2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

風のタクト

HAPPY NEW YEAR 2017 !!
コモリとメドリ


初登場の作品。竜の島で暮らしている。
過去作にも登場した水の民ゾーラ族が、幻想の海によるハイラル王国の水没から逃れるため、高山に避難し、空の精霊ヴァルーからの加護を得て現在の姿になったとされる。

外見は人間に近く、鼻に当たる部分が口ばしのようになっている。平時は人間(ハイリア人)と同じような腕だが、ヴァルーから「ウロコ」を授かったリト族は腕を翼に変えて飛行できる。
メドリを除く全員が白っぽい髪の毛に浅黒い肌をしている。また作中で登場するリト族はメドリ以外全員男性だが、性別で外見が違うのか、メドリだけが特別なのかは不明である。

作中世界では配達業で有名で、ストーリーでは序盤からポストマンのオドリーが登場。また、竜の島にたどり着いた後には族長の子供であるコモリ、そして彼のお守り役でゾーラの血を引くメドリが登場。メドリからはヴァルー様の暴走を止めるため、そしてマスターソードの退魔の力を目覚めさせるため力を借りることとなる。

名前は必ず「ト」もしくは「リ」で終わるようになっている。

ブレスオブザワイルド

リト族はいいぞ
ゼルダスケッチ


久々の登場。リリトト湖の中にあるリトの村で暮らしている。
ブレスオブザワイルドは公式で他シリーズとは時系列が区別されており、リト族の初出となった『風タク』と違う歴史を歩んでいるのか、祖先という設定だったゾーラ族とも並存している。

顔や体つきなど、かなり鳥(猛禽類)に近い外見となっている。腕は鳥のように翼が生えているが指があり、器用に弓などの武器を扱うことができる。
フクロウオウムインコ)、ワシタカなど、さまざまな鳥をモチーフとしている。
作中では「男は弓に、女は歌に秀でたリリトト湖に住む少数民族」と紹介されている。

作中では吟遊詩人カッシーワが道中でたびたび現れ、古の伝説などを歌に乗せて教えてくれる。
100年前の英傑リーバルガノンに対抗するため、鳥型の巨大機械兵器「神獣ヴァ・メドー」の繰り手として闘った。
本編ではガノンの怨念に侵食されたヴァ・メドーを元の姿に戻すため、リトの若き戦士テバと協力することになる。

リーバルを除くほぼすべてのリト族は鳥の部位や特定地域での呼び名などを基とした名前が付いている。(例 ハーツ:ハツ、ナズリー:砂ずり
また現実の猛禽類と同じく魚や鶏肉が主食のようだ。

余談

この種族にはモデルが存在しており、姫川明の「ゼルダの伝説 時のオカリナ」下巻収録の短編に登場する鳥の種族「ワタララ族」を参考にしているとのこと。
リト族と同じく人間と鳥が混ざったような容姿をした種族で、大人になると腕に羽がはえて飛べるようになる。羽が生えないうちは親の背に乗って渡りをするという。

関連

ゼルダの伝説 風のタクト ブレスオブザワイルド
ゾーラ ゴロン ゲルド族 シーカー族 コログ族 キュイ族
メドリ コモリ
リーバル カッシーワ テバ

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リト族」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リト族」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1336453

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました