ピクシブ百科事典

ムジュラの仮面

むじゅらのかめん

任天堂のゲーム作品。ゼルダの伝説シリーズ本編作品の第5作目であり、『時のオカリナ』の続編。または本作のキーアイテムである仮面の名称。
目次[非表示]

リンクが迷い込んだ世界……それは、あと3日で終わる世界。

ジャンルアクションアドベンチャー
機種
発売日
  • 2000年4月27日(64版)
  • 2009年4月7日(VC版)
  • 2015年2月14日(リメイク版)
  • 2022年2月25日(NINTENDO64NintendoSwitchOnline配信)
価格
  • 通常版:5,800円+税(64版)
  • 1,200wiiポイント(VC版)
  • 4,700円+税(リメイク版)
販売元任天堂
CERO
  • A:全年齢対象(64・VC版)
  • B:12歳以上対象(リメイク版)

概要

ゼルダの伝説シリーズの一つ。前作『時のオカリナ』のゲームシステムを使い、短期間で何かできないかというコンセプトで生み出された作品。2015年にはリメイク版がニンテンドー3DSで発売された。

前作と異なりCMやキャッチコピーなどでは怖さを前面に出しており、滅び消滅といった「」の要素が数多く織り込まれている。故にトラウマになりそうなホラー演出やショッキングなシーンも多く、黒い任天堂として名を轟かせた独特の雰囲気から今でも根強いファンは多い。

前作とシステムはほぼ同じだが、メインストーリーとは関係のない登場人物のサブイベントが数多く存在しており、タルミナに住む人々の様々な人間模様が見て取れる。なお、ストーリー的には「ハイラルの異世界」であるため、前作の登場人物のそっくりさんが多い。
3日後に滅びる運命の中で、月の落下を信じない者、可能性に賭けて避難する者、すべてを諦めた者、死にたくないと怯える者……とそれぞれの生き様が描かれ、特に今作では「時間」が重要な役割を持ち、日にちやサブイベントをクリアしているかどうかにもよって細かく変動するなど、作り込みの細かさが高く評価されている。
また『時のオカリナ』の高難易度版という立ち位置のため、ダンジョンは少ないがその分全体的な難易度が高くなっており、前作を経験していないと行き詰まる場面が多い。

なお後年に発売された『ハイラル百科』の記載で、この世界の衝撃の真実が明かされている。(後述)

ストーリー

ゼルダと共にガノンドロフの野望を未然に防ぐことでハイラルを救ったリンクは、ゼルダに時のオカリナを持ってハイラルから逃げるように告げられ、旅の終わりで別れた大切な友を探す新たな旅に出た。

その旅の途中、森の中で奇妙な仮面をかぶったスタルキッド時のオカリナと愛馬エポナを奪われてしまい、自身もスタルキッドの魔法でデクナッツの姿へと変えられてしまう。
その後、成り行きで同行する事になった妖精チャットと共にスタルキッドを追いかけた先にあった時計塔でお面屋と出会う。お面屋はリンクに元の姿に戻る方法を教える代わりに、スタルキッドに盗まれた「ムジュラの仮面」を奪回して欲しいと依頼をする。

時計塔を出ると、そこはあと3日で空の月が落ち、すべてが終わる異世界「タルミナ」だった。

キャラクター

『時のオカリナ』で登場した人物と瓜二つの容姿をもつ人物が数多く登場するが、ほとんどは全くの別人で、ハイラルとは異なる世界である事が窺える。

リンク

ムジュラの仮面


前作・本作の主人公。ハイラルを離れ、新たな旅に出ていた最中にタルミナへと迷い込んでしまい、3日後に迫る月の落下を防ぐため再び奔走することとなる。
なお、その後のリンクの行く末は…。

ゼルダ

ゼルダ姫


ハイラルのお姫様。今作では回想シーンでのみ登場。
リンクに時のオカリナと時の歌を授け、ハイラルから遠ざかるように告げる。

スタルキッド

スタルキッド


リンクから時のオカリナを、お面屋からムジュラの仮面を盗んだ小鬼。タルミナの中心街・クロックタウン上空に不気味な月を作り出し、タルミナの各地方に災害をもたらした。
とあるシーンから、前作にも登場した人物であることが窺える。

チャット

Grrr!


