攻略後も武器と防具の制約付き(その地方の防具【例:メドー=リト防具一式】と英傑に関連した武器のみで戦う制約付き)ではあるが、いつでもカースガノンと戦うことが可能になり、倒した後のセリフもその都度変わるという拘りようである。

各神獣の名前の由来は
メドー→メドリ
ルッタ→ルト
ルーダニア→ダルニア
ナボリス→ナボール
と言われるが、公式は公表していないため定かではない。
ただし、ルッタとナボリスに関してゲーム内でも伝承としてそのような由来が残っていると語られている。

関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダの伝説シリーズ ガノンガノンドロフ ブレスオブザワイルド ゾーラ ゴロン ゲルド族 シーカー族 リト族 ガーディアン(ブレスオブザワイルド)

pixivに投稿された作品 pixivで「神獣(ブレスオブザワイルド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2044

コメント