ピクシブ百科事典

ゼルダ(ブレスオブザワイルド)

ぜるだ

ゼルダとは、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの登場人物である。
目次[非表示]

概要

ハイラル王国の王女。服装は姫巫女の服である白い衣装と、リンクや他の英傑たちと同じ青い服装がある。好奇心旺盛な性格で、古代遺跡の調査や生物の研究などを行っている。リンクに対して強いコンプレックスを抱いているが、徐々に打ち解けていった。

現在は朽ち果てたハイラル城の中で、ただ一人ガノンを封印し続けている。



経歴

100年前に滅びたハイラル王国の最後の王女。
100年前は厄災ガノンの復活が迫りガーディアンや神獣の発掘及び実装準備がされている中、ゼルダは代々の姫君と同様に勇者と共にガノンを封じる役目にあった。しかしゼルダが幼い頃に先代の巫女にあたる王妃が病で急死し、口伝のみで代々継承されていた姫巫女の修行方法が途絶えてしまい、厄災復活が迫る中でゼルダは僅かな文献を頼りに独学で修行をせざるを得なかった。

ゼルダにとって霊力を得ることは、幼い頃から周囲に果たすべきと言われてきた「義務」でしかなかった。そんな心待ちに神の力が応える筈もなく、どれほど修行を重ねても一向に霊力に目覚めず、周囲からは「役立たずの姫」と陰口を叩かれるようになる。そんな彼女にとって、最年少で自身の近衛騎士に選ばれ、マスターソードを引き抜き「勇者」の役目を背負った天才であるリンクの存在はコンプレックスの象徴であり、当初はリンクに対して突き放した態度で接していた。しかしリンクに助けられていくうちに徐々に想いを寄せるようになり、やがて自分の本音を話すなど心を開くようになった。

霊力に目覚めない自分が少しでも役に立てたらと思い、古代遺跡などの研究方面に力を入れていたが、それは逃避だと父王から指摘されており、修行に専念するように言われていた(最も父王も本心ではゼルダの苦悩を理解しており、最後の知恵の泉での修行がダメだったら研究に専念するようにと言うつもりであった)。
そしてリンクや他の英傑たちが見守る中、唯一行ってなかった知恵の泉で修行を行うが、結局霊力に目覚めず、更にその直後にガノンが目覚めてしまい、神獣を司る英傑の仲間たちやリンクと共にガノン封印の戦いに挑んだ。

しかしガノンはハイラルが用意していたガーディアンや神獣を乗っ取り、逆にガーディアンにハイラル王国を攻撃させた。ガノンに乗っ取られた神獣の中にいたダルケルミファーリーバルウルボザは殺され、ガーディアンたちの攻撃によって父王もハイラル王国の大勢の民達も犠牲となってしまった。ゼルダとリンクは辛うじて生き延びたがガーディアンたちに追い詰められ、リンクはゼルダを守るために大量のガーディアンと戦うも、次第に追い詰められ致命傷を負ってしまった。リンクの危機を前にしてようやくゼルダの霊力が覚醒し、ガーディアンたちに取り憑いたガノンの怨念を追い払ったものの、既にリンクは絶命寸前であった。
「回生の祠に運べば今なら助かる」とゼルダに語りかけるマスターソードの声を聞き、駆けつけたシーカー族たちにリンクを回生の祠に運ぶよう指示。ゼルダ自身は傷付いたマスターソードを元あったコログの森に安置し修復の眠りにつかせた後、ガノンを封じるために単身でハイラル城に向かった。
それ以降、いつ目覚めるかもわからないリンクを待ちながら、100年間荒廃したハイラル城の中でたった独りでガノンを封印し続けている

あまりにも壮絶な使命を背負わされた彼女に、当時の彼女を知るインパ、プルア、ロベリー、デクの樹や、魂だけの存在となってしまったハイラル王や英傑たちは、全員リンクにたったひとつの共通の望みを伝えていた。
ゼルダを助けて欲しいと。


関連タグ


ブレスオブザワイルド
リンク ウルボザ ダルケル ミファー リーバル

コメント