今作の相棒である妖精。序盤でスタルキッドや弟妖精のトレイルと離れ離れになってしまい、仕方なくリンクと共に行動することになる。
前作のナビィと比べると口が悪く強気な性格。リメイク版では若干マイルドな口調になり、追加要素のアラーム機能も相まってどちらかといえば母親のような雰囲気が濃くなった。
しかし、本当は世話焼きで弟思い。怖がりで素直になれないツンデレであり、とあるシーンやエンディングではリンクにもデレる。

お面屋

おめんや


常に不気味な笑顔を絶やさない謎の人物。ある意味今回の事件の発端。
物語序盤にスタルキッドにムジュラの仮面を盗まれており、リンクに仮面を奪回してほしいと持ち掛ける。前作の「幸せのお面屋」と同一人物かどうかは不明。
お面を被って話しかけると、被っているお面に対して簡単なコメントをしてくれる。
リメイク版発売前に公開されたニンテンドーダイレクトではフルボイスで登場し、ゲームの紹介をする傍ら、かなり腹黒い一面をのぞかせている。


ムジュラの仮面の月


みんなのトラウマ
普通の月と違い、表面に恐ろしい顔が描かれており、時間経過と共にどんどんクロックタウンに近付いてくる。
意思の無い存在だが、物語終盤では後述のラスボスに意志を与えられ、「オ…オデは食う…ぜ…ぜんぶ食う」と、世界を食らい尽くそうとする台詞を発する。
なお、開発当初は顔が付いておらず(開発スクリーンショットでも顔がないことが確認できる)、当時のパッケージイラストにただの月が描かれているのはその名残である。リメイク版パッケージでは顔付きで描かれ、グラフィックが進化したことでさらに表情が恐ろしくなっている。

ボンバーズ
クロックタウンの平和を守る子供たち。
街のあちこちから有力情報を仕入れてきてくれる頼もしい存在であり、団員には「ボンバーズ団員手帳」が配布され、色々な人達の悩みを解決することで手帳が埋まっていく。リメイク版では手帳のシステムがリニューアルされ、入手方法も大幅に変更された。
特に団員手帳は、今作の充実したサブイベントをこなすにあたって欠かせないアイテムで、イベントをクリアしていくごとにエンディングが変化する。

アンジュ

アンジュ


クロックタウンの宿屋「ナベかま亭」の看板娘。
幼馴染のカーフェイと結婚を控えているが、ひと月前からカーフェイが行方不明となっておりその身を案じている。

クリミアロマニー

また あしたね!


ロマニー牧場の当主とその妹。
ロマニーは冒頭でリンクと離れ離れになってしまったエポナを保護しており、リンクのことを服の色から「バッタ君」と呼ぶ。
姉のクリミアはアンジュと友人関係であり、カーフェイに密かに想いを寄せているらしい。
初見で3日目のロマニー牧場を訪れると、色々ショッキングな状態になっているのを目撃するのは、プレイすれば誰もが一度は通る道である。

チンクル

チンクル35歳


緑色の全身タイツに身を包んだ男性。35歳。自身を妖精だと信じている。
普段は赤い風船で空を飛んでおり、遠距離武器で撃ち落すと周辺地域の地図を売ってくれる。見た目も言動も変人そのものだが、売ってくれる地図は至って手堅く実直なつくり。
沼地に彼の父親がいるが、息子のこの強烈な個性に悩んでいる模様。

デク王デク姫

ウッドフォール


沼地に城を構えるデクナッツの王族。
デク姫がウッドフォールの神殿に向かったまま行方不明になったことから、無実のサルを誘拐犯だと早合点してお仕置きしようとする(デク姫とサル達は友達であり、デク王に捕まった仲間のサルやデク姫を救おうとリンクに助けを求める)。
サルがデク王によって熱湯責めに遭うシーンはかなりえげつない。

