ピクシブ百科事典

スタルキッド

すたるきっど

スタルキッドとは、「ゼルダの伝説」のキャラクター。森で迷った子供の成れの果て。
目次[非表示]

概要

♪♪♪


森で迷った子供が魔物と化した姿。『ゼルダの伝説 時のオカリナ』以降に登場する。なお、『スタルキッド』というのは種族名であり個人を指すものではない。

時のオカリナ

無邪気でいたずら好きな性格で、普段は森を通りかかる子どもリンクと一緒に笛を吹いて遊びたがったりする。
サリアの友達らしく、サリアの歌を奏でることでリンクとも友達になる。
迷いの森には何人かのスタルキッドが住み着いており、リンクと三人でセッションを申し込まれるシーンもある。本人はあまり強い魔物ではないことを気にしているのか、時のオカリナでは少しは強そうに見えるという理由でドクロのお面を欲しがったりもする。

とここまでなら「ちょっと不思議な森の友達」なのだが、彼らは大人は嫌いなので大人リンクで出会うと敵意むき出しになり、攻撃されてしまう
コキリ族も大人になったリンクを仲間だと認めてくれず、森の友人を訪れれば攻撃され……と、大人時代の森では非常に切ない思いを味わうことになる。
それでなくとも、大人時代にスタルキッドに出会うには、わらしべイベントである人物の末路と同朋たちの別の一面を見届ける必要があり、大変やるせない。

そもそもの「森に迷い込んだ子供のなれの果て」という設定自体が黒い任天堂のそれであり、姫川版漫画ではこれを描いたエピソードもある。

姫川版

たまたま拾ったお面を持ち歩いていたところ、それはリンクの物だと判明する。事情を知って返した後はリンクからプレゼントとして送られ、コキリ族のお祭りに誘われる。しかし、デクの樹のライバルであるバグの樹から「そいつはテキだ。大きくなったらやっつけに来るぞ」と吹き込まれ豹変。サリアを拉致してもっといいお面を持ってくるようにリンクに要求する。
追いかけてきたリンクを返り討ちにするところまで追い詰めるが、その顔に懐かしさを抱き、苦しみ出したため撤退。その後、サリアを解放するが仲間のスタルキッドに見られていたためバグの樹に知られ、裏切り者として痛めつけられてしまう。だが起き上がるとリンクとサリアの元へ駆けつけ、バグの樹の攻撃にさらされたリンクを庇って致命傷を負ってしまう。その際に、顔(お面)をくれたリンクに感謝を示した。
直後、バグの樹はミドの活躍(偶然)によって魔力を失ったことで無力化され、ただの木に戻ってしまった。
眠りについたスタルキッドは過去の夢をみる。元々はハイリア人の少年であり、母親の言いつけを破って森の中に入り、妖精を探し求めていた。だが迷子になってしまい、次第に暗闇が怖くなり、「闇に紛れれば怖くない」ということから顔を失ってしまった。こうして生まれたスタルキッドが彼である。
目覚めた後はミドが持っていたガイコツのお面をもらい、遠くから笛を吹くことで間接的にお祭りを盛り上げている。

ムジュラの仮面


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』では仮面の魔力に魅入られたスタルキッドも登場する。寂しがり屋な性格で、チャットやトレイル達と共に行動をしていた。しかし、お面屋から奪ったムジュラの仮面を被った際に意思を乗っ取られてしまい、イタズラの度が過ぎるだけに留まらず、序盤でリンクとエポナが離れ離れになる原因を作ったり彼にデクナッツになる呪いをかけたり、その他にもタルミナ方面の各地で様々な悪事を働くようになる。
このスタルキッドは作中にて『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に出てくるスタルキッドと同一人物であることを示唆する発言をする。

姫川版

暗闇の空間でお面屋と遭遇し、ムジュラの仮面について話を聞かされる。「つけた者の欲望を叶える摩訶不思議な仮面。だけど売り物ではない」と言って立ち去ろうとしたお面屋を突き飛ばし、ムジュラの仮面を持ち去ってしまった。それからはムジュラの仮面の力を用いてイタズラを始め、クロックタウンを「繰り返す三日間」の世界へと変えてしまう。
実はスタルキッドは、四人の巨人(タルミナの神々)と友人であったが、巨人たちは突然眠りについてしまった。「あいつらは友達じゃなかった。友達と思っていたのはオイラだけだった」と思い込み、そこへムジュラの仮面を身につけ「なんでも願いを叶えてくれる一番の友達」として見るようになった。
だがムジュラの仮面は、スタルキッドを利用していたに過ぎず、敗色が濃くなるとスタルキッドを嘲笑して見捨て、始末しようとする。これに激怒したリンクがムジュラの仮面を倒し、スタルキッドと和解するという結末となる。

スタルキッド
トラウマ2


ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』でも登場し、迷いの森に踏み込んだリンクを森の聖域へと導いてくれるが、まずは手にしたラッパで延々と呼び出す人形を倒しながらスタルキッドと遊ぶことになる。


ゼルダ無双で、こどもリンクの技で登場しているが、3DS版でプレイヤーキャラとして参戦。連動でWiiU版でも使用可。ムジュラの仮面をかぶった状態で、チャットやトレイルとともに恐ろしいほどの殲滅力を誇る。原典と同じくムジュラの仮面が不気味さを醸し出しているが、性格は本来のスタルキッドよりで、仲間が窮地に立たされると助けに行ったり、褒められるとテレたりする。倒された時は「せっかく遊んでやろうと思ったのに……」と肩を落とす。
ストーリーでは緑衣の少女編に登場。リンクルのコンパスを奪い、追いかけっこの末に取り戻されて逃げ帰った。以後は登場しない。

小ネタ

  • 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』版の公式イラストでは唇だったが、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』では嘴のようになっている。
  • 大人時代に襲ってきたスタルキッドを返り討ちにして始末すると200ルピーが手に入る。
  • 子供がコキリの森へ入った場合はスタルキッドになるが、大人がコキリの森へ入った場合はスタルフォスになってしまう。スタルキッドの場合はまだしも人格を持っていられるが、スタルフォスの場合は……
  • 「あまり強そうに見えない」などと言ってはいるが、実は倒そうとするとかなり強い。体力が高いうえに、弓矢などの飛び道具を受けるととんぼ返りをして消えてしまう。そのため剣による接近戦を挑まねばならないが、スタルキッドが使う笛を用いた吹き矢攻撃が、弾が小さくて見にくいうえに時折盾を構えていてもダメージになるなど厄介。スタルキッド自身歩き回るので、足の遅い大人リンクでは距離を詰めにくく、しかも時間が経過するとやはり消える……と大変手ごわく、少なくともそこらのザコモンスターよりははるかに強い魔物である
  • それでなくても子供時代の「友達」を手に掛けるようなものなので……
  • スマブラ3DS/WiiUではムジュラの仮面を被りながらアシストフィギュアとして登場する。
  • 『ムジュラの仮面』でスタルキッドの声を演じた松本さちは、後に『風のタクト』のトゥーンリンクや妹のアリルの声を演じている。


関連イラスト

ムジュラリメイク
夕焼けセッション



関連タグ

ゼルダの伝説 時のオカリナ ムジュラの仮面
スタルフォス ゼルダ無双

関連記事

親記事

ムジュラの仮面 むじゅらのかめん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スタルキッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 958873

コメント