ピクシブ百科事典

カースガノン

かーすがのん

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場するボスキャラクター
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドに登場するボスキャラクター

100年前に厄災ガノンが生み出した分身であり、各神獣攻略のステージボスとして君臨し、撃破するとハートの器が手に入る。

四体の神獣に乗り込んでいた英傑達を葬った強敵であり、各カースガノンが神獣を乗っ取っているため、これを倒さない限り、神獣を奪還することは出来ない。

見た目はハイラル城等にこびり付いたゲルのようなもので構成された人型の上半身のみの体にガーディアンの外装のような装飾と仮面のような禍々しい顔に単眼を持つ。

種類は風・水・炎・雷の四種類で、それぞれの神獣の属性、英傑の武器・能力にちなんだ武装を有している。

度々移動して位置を変えつつ、個々に装備した武装や能力で戦闘を行う。
体力が半分まで削られると後半戦に入り、より強力な攻撃を敢行してくるほか、頭部からガーディアンと同様のレーザーを放ってくる。

種類(順不問) 

  • 風のカースガノン

イメージ図

風のカースガノン 簡略図



風の神獣ヴァ・メドーで戦うことになるカースガノン。

英傑リーバルが射撃の名手であり、上昇気流を起こす能力を持っていたからか右手にビームを発射する射撃用の大型のブラスターを装備。

戦闘
主にブラスターからの射撃を行い、もう左手からは強力なつむじ風を引き起こす。

後半戦は背中からファンネルのような遠隔操作兵器を展開し、リフレクタービットばりにビームを反射させ、多角的な攻撃を繰り出してくる。

戦闘フィールドが高空を飛行しているメドーの上であるため、寒さ対策を怠ると、そこに居るだけでダメージを負う羽目になる。

余談
しかしながらカースガノンもフィールドに嫌われている。
フィールドには上昇気流が常に発生しているのだが、今作のリンクはこれに乗って回避や連続攻撃ができるようになっている。
遮蔽物が多いので、ブラスターなどによる射撃の回避も容易。
このため神獣ボスとしては最弱という見方も。

  • 水のカースガノン
イメージ図

水のカースガノン 簡略図



水の神獣ヴァ・ルッタにて対峙することになるカースガノン。

英傑ミファーが槍使いだったためか、こちらは左手に装着された、リーチが非常に長い槍を使って攻撃を仕掛けてくる。

戦闘
槍とはいえ、武器全体が刃なので、突き、なぎ払い、衝撃波とバリエーションもあり、距離を置いても槍をぶん投げて攻撃してくる。

序盤は足場が広いため比較的楽に戦えるが、後半戦になると水位を上げて足場の面積を縮め、空中から氷塊を飛ばしてくる攻撃が追加される。
カースガノン自身のダメージに比例し、氷塊の数が増えていく。

後半戦は空中に留まるため、攻略するためには弓矢がほぼ必須となり、スムーズに進めるためにはある程度のエイム力が必要となる。

  • 炎のカースガノン
イメージ図

炎のカースガノン 簡略図



炎の神獣ヴァ・ルーダニアで交戦することになるカースガノン。

英傑ダルケルの両手剣扱いの巨岩砕きに肖ってか右手に大型の斧状の大剣を装備し、それを用いた接近戦を行う。

戦闘
攻撃動作は遅いが、その分一撃のダメージが大きく、迂闊に近付くと手痛い反撃を食らう。
叩きつけるように振り下ろす攻撃、回転攻撃、なぎ払いを繰り出し、もう片手からは炎を放射状に放つなど、複数のパターンが存在する。

後半戦は武器に炎属性を付与し、振りに合わせて広範囲に炎を発生させる。
また、空中で“ダルケルの護り“のようなバリアを張り、タメ動作の後に広範囲に爆発する火球を放つ攻撃も追加される。

余談
このカースガノン戦は火山の火口内での戦いであるため、炎対策をしなければ木製武器は燃えて使えなくなり、炎上により常時継続ダメージが発生してしまう。

  • 雷のカースガノン
イメージ図

雷のカースガノン 簡略図



雷の神獣ヴァ・ナボリスで待ち構えるカースガノン。
風、水、炎のカースガノンと比べるとかなり小柄(リンクとほぼ同サイズ)。

武装は左手にガーディアンガードとほぼ同形状の小型の丸い盾と、右手に“く”の字に曲がった短剣を装備。
こちらの組み合わせも例によりウルボザの装備(盾とナイフ)と同様。

戦闘
伸びた髪が垂れ、ひょっこりとした見た目だが、小柄且つ最低限の大きさの武器を生かし、他のカースガノンとは一線を画す残像が発生するほどの速度で移動し、ヒット&アウェイ戦法で攻撃してくる。

距離を取ってもサイズのせいで弓矢は当てづらく、狙いを定めてる間に一瞬で間合いを詰めてくるので否が応でも近接戦を強要される。

盾パリィ(シビアなので上級向け)やジャスト回避(回避ラッシュ)を練習しておかなければほぼ一方的に切り刻まれる。
回避、パリィのタイミングが独特なので、ある程度死んで覚えるつもりで挑んだ方が良いかもしれない。

雷を操った英傑ウルボザに肖り、球状の雷撃も飛ばしてくるが、弾速が遅いのでよく見ていれば回避は容易。
しかし被弾すると短時間の麻痺と強制武装解除(感電して武器を落とす)が発生するので決して油断してはいけない。

後半戦になると空中に留まるようになり、柱を生やして雷を落とす広範囲攻撃が追加されるほか、剣と盾に電気を帯びさせる。
この帯電状態になれば、斬られるか金属製のでカースガノンの短剣の剣戟をガードすると、問答無用で感電麻痺&武装解除、大抵はそのままぶった斬られるか逃げられる。

また、こちらに直接帯電させた盾をぶつけるパリィに似たパターンも追加され、こちらもやっぱり感電による麻痺と武装解除。
オマケに予備動作が急速接近のみであるため、切り付けとの判別が極めて困難。

対策として非金属性、耐電装備は持っておきたい。

余談
前述の“残像を発生させる程の速度“と感電による麻痺等を引き起こす雷属性により、攻守ともに相応のテクニックが要求される。

他のカースガノンは比較的すんなりクリアできても雷だけは異様に苦戦する、というプレイヤーも多く、カースガノン中最強という意見が多数。

攻略法

基本的に前半はジャスト回避、盾パリィで隙を作ってから懐に入ってから接近戦、もしくは空中スローで目に矢を浴びせる等して、“ダウン“させてから斬りつけるという戦法が主。

後半は接近戦のみのごり押しだけでは厳しく、スムーズなクリアには、ゼルダ的な工夫も要求される。

補足

名前の“カース“は英語で「curse」
「人に災いが降りかかる・呪い・苦しめる」という意味。

一部ないし全てのカースガノンを倒さずにラスボスのガノンに挑むと前哨戦として未撃破のカースガノンと対峙することになる。

厄災ガノンの魔力を直接供給されているためか体力は800から2000と、2.5倍に激増している。
しかしハイラル城内には強力な武器が多数入手でき、リンクの攻撃力が神獣での戦闘とは段違いになっていることが多く、相対的にはあまり変わっていない。

そればかりか、メドー戦時の高高度の寒さやルーダニア戦時の火山の熱さといったフィールド特有の過酷な気候もなく、地形も至ってシンプルなので、(風カース以外は)こちらの方が戦い易いという意見もある。
しかしながら連戦は相応の実力と時間、装備量を要するため、腕に自信がなければお勧めはできない。

ちなみにマスターソードを持っていればガノンの魔力に反応し、攻撃力が60まで跳ね上がるので比較的楽にダメージが通る。

  • DLC
第二弾「英傑たちの詩」で当該する神獣と英傑にまつわる試練を各個に攻略後、それぞれの神獣に近づけば、制限付きだがいつでも各カースガノンと対決することが可能になる。

イラスト

えいぷりるふーるガノン
水のカースガノン



関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダの伝説シリーズ ガノン ガノンドロフ ブレスオブザワイルド

pixivに投稿された作品 pixivで「カースガノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2635

コメント