コウメコタケ
前作のボスツインローバと同姿同名の別人。
なお、こちらの世界の彼女たちは善良かつ親切な性格であり、沼地の観光ガイドでボートクルーズを開いたり、回復薬を販売したりしている。

ダルマーニ3世

Private Concert


ゴロン族の英雄で、ゴロンリンクのモデル。
異常気象を止めるためにスノーヘッドの神殿へ向かうが、途中の猛吹雪で崖から転落し無念の死を遂げた。

ミカウ

いやしの歌


ゾーラ族の音楽バンド「ダル・ブルー」のギタリストで、ゾーラリンクのモデル。
タマゴを産んで声を失った歌姫ルルのために、海賊に奪われてしまったタマゴを取り戻しに行くが、返り討ちにあい瀕死の重傷を負ってしまう。

イカーナ王(イゴース・ド・イカーナ)

凄いド田舎王


かつて栄えたイカーナ王国を治めていた王の幽霊。
国が滅亡しゴーストタウンと化した後も、呪いによりこの世に留まり続けている。日の光に弱く、ある事をするとコミカルな一面も見られる。

カーフェイ

Kafei


クロックタウンの町長の息子で、アンジュの婚約者。クリミアからも好意を抱かれている。
リンクがタルミナに来る一ヶ月前から行方不明になっている。

巨人

1825回目の3日間


沼・山・海・谷の各所の神殿に捕らえられている巨人。
ある条件を満たすと見ることができる絵本の中にも登場する精霊。
しかしその容姿は、あまりにインパクトが強い。

仮面

デクナッツの仮面

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面より デクナッツリンク


デクナッツリンクになれる仮面。体重が軽く、他の姿では乗れないハスの葉などに乗ることができる。
序盤でスタルキッドの呪いにより強制装備させられ、特定条件を満たすまで外すことができない。
3種類の仮面の中で元になった人物が唯一不明だが、本編やEDから行方不明中のデクナッツ城の執事の息子であることが示唆されている。

ゴロンの仮面

ゴロンリンク


ゴロンリンクになれる仮面。パワーが強いがジャンプ力は低く体重が重いものの、転がるとエポナ以上のスピードを持つ。また溶岩の上をダメージなしで歩く事ができる。
元になった人物はダルマーニ3世。

ゾーラの仮面

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面より ゾーラリンク


ゾーラリンクになれる仮面。体格は前作の大人リンクとほぼ同じで、水中移動に非常に長けている。
元になった人物はミカウ。

鬼神の仮面

鬼神リンク


とあるボス部屋でのみ装着可能。かぶると強力な力を得られる鬼神リンクに変身でき、64・VC版ではチート級の力がある。が、リメイク版ではボスの倒し方が大幅に変更されたため、一方的なワンパターン戦法は通用しなくなっている。

ムジュラの仮面

スタルキッド


本作のサブタイトルにもなっている、太古のとある部族が呪いの儀式に用いていたという不気味な仮面。
リンクが被ることはできないが、『神々のトライフォース2』や『どうぶつの森』シリーズにもアイテムや装飾品で登場しており、『ブレスオブザワイルド』にもDLCで追加された。こちらは被ると一部の魔物と敵対しなくなるという、石ころのお面と似たような効果を発揮する。

お面

本作ではお面の存在が重要であり数も多いため、一部のみを記載する。

石ころのお面
かぶると石ころ同然の存在となり、敵に気付かれにくくなる、有用性の高いお面。

巨人の仮面
魔力を消費して巨大になることができ、とあるボス部屋でのみ使用可能な特殊なお面。
リメイク版だと剣が使えず、代わりにプロレス技を決められるようになる。

バクレツのお面
ドクロマークが描かれた奇妙な仮面。
使用すると自爆が可能になりハートを使用して爆弾の効果を発動できる、上手く使えば爆弾を切らした場合の緊急手段としても応用が利く。

ギブドのお面
ミイラ男のような敵「ギブド」を模したお面。かなり精巧な作りらしくかぶると本物のギブドも仲間と間違えるため、会話が可能になる。

うさぎずきん
かぶると足が速くなり、直感力も冴える他、移動速度が上がりジャンプの飛距離も伸びる。

ポストハット
かぶると配達員とみなされ、街のポストの中にある手紙以外のアイテムをもらうことができる。

夜更かしのお面
かつて拷問にも使われていたらしいお面。かぶると眠りたくても眠れなくなる。

地方・ダンジョン

クロックタウン

冒険の拠点となる街。中心部に建つ巨大な時計塔が特徴。

ミルクロード

ロマニー牧場への道がある。途中は巨大な岩が通行止めをしているため、大バクダンがない場合は3日目に来ることになる。

ウッドフォール地方(沼)

スタルキッドによって毒水が流れ出た、密林に囲まれた沼地域。奥地にはデクナッツの王国である「デクナッツの城」がある。
ウッドフォールの神殿のボス「密林仮面戦士オドルワ」を倒すと湖が浄化され、水に入ってもダメージを受けなくなる。

スノーヘッド地方(山)

雪と氷で埋もれていており、ふもとには剣を鍛える「鍛冶屋」、奥地にはゴロン族の里がある。
スノーヘッドの神殿のボス「仮面機械獣ゴート」を倒すと雪が溶けて隠し通路が通行可能になり、ある場所ではレースをすることができるようになる。

グレートベイ地方(海)

ゾーラ族の住処がある海岸地帯で、種族の垣根を越えた人気バンド「ダル・ブルー」の拠点。グレートベイの神殿に起きた異変の影響で濃霧が発生している。
沖合には研究所があり、向かって右手に進むと「海賊の砦」、左手の崖の上に登るとビーバーと長い渓流をレースをすることができる。なお、研究所はかの乱闘ゲームのステージにも抜擢されている。グレートベイの神殿のボス「巨大仮面魚グヨーグ」を倒すと濃霧を晴らすことが可能。

イカーナ地方(谷)

かつて渓谷に築かれ、大昔に栄えた王国の跡地。現在は荒れ果てており、「井戸の下」「イカーナ古城」「オルゴールハウス」はホラーとショッキング要素だらけのみんなのトラウマ
スタルキッドの手によって常に厚い雲に覆われ、町中に幽霊やモンスターが徘徊しているため住んでいる人は極僅かだが、元凶となっている「ロックビルの神殿」のボス「大型仮面虫ツインモルド」を倒すと解放が可能。

関連動画




関連イラスト

ムジュラの仮面
Majora's Mask


そこは、あと3日で終わる 世界でした
めおとのお面イベント



関連タグ

ゼルダの伝説 時のオカリナ ムジュラの仮面
仮面 ループもの

外部リンク

公式サイト
3DS版公式サイト
当時のゲーム誌「64DREAM」

ネタバレ
































「確かに、力を使うには…荷が大きすぎたようだ…」








「使えない道具は…タダのゴミでしかない…」







昔描いた絵2


この者の役目は、もう終わった…」

















【ムジュラの仮面】

鬼ごっこ


本作のラスボスで、月を落とそうとする張本人。仮面をかぶったスタルキッドに自身の力を使わせ、タルミナに不気味な月を作り出す。更にはスタルキッドの友人であった巨人たちに仮面を被せて封印し、各地方に異変をもたらしていた。
リンクが呼び出した4人の巨人たちに月を止められた際、スタルキッドを「ゴミ」呼ばわりして本性を露わにし、月に入り込んで全てを飲み込もうとする。
ムジュラの仮面との直接対決では、「ムジュラの仮面」「ムジュラの化身」「ムジュラの魔人」の3形態と戦うことになる。


月の中

ムジュラの仮面


恐ろしい外見とは打って変わって、内部は青空と平原、一本の樹が佇む平和的な空間が広がっている。

木の周りを走り回るボス達の亡骸を被った子供たちに話しかけるとお面を要求され、決まった数渡すと“かくれんぼ”が始まる。最後に、樹の根元に座ったムジュラの仮面をつけた子供に話しかけると“鬼ごっこ”と称し、ラスボス戦が始まる。

