2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

リンクル

りんくる

「リンクル」とは『ゼルダ無双ハイラルオールスターズ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 「beatmania IIDX」シリーズタイトルの一つ。→ Lincle
  2. フレッシュプリキュア」の変身アイテム。→ リンクルン
  3. 魔法つかいプリキュア!」に登場するアイテム→リンクルステッキ&リンクルストーン&リンクルスマホン
  4. Shadowverse」の登場人物。
  5. アニメ版「キョロちゃん」の登場人物。


概要


CV:小松未可子

元々は限定版に付いてる設定資料集にて、幻のボツキャラクターとして掲載されていた。

勇者リンク女の子版
リンクの妹的存在として考案された。
イメージイラストでの使用武器はボウガンやリンクと同じく片手剣と細部に渡り考案されていたが、こういう設定のキャラクターは無双シリーズではなく本編で出したいという思いから没にされた。

しかし、ファンからの多くの要望もあり3DS版である「ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」にて正式にプレイアブル化。連動で、WiiU版でも使えるようになる。

容姿はおさげが三つ編みに変わったくらいで大きな変更はないが、設定はリンクの妹ではなく小さな村に住むコッコ飼いの少女に変わった。
勇者に憧れているらしく、自分は勇者の生まれかわりと思い込んでいる(この人に似ているとか言わないように)。
武器は二丁拳銃ならぬ二丁ボウガンだが、足技も得意とするようだ(大技として回転切りならぬ「回転蹴り」を使う)。二丁なのは「二つ持てば2倍強くなる」と思っているため。

明るく元気で活発な性格をしており、人助けには余念がない。
リンクが「世界を救う勇者」ならばリンクルは「困っている人を助ける勇者」と言える。

活躍

3DS版では彼女が主人公であるシナリオ「緑衣の少女編」が追加されている。
ある日、ハイラル城の異変を察知したリンクルは、祖母から託された代々伝わるコンパスを片手に旅に出る。
だが、彼女は極度の方向音痴。地図を読み違え、すぐ近くにある案内看板に気づかず逆方向に行ってしまう事に……。

その道中にフォローネの森でスタルキッドにコンパスを奪われてしまう。コッコたちの助けを得て善戦するもムジュラの仮面の力を持つスタルキッドに翻弄されるばかり。しかしコンパスが眩く輝いたことでスタルキッドは怯み、その間隙を突くことで勝利する。もう悪さはしないと言うスタルキッドを許すリンクルだが、それはスタルキッドの演技であり逃げられてしまうのだった。コンパスはもう盗まれることがないようにペンダントのように首に掛けられることとなった。

リンクとは一度も対面していないが、リンクが不在の時に要所要所で一行のピンチを救っている。魔獣ガノンとのラストバトルの後、リンクとゼルダ姫がマスターソードを封印するためにハイラル城を離れた際、暴走したキングドドンゴ率いる魔獣の群れが襲来。先の戦いで疲弊した戦力では到底太刀打ちできるものではなかった。
勇者と王女は不在であり、異世界の仲間たちも去った後。絶望的な状況の中、駆け付けたリンクルは「もう一人の勇者」としてインパたちに助太刀する。

負傷していたハイラル隊長たちを救助し、一時的に優位に立つ。しかし魔物の王であるキングドドンゴが現れると戦況は一変。キングドドンゴには無敵防御が掛けられているためあらゆる攻撃が通じなかった。更に多数の魔物の群れが現れる。
もはやこれまでかと思われたその時、リンクルに助けられたハイラル隊長たちが態勢を立て直し劣勢を覆す。更にリンクルたちの想いに呼応するようにコンパスが光り輝き、キングドドンゴの無敵防御を無効化した。
こうしてガノンの置き土産である魔物の王は「もう一人の勇者」の手によって討ち滅ぼされたのだった。
そして力と結果を示したことでリンクルは、インパから勇者として認められた。

発表以前のデザイン

リンクルちゃん


リンクと同じく緑の三角帽子をかぶっている。

発表後のデザイン

リンクル


ひも付きコンパスが追加された。

余談

神々のトライフォースから数百年後を描いた漫画『リルトの誓い』には、田舎育ちの勇者リルトが登場する。
勇者に憧れる15歳前後の金髪少年(外見はどう見ても小学生)で、10年前に村長ドゥーが盗賊たちを瞬く間に倒したことから「皆を守れるくらい強くなる」と誓うようになる(世界を救う勇者を目指していたわけではない)。

底抜けに明るく、能天気で向こう見ずだが常に真っすぐ。幼い外見で勇者を目指していることから周囲には見くびられていたが、逆境に立ち向かう姿から「勇者」として認められていった。
リルト自身はリンクとの血縁もない一般人に過ぎないが、死線の際に驚異的な反射神経を発揮するという才能を持つ(このためマスターソードの使い手に選ばれた)。

叔父さんと二人暮らしであり、勇者を目指していることから無茶をするんじゃないかと心配されていた。
しかし最終巻では決戦に向かう際、叔父さんから「自分も昔は勇者を目指していた」と語られ、祖母(叔父さんの母親)に作ってもらった衣装を手渡された。

最終決戦の場に駆け付けるが、既に大魔王ガノンは恐怖王ハギスの裏切りによって封印された後だった(ハギスはガノンの配下だったが、自分が支配者になるためにガノンを封印して排斥した)。

ハギスは強化アイテムの力によって超人的なパワーアップを果たしており、リルトや仲間たちが束になっても敵わないほどだった。しかし仲間を守るという想いから限界を超えて食い下がり、剣ビームによって強化アイテムを破壊することでパワーダウンを引き起こさせた。
死闘の末、ガノンの置き土産である恐怖王ハギスは「勇者」によって討ち滅ぼされたのだった。

「勇者に憧れる田舎育ちで金髪の子供」「名前もリンクと似ている(リで始まる3文字)」「世界を救う勇者ではなく皆を助ける勇者」「祖母が関係した持ち物を所持している」「一般人だがそうとは思えないほどの素質を持つ」「ラストバトルのシチュエーションが『ガノンが封印された後』」「最後の敵がガノンの元配下であり『王(キング)』の肩書を持つ」「ラスボスは強化能力によってすさまじい力を発揮するが、主人公が所持品によって無効化した」「人柄と実力を示したことで勇者として認められる」
などなどリンクルとの類似点が散見される。

相違点として、リンクルはマスターソードのような伝説の武器の使い手になることはなく最後までリンクとは対面しなかったが、リルトはマスターソード以外にも強力な武具を所有しておりリンクに師事している。

関連イラスト

リンクル公式出演おめでとう!!
センシティブな作品


リンクル。
リンクル



関連動画




関連タグ

ゼルダ無双 ゼルダの伝説
リンク 没キャラ グリーンヒロイン

アリル風のタクトの登場人物。リンクの妹。
こどもリンク:またの名を時の勇者。リンクルと同じくリルトのオマージュ要素が見られる。

関連記事

親記事

ゼルダ無双 ぜるだむそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3752182

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました