ピクシブ百科事典

マキ・ア・ルージュ

るーじゅ

ゲーム「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に登場するゲルド族の族長。フルネームは本人の日記から。作中での表記は「ルージュ」となっている。

まだ幼い少女ながら一人称は「わらわ」で古風な口調で話す。先代の族長であった母親が急逝したため若くして族長になった。周囲からの反応は悪くないが本人は族長として力不足だと感じており、特にイーガ団に神器の「雷鳴の兜」を盗まれたことには強く責任を感じている。

女装してゲルドの街に潜入したリンクがシーカーストーンを持っていることから英傑と見抜き、雷鳴の兜の奪還を依頼する。見事イーガ団を撃破し取り戻すと神獣ヴァ・ナボリスを鎮めるために協力してくれる。このときリンクが男だと知っても追い出すことはしない。

ナボリスを解放後、英傑ウルボザの武具を譲ってくれる。また、雷鳴の兜を調べるとルージュから街の人々の悩みを解決すれば雷鳴の兜を貸してやってもいいと提案される。条件を満たすと雷鳴の兜が手に入る。
雷鳴の兜を入手後は、それまでずっと動かなかった玉座から離れ、時間に応じて行動パターンが変化するようになる。愛スナザラシ「パトリシアちゃん」の面倒を見たり、スナザラシ人形と戯れたりとここでは年相応の一面を多く見られる。台詞パターンもその都度変わる。

雷鳴の兜

センシティブな作品



ゲルド族に代々伝わる神器で一切の雷撃を弾く力を持つ。その力を正しく扱えるのはゲルド族の族長だけとされている。顔全体を覆う金属製のマスクのような形。

ナボリス戦ではルージュがかぶって使用し、NPCとしてリンク(プレイヤー)に同行する。まだ子供のルージュには大きすぎるためたびたびかぶりなおしている。先導するルージュを追いながらナボリスの足をバグダン矢で撃ち動きを止めていく。ナボリスは強力な雷を放ってくるがルージュの近くにいるとダメージを受けない(ただしルージュも移動するので兜の効果範囲に位置どるのはかなり難しい)。一度雷を放つと隙ができるためその間に一気に接近し攻撃する。スナザラシでの移動はやや左右にぶれやすいためある程度は慣れが必要。

後述の「厄災の黙示録」では兜をかぶって周囲に落雷を放つ描写がある。

厄災の黙示録

メインシナリオ5章「ハイラル西部救援戦」にて、『BotW』本編クリア後の時系列からパトリシアちゃんと共に参戦。ブレスオブザワイルドでは触れられていなかったが、今作ではウルボザの子孫であることが判明する。
物語終盤に白いガーディアンの力で時を超え、雷のカースガノンを相手に劣勢となっていたウルボザの窮地に駆け付けた。
好転とはいかないまでも戦況が拮抗する状態まで持ち直した事で、リンクがナボリスに到着するまでの時間を稼ぐ事に成功する。

武器は手綱。まだ幼いルージュには直接戦う力がないためパトリシアちゃんを操りながら戦うスタイル。一部の強攻撃や必殺技では雷鳴の兜を使用する。移動スピードや機動力は高く拠点の制圧には向いているが、動きが激しいため相手の的が小さいと攻撃が外れやすい。また雑魚集団を蹴散らす能力も高いが、火力が低いと相手が倒れず散らばらせてしまうという欠点がある(特に特殊アクションの高速移動など)。
また、スナザラシを使役するための盾を防御にも使うため、ガードジャストでガーディアンのビームを跳ね返すこともできる。

ストーリーではウルボザと比較して自らを未熟と述べるシーンが多く、年若い族長であることにコンプレックスを抱いているのが強調されている。しかし命を救われたウルボザは既に彼女を認めている。バトルチャレンジではウルボザとの勝負に勝つという展開が見られる。最終的にはコンプレックスを克服し、次代の族長に相応しい自身を手にしたようである。

ゼルダシリーズとしては珍しくパンチラする色は大人な黒

関連イラスト

ルージュ
ルージュちゃん


ルージュ(Botw)
パトリシアちゃん様



関連タグ

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 褐色ロリ
ゲルド族 ウルボザ

関連記事

親記事

ブレスオブザワイルド ぶれすおぶざわいるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキ・ア・ルージュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55103

コメント