ピクシブ百科事典

ライネル

らいねる

ここではゼルダの伝説シリーズに登場する魔物を紹介する。
目次[非表示]

同名の別人物

チェインクロニクル登場するキャラクター

概要

ゼルダシリーズに登場する魔物の一種で、下半身は馬、上半身は人型のライオンという出で立ちのケンタウロス型の魔物。

シリーズを通じて『攻撃力が高い・やたら堅い』が共通し、ほぼ決まってデスマウンテンを根城にしている。
そして何よりボスではなく“普通の敵”扱いである。

出演作品

初代ゼルダの伝説

Lynel


デスマウンテンの守護神として待ち構えている。

両手に剣を持ち、初期装備では防御不能の剣ビームを放ってくる。
赤と青の二種が存在し、その気になれば序盤で挑むことも可能だが、真っ向から向かうと大体返り討ちにされる。

しかしブーメランを当てれば怯むため、やり過ごしたりハメ殺しが出来る。

ふしぎの木の実

剣ビームを撃ってきたり剣を扱うのは変わらないが、リンクが強化された物語の終盤で遭遇するため、縛りプレイでもしてない限りさほど苦戦することはない。

条件を満たせば金色のライネルが出現するが、耐久力はボスクラスになっている。

神々のトライフォース

こちらもデスマウンテン頂上付近で待ち構えている。
火球も放ってくるうえ、動きも素早いなど、戦闘能力は高めになっている。

続編である『2』にも登場しているが、動きは鈍重になり火球が火炎放射となるなど若干の変更がなされている。

ブレスオブザワイルド


据え置きゼルダとしては久々の登場。
過去作より威圧感が増しており、筋骨隆々、タテガミや顔は更にライオンに近くなり、一目でも「あいつはヤバい」と分かる。
その屈強な見た目に違わず攻撃も一発々々が重く、並大抵な装備では即死は茶飯事、殆どの盾は一撃でハンマーでぶっ叩いた煎餅のように粉々に破壊される。

下半身が馬であるため巨体ながら機動力も高く、更に属性による状態異常(炎上、麻痺、凍結)が無効となっている。

ハイラル各地に必ず単独で生息しており、決まった範囲を歩きながら時折雄叫びを上げる。
一定範囲外に出るとワープして元の場所に戻る。

他の魔物より数段以上も視覚や聴覚に優れており、正面に限れば視認距離はガーディアンのそれに匹敵する。
物陰に隠れていても足音などで感知するため、並大抵な不意打ちは通用しない。

武器を使い分けたり、非戦闘時にバクダンを見つけると、距離を取って火球で吹き飛ばすなど、知能の高さも垣間見える。

ゲーム中では防具強化や図鑑登録などで何度かお世話になるが、用が無ければスルーが基本である。

■武装

装備は各個体ごとに剣・大剣・槍の中から一つ(闘技場の個体は例外として炎の剣)+連弓(3連or5連)と刃付きの盾。
槍持ちは盾を所持していない。

上位に上がるほど武器に獣王~獣神の肩書きが付き、武器の威力とライネル本体の攻撃力及び体力が上昇。

ライネルが持つ盾は、相手の近接攻撃をパリィして弾く、或いはパリィの動作時に刃でダメージを与えるという半カウンター性能がある。(耐久値は消費する)

これで極位ガーディアン白銀ライネルを倒したプレイヤーも居るから世の中分からないものである。

ちなみにライネルは盾の刃と剣を併用して斬りつけるモーションがあるが、直接防御することはない。

■攻撃手段

基本的にどの攻撃や衝撃波も盾パリィで弾くことが出来る。

  • 各武器による攻撃
片手剣は剣のみ(三連続)と盾も使った斬りつけ(単発)、大剣は叩きつけ(単発or連続)、槍持ちはジャンプして空中から地面に突き刺す。
地面に叩きつけた際の衝撃波にもダメージと吹き飛ばし判定アリ。

  • ダッシュ攻撃
すれ違いざまに武器による一撃か、巨体と頭部の角を生かした突進攻撃。

どちらもスピードが速く高ホーミング性能を誇っており、ライネルがリンクから距離をとってから行うので、否が応でもダッシュ攻撃に対応しなければならない。
回避ラッシュでの反撃は可能。

槍持ちはリーチの都合上、この攻撃が若干多い。

  • 回転攻撃
大剣持ちが行う。
プレイヤーがライネルから見て側面か背後に居ると円状に大剣を振り回す。

エフェクトの影響でパリィが若干難しいため、無理せずビタロックで足止めして待避するのも手。

  • 火球攻撃
口から火球を三連発する。
先読み性能が高く、盾を弾くので防御しても体勢を崩されて次弾がほぼ当たる。

地面の草木に着火した際には炎上ダメージを食らうが、上昇気流が発生し、これを利用して弓スローモーション攻撃等が行える。

  • 爆発攻撃
白髪以上の上位種が行い、咆哮の後に武器を地面に突き刺して爆発させる。
威力も高めで範囲が広く、近付いて行った場合は殆ど初動から発動する。
範囲の目安は咆哮時にライネルを中心として発生する突風エフェクト。

ライネルの足元に居る場合でもタイミングを合わせればパリィで無効化可能。
ついでに言うとライネルの足元で発生した炎は別のモノに燃え移りでもしない限りダメージ判定は無いため、至近距離でパリィ後にそのまま近接戦闘を継続しても問題ない。

  • 射撃
距離が空いていたり高い位置にプレイヤーが居る場合、弓矢を用いた攻撃に移行する。
個体ごとだが各種矢(氷・炎・電気・バクダン矢)を複数本纏めてその場orダッシュしながら放ち、壁の裏に隠れたりすると曲射まで敢行してくる。しかもムチャクチャ精密。

気付かれたあああ


同時発射であるため威力も凄まじく、発射→着弾までの間の弾道が全く見えない。
オマケに射程圏内であればプレイヤーの頭上に足場があっても貫通して直撃するチートっぷりであり、視界から外れても飛んでくるので油断は禁物。

  • ドロップ品(ランダム)
    剣・大剣・槍+連弓+盾(槍持ち無所持)
    肝・ツノ・ひづめ数個
    各属性矢・バクダン矢(マスターモード台地の個体)10本×0~3
    ルビー、サファイア、ダイヤ、トパーズ数個(白銀以上)
    星のかけら0~数個(白銀以上)

■種類

進行度及びリンクの強化によって上位種が各地に出現する。

  • (赤髪の)ライネル

ライネル


最も初期のライネル。
HP2000

後に出現する上位種よりもナワバリ意識が強いのか、遠目からでもプレイヤーを発見するや否や問答無用で襲い掛かってくる。

水の神獣を攻略する際にその圧倒的な威圧感と共にお目に掛かることになるが、道中で寄り道してポーチ枠を増やし、武器を充実させていれば初見でも腕次第で始末出来る。

雷獣山の個体のみ上位種に置き換わることがない。(ノーマルモードとマスターモードで確認)

  • 青髪のライネル

VSライネル


薄紫の鬣と青緑の体色が特徴の上位種。
アッカレ地方を中心に生息しており、武装は高頻度で獣王クラス。
体力は極位ガーディアンと同じHP3000

リンクの強化度合いやストーリーの進行度によっては白銀に置き換わっていき、殆ど見かけなくなる…というか居なくなるため、図鑑を揃える場合には要注意。(後々写真を買うことは可能)

  • 白髪のライネル


HP4000
逆シマウマ模様に白髪の鬣のライネル。
この種類から作中でも屈指の威力を誇る獣神武器を装備するようになり、爆発攻撃が追加される。

マスターモードでは最序盤の台地にも生息しており、この個体は連弓でバクダン矢をブッ放して爆撃してくるうえに獣神の大剣を所持しているという初見どころか序盤で勝たせる気が全く無いオーバーキル仕様。

台地を出ていない序盤でも、矢をこれでもかとかき集め、武器も浮遊ヤグラなどから奪って厳選し、ヘッドショットやシーカーストーンの機能で怯ませてからの馬乗り攻撃(武器の耐久が減らない仕様)を混ぜつつ、なるべく自然回復させないように時間を掛けてのゴリ押しは可能ではある。

この個体もノーマルモードでは進行度によってはフィールドに不在になるが、マスターモードでは前述の台地に居座る時の神殿南側の個体は白髪より上位には置き換わらない。

  • 白銀のライネル
ノーマルモードでのライネルの最上位種。
ガノンの魔力の影響で白地に紫のシマウマ模様が浮かび上がった禍々しい肉体を持つ。
武器は獣神装備品一式。

最上位種なだけあり火力も凄まじく、その攻撃は防具一式防御力30~40で剣の斬擊をひとたび食らえば、付与効果無しでも最低ハート10個以上、大剣に至ってはハート15個以上一撃で当たり前のように持っていく。

攻撃アップ効果が付いたモノによっては防御40でも剣の一撃でハートを20個以上も持っていく。

本体の体力はHP5000と飛び抜けており、接近戦で真っ向から挑めば耐久フル状態の通常版マスターソード(攻撃30)+王家の剣(攻撃36)3~4本をほぼ丸々吹き飛ばすふざけた生命力を兼ね備え、オオワシの弓(三連発射・攻撃28)でバクダン矢をボディに三本全部×数十発叩き込んでもくたばる気配が無い化け物。