ただし逃げるのは鬼の方で、追い詰めるのはムジュラのほうである。
だが実際の結果は逆になり、リンクによってムジュラは倒され、仮面はお面屋によって回収された。


漫画版

姫川版では、スタルキッドは寂しさから暴走していたという設定となっている。

自分の望みを叶えてくれるムジュラの仮面を「オイラの一番の友達」と呼んでいたが、月の落下を阻止されるとムジュラの仮面は本性を現し、「バーカめ! クク…、一番の友達だって!? 笑わせるな、誰が、お前みたいな、ゴミと!!」と罵倒してから地面に叩きつけ、光線を放って殺そうとする。ムジュラの仮面は「鬼ごっこ」のつもりでリンクに鬼神の仮面を渡して戦うが、鬼神となったリンクの前には手も足も出ず終始圧倒されていた。最後はリンクの「遊びは終わりだ」の言葉と共に剣の一閃により倒された。

その後ムジュラの仮面はどこからともなく現れたお面屋に回収される。その際に不審な態度を見せるお面屋に向けてリンクは剣を振るい、「消えろ!小悪党」と言い放つ。お面屋が去った後、ようやくリンクは怒りを解き鬼神の仮面を取り外したのだった。

なお、月の内部は「ムジュラの仮面の精神世界」であると語られている。ムジュラの仮面にとってすべてが遊びの世界であり、月もムジュラの欲望の表れという解釈がされている。
また巻末のオマケ漫画には、ムジュラの仮面が誕生するまでを描いたオリジナルストーリーが掲載されている。


ハイラル百科で明かされた衝撃の真実

実はタルミナの世界は、スタルキッドの記憶や妄想がムジュラの仮面の魔力によって生み出された幻の世界であり、そもそもタルミナという異世界は存在しないのである。

チャットの回想シーンで、スタルキッドやトレイルと共に遊んだり、平原の樹に落書きをしたりしたシーンも、元の世界であった出来事や場所をそのままコピーして反映した可能性が高い。
巨人についても、本来はスタルキッドと古くからの友であった光の精霊であったようだ。しかし、その精霊が役目のために自分の元から去ってしまうことに悲しみ、裏切られたと思ったスタルキッドがムジュラの仮面を手にした結果、タルミナが形成され精霊たちもその中に巨人という役割で取り込まれてしまったとされる。

一方で、お面屋の言っていた「3日以内に取り戻さないと大変なことになる」とはどういう意味だったのかは不明である。
スタルキッドの命を重く見ていたのか?それともタルミナがムジュラの仮面により破壊されると現実世界でもその影響が出てしまうのか?後者の場合は、お面屋が何らかの力によりタルミナという空間にムジュラの仮面とその力を隔離している……という風にも取れる。

そのため、リンクが去った後のタルミナは消滅しており、本作は「月の落下によって滅びる世界を救う」のではなく、「邪悪な仮面を付けてしまったスタルキッドを、心の闇から救い出す」「別れという事実に停滞した心を未来へと進ませる」物語であるとも言える。

注意

ただし、「ハイラル百科」での設定が事実だとすると一部の描写と矛盾する点も生まれてしまうことや、この設定が初めて記載された「ハイラル百科」もムジュラの仮面という作品が発売されてから20年近く経ってから発売されていることなどの理由から、後付け設定だとこの設定を疑問視する人も存在するらしい(「ハイラル百科」は公式から発売された資料である)。
そもそもゼルダの伝説は任天堂屈指のロングシリーズであり、その中で設定が後から付け足されたり、変更されること自体は何も不自然なことではなく、「ハイラルヒストリア」というハイラル百科より以前に発売された設定資料集にも「ここに書かれている設定もいつか変更される可能性がある」という旨の記載があったりする。(実際、ゼルダ史におけるふしぎの木の実の位置付けなどの設定が公式から変更されている。)
つまり、絶対にこうだ!という設定もあまり多くはないと言える。

だから、この設定もあくまで現時点での公式の見解であり絶対ではないということは頭の隅に置いておいた方が良いかもしれない。

関連記事

親記事

時のオカリナ ときのおかりな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ムジュラの仮面」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ムジュラの仮面」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14447831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました