ピクシブ百科事典

イーガ団

いーがだん

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場する組織。
目次[非表示]

概要

赤いスーツにちょんまげ、仮面といういでたちの戦闘集団であり、今作における悪役のひとつでもある。
名前や服装から「忍者」をモチーフにしていると思われる。組織名の由来は「伊賀」から。
物語的な立ち位置も含め、どことなく「特撮における悪の組織」風である。

総長であるコーガ様をはじめ、コミカルな描写が目立つが、組織を裏切るものには容赦せず、人の良心につけ込むような狡猾さを持っている。

実は1万年前のシーカー族から分派した者たちの末裔で、ハイラル王国を敵視しガノンを崇拝している。

カカリコ村を訪れたあたりから敵キャラクターとして登場。メインストーリーを順当に進めていれば比較的序盤から現れる。
各地の街道でハイリア人の旅人に扮しており、話しかけると正体を現して襲い掛かってくる。
一般の旅人との違いは、(特に夜間に)敵が多く出たり、施設などが近くになかったりするようなところを1人で歩いている・近くを通った時に出る吹き出しにある程度パターンがある・どんなモブでも基本的に名前が表示される本作において、「旅人」という名前が表示されるという特徴がある。
ちなみに、女性の旅人であっても正体を表すと男性(ゲーム上の都合はさておき、単に男女で同じ衣装を身に纏っているだけ可能性もあるが)の団員になることや、『厄災の黙示録』ではコーガ様がある女性キャラクターに変装する場面が存在することから、変装術に非常に長けていることがわかる。

素早い攻撃とそこそこの攻撃力を持つため、ジャストガードや回避に慣れておらず、武器防具も不十分な序盤では即死になることも多い強敵となる。
が、進めていくうちに武装して喧嘩を吹っかけてきてはボコられて武器とバナナ(とルピー)を落とすだけのチンピラになってしまう。
また、どのような技術かは不明だが、瞬間移動など忍術のような技を使ってくる。

ストーリー上の直接の絡みについては後述する。

ルーツ

1万年前、古代シーカー族厄災ガノン復活に備えて4体の神獣と大量のガーディアンを作り出し、無事にガノンを封印した。しかしその高い技術力が自国に牙を剥くことを危惧したハイラル王家から追放されてしまう。

その後、高度な技術を捨ててカカリコ村のように質素且つ平穏に暮らすシーカー族も居れば、自分たちを追いやったハイラル王家に恨みを持ち、ガノンを信仰するようになったシーカー族も現れた。
その一つがイーガ団の始祖である。彼らはシーカー族のシンボルである目の紋様を上下逆さにしている。

イーガ団のアジトはカカリコ村、つまりシーカー族の隠れ里と類似した装飾などが用いられており、関連を否が応でも感じさせるものとなっている。

ちなみに「シーカー族はハイラル王家から一度裏切られた」という設定は、姫川版『時のオカリナ』が初出(ただし、インパがゼルダに催眠術をかけ、「ハイラル王国を憎むシーカー族のシーク」としての人格を作った際に設定した嘘の可能性もある)であり、20年近く経ってから公式に逆輸入された形になった。

団員


末端員

イーガ団



三日月型の首狩り刀、中盤以降は円形の鬼円刃、矢を連続発射するニ連弓を装備する細身の忍者タイプ。
瞬間移動や急降下攻撃、ダッシュ切り付け攻撃、空中で回転してから矢を放つなどかなり身軽

ゼルダの伝説BotW 4コマ


旅人に扮しているのは全てこれ。見分け方は先述の通りで、リンクに好意的な反応(笑いかけたり手を振ったり)を示すことも多く、うっかり話しかけるとどうやっても戦闘になるので注意が必要。目の前でセーブとロードを行うと服装も変わるため、そちらでも判別可能。
ちなみに一部の構成員はバナナを99ルピーで売りつけてくるが、カラカラバザールでは20ルピーで買えることから完全にぼったくりである。

幹部

赤と青の戦い



振ると真空波を飛ばす「風切り刀」を持った侍タイプ。
こちらも瞬間移動の術を使用してくるほか、土遁のような突き上げの術を使う。上昇気流が発生するのでパラセールで舞い上がることが可能。
末端員とは真逆のパワータイプであり、動きは鈍いが火力と体力が非常に高い。
最初はアジト内とカカリコ村のほこらチャレンジでしか出会えないが、アジト攻略後はフィールドにも出てくる。