代わりに倒した際の戦利品として、ドロップ品に高価な宝石、貴重な星のかけら数個が個数ランダムで追加されており、文字通りのハイリスクハイリターンとなっている。

マスターモードでは更に半数以上の個体が金色に置き換えられていく。

  • 金色(こんじき)のライネル
DLCのマスターモードにのみ一定の条件下で出現する、白銀よりも格上のライネル。
武装は獣神クラス一式。

とても神々しいのだが、例に漏れず攻撃力は尋常ではなく、更に武器にはダメ押しとばかりに高確率で攻撃アップ等の付与効果が付いている。

攻撃アップ付きの武器の威力次第(剣や大剣は攻撃100以上)では《ハート20個+フル強化した蛮族一式(防御60)》でも一撃で即死し、《最大強化の古代鎧一式(防御84)+ハート30個》でも一発で5~6割以上も消し飛ばすイカれた火力を叩き出す。

殆どの防具はコイツの攻撃の前では紙に等しいと考えて差し支えない。

接近戦で挑むなら妖精やミファーの祈りといった即死免除要素と、王家や竜骨クラスの武器を計10本は持っていくと心強い。

肝心の体力はHP7500と、白銀ライネル(5000)+赤髪ライネル(2000)+朽ちたガーディアン(500)というブッ飛んた数値で、あろうことか作中ではラスボスの次に硬い。

難関である剣の試練を経て覚醒し、並外れた耐久性と威力を発揮するマスターソードであれば一本で事足りるが、耐久値MAX(188)でダメージ補正防具を一式着込んで攻撃力を60→90まで底上げしても80数回も斬りつける必要があるため、倒し切るのは僅かニ体が限界。

攻撃パターンやドロップ品は白銀とは変わらないため、よりスリリングな戦いがしたい人向けの腕試しの意味合いが大きい。

小技

装備が十二分に整っていればそのまま戦っても勝てるが、今作はライネルに対するハメ技が開発されている。

顔面に矢をブチ込むか、ウルボザの怒りでダウンさせる、或いは直接背後を取って背中に乗って叩けば、殴った武器の耐久値を消費せずにダメージを与えることが可能。

時間が掛かるものの、乗っている間は両手武器と片手武器の攻撃速度が統一されるため、乗っかったら即座に高威力の武器に切り替えて連打殴打すると効率良く体力を削ることが可能。

そしてロデオが終わったら矢を顔面に当ててダウン、これをループさせる。

生態

危なっかしいライネルだが、青髪クラス以上の上位種は他の魔物と違い、プレイヤーを遠目から発見してもいきなり襲っては来ない。

敵対と見なされる行為
攻撃を加える至極当然。マモノマスクを被ってても攻撃される。
シーカーストーンの使用
  • どの機能でも構えただけで臨戦態勢に入り、高確率でそのまま戦闘に。
  • 写真撮影もNGだが、望遠鏡モードは問題ナシ。
剣や弓を振ったり相手に向ける
  • 遠くから視認していれば当てていなくとも敵対する。
  • 被害妄想
  • 遠目からの発見状態で剣や弓を抜いたり手に持つだけでは臨戦態勢にはなるが攻撃はしてこない。
間近まで接近するマスクを被らない状態で目の前に来たら臨戦態勢→攻撃してくる。被害(ry
ずっと居座る
  • 視界内=ナワバリにあまり長居していると目障りに感じるのか、ムジュラ装備やマスクを被ってても攻撃してくる。
  • 上記の行為を行わなくとも視界内でただ突っ立っていただけでも攻撃してくるので、用が無いときはすぐさま退却。
  • 目安は発見判定後に雄叫びを一回した後。

色々と理不尽だが、やり込むプレイヤーには一種の“越えるべき壁“と認定され、巷では「ライネルさん」「先生」「師匠」と呼ばれ、プレイヤーに成長を感じさせる役目を見事に全うしている。

余談

  • 闘技場のライネルは炎の剣を所持しているのだが、攻撃動作時に炎のエフェクトの影響で処理が重くなり、ラッシュ時に更にスローになるが、カメラの角度の調整(ライネルの腰~背中が映る辺り)で多少軽減可能。
  • ウツシエの記憶によれば、100年前のリンクは白髪のライネル三体と各種ボコブリン数十体をマスターソード一本で屠り、かすり傷程度しか負っていない。


関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダの伝説のキャラクター一覧

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 356019

コメント