余談
幹部と末端員は、倒すと所持していた武器とバナナ(ツルギバナナ)を落とす。
末端員は金額ランダムで少量のルピー(フィールド出現タイプと変装タイプでは後者の方が落とす金額が大きい)、幹部はこれに加え、非常に低確率で宝石を落とす。

まれに複数人がほぼ同時に出現することもあるが、ひたすら走って逃げ切ることも可能。
村などには入ってこないため、近くに村があり、体力や武器が不安なら逃げ込むのもいい手である。

なお、倒した後は魔物のように黒い塊になって消えるわけではなく、その場に座り込んでワープするという演出がなされる。

総長(コーガ様)

センシティブな作品



イーガ団の長を務めている男。巨大な鉄球を操り闘う。詳しくはコーガ様を参照。

アジト

ゲルド砂漠にほど近いカルサー谷の奥地にアジトを構えている。

ストーリー中、神獣ヴァ・ナボリスを鎮めるために必要不可欠な、ゲルド族に代々受け継がれる雷鳴の兜がイーガ団に盗まれたため、アジトに潜入して取り返すというイベントが発生する。

入り口周辺に末端員がおり、彼らを倒してアジト内部に潜入できる。アジト内には幹部がおり、周囲を巡視している。
幹部に見つかると通路が塞がれ、複数の末端員が出現し、周辺の幹部も集まってくる。
ちなみに内部はセーブ不可

このエリアの幹部は通常より体力が高く、風斬り刀での攻撃を直で受けるとどんなに防御力が高くても問答無用で一撃死な上にミファーの祈りも妖精の復活も発動しないと言う鬼畜仕様
スニーキングミッションではあるが、隠れて進む以外にも不意打ちで倒す方法もある。また、実力と装備を整えれば、全て殲滅して強行突破することも一応可能。たとえばいわゆる雑魚敵(名前と体力ゲージが表示される中ボス級以下)なら一撃で倒せる「古代兵装・矢」で倒すというやり方などが挙げられる。
ただし、幹部の攻撃が一撃でも当たれば即死で、直前でのセーブポイント(ゲルド族のバレッタが捕われているところ)まで戻されるので、相当の自信がなければ素直に隠密行動をとった方が手っ取り早い。

基本的な攻略法としては、(忍びシリーズ一式か忍び料理で足音を消し、)巡回ルートの途中にバナナを置いて気を引き、その隙に移動(ないし不意打ち)するというやり方となる。アジト内には大量のバナナが保管されているため、バナナの数は気にする必要はない。

アジト攻略後は旅人以外にも、末端員と幹部が仇討ちという名目で脈絡なくフィールドに出てくるようになる。(一部構成員は「バナ…ボスの仇!」と言って切りかかってくるので、アジトで大量にバナナを盗んだこともバレている可能性が高い)
「ハハハ!」(幹部は「ホッホッ」)という笑い声と、赤い札が舞うエフェクトが出現合図となっている。

本編の100年前にもゲルド砂漠に潜んでいたようで、末端員がゼルダを襲おうとするが、リンクが撃退するというエピソードが存在する。

所持武器

末端構成員

  • 首刈り刀
主に序盤で旅人に変装しているタイプが使用。
引っ掛ける、すれ違いざまに刈り取ることを主眼に置いた、三日月型の刀身が特徴的な短剣。
攻撃力は16と序盤から手に入る武器としては高めだが、元々は一撃離脱を主眼としたものであり、刀身が細いので耐久力はいまいち

  • 鬼円刃
これも旅人に変装しているタイプが主に使用する、周囲に棘の付いた円形の刃を持つ片手剣。
中盤以降はこれを主に所持している。

威力は40と通常武器の中では非常に高いがこれも耐久力は低い。
但し威力そのものは王家の剣より高いので、緊急用の武器としては使えないこともない。

  • 二連弓
フィールドで乱入してくる末端員タイプが使用。

小型の弓を一つに繋げた形をしており、獲物を確実に仕留められるよう一度に2本の矢を射ることができる特殊な弓。
威力は木の矢では14×2、木製なので耐久力は若干低めで、燃えるためデスマウンテン周囲などでは使えない。

二発放つが矢の消費は一本分で、直進性がかなり高いため狙撃にも使える他、古代矢を用いればガーディアン相手には心強い弓である。
アジト攻略後はちょくちょく末端員が襲ってくるため、入手機会も多く、中盤以降での連射弓の中での使用率はリーバルの「オオワシの弓」と同じく高いというプレイヤーは多いだろう。

幹部
  • 風斬り刀
イーガ団幹部が使う、サインカーブ状の刀身が特徴的な風変わりな両手剣。
両手剣扱いのため盾との併用は出来ない。
攻撃力は40で、振ると真空刃を飛ばす。(攻撃10)
性能的には剣ビームを飛ばせるマスターソードの両手剣版量産品。耐久力は相変わらず。

溜め攻撃はハンマー投げスタイルではなく、居合い切りの要領で前方に斬撃を飛ばすもの。
近距離と遠距離を同時にこなせるが、敵から離れたところで振るだけでで真空刃を飛ばして耐久値を消費するため、あまり使われることが無い。

ちなみに前方に投げると風に乗って少し浮いたような独特な軌道を描く。

余談

団員一同バナナ(ツルギバナナ)が好物らしく、倒した際にドロップするほか、アジト内の至る所にバナナが保管されている。本作におけるツルギバナナは調理すると筋力増強の効果が出るため、効率を重視し、コンパクトな栄養源として好まれているのかもしれない。

瞬間移動やコーガ様が鉄球を操る際には赤い札が舞うエフェクトが起こるが、一回の使用で結構な枚数の札を消費していることがわかる。本作でのシーカー族の術は「魔法」ではなく「極めて発達した科学技術」であることが作中で明示されているため、イーガ団の忍術もシーカー族の特殊な技術に由来すると推測される。

先述の通り、アジト攻略後は基本的にどこにでも湧くが、火山地帯の過酷な環境下では体や武器が燃えてしまうためか出現せず、雪原地帯は変装した団員や簡易拠点にバナナを置いて罠を張るという手法を使い、極少数部隊の派遣に留まっている。ハイリア城内にも現れない。ただし、迷いの森など一部のマップは内部まで追いかけてくる。
基本的に街や村、馬宿の近辺には現れないが、そばの街道に現れることはある。

シーカー族は銀(白)の髪が特徴だが、イーガ団のちょんまげは黒髪になっている。仮面とスーツで顔を隠していること、変装が得意であることなどから地毛ではない可能性もある。

インパを訪ねてカカリコ村を訪れた後から、旅人に扮したイーガ団が現れるのだが、とあるほこらチャレンジで実はカカリコ村にイーガ団の内通者がおり、その内通者を通じてリンクの顔がイーガ団に知られた為に現れるようになったという経緯が明かされる。
つまり、カカリコ村に行かなければリンクの顔は知られないため、村をスルーして進めればアジトに行くまで道中でイーガ団は現れない。しかしストーリー的に誘導されているため、1周目ではまず気がつかないプレイヤーがほとんどだろう。

DLCの追加ストーリー「ウルボザの詩」では、総長が倒されたことで組織が崩壊したことが語られている(世間的には旅の剣士によって壊滅させられたと伝えられている)。ただし残党がアジトに集結している。

厄災の黙示録

イーガ団総長! コーガ様がっ!
全員まとめて!
消してぇやぁるうぅっ!
イーガ団を率いてコーガ様が登場。側近の新キャラ「スッパ」も登場する。
厄災ガノンの復活を目論んでおり、ストーリーの至るところでリンクたちと激突する。このためブレスオブザワイルドよりも深く長くストーリーに絡んでくることとなった。
また、今作で「コーガ」の名称が襲名制である可能性が示唆されている。
ちなみに、本編で使われていた瞬間移動の術が、人間だけでなく物の移動にも用いられていることが確認されている。
本編でバナナが好きな様子が描写されていたが、「イーガ団は食いしん坊」と明確に言及されている。


ストーリーに関するネタバレはコーガ様の項目を参照。

関連タグ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド シーカー族 秘密結社 悪役 厄災の黙示録
下忍マゲラッパ…特撮番組「忍風戦隊ハリケンジャー」の戦闘員。服装や武器が似ているほか、こちらも忍者がモチーフになっている。

関連記事

親記事

ブレスオブザワイルド ぶれすおぶざわいるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イーガ団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1366840

コメント