ピクシブ百科事典

エポナ

えぽな

エポナとは『ゼルダの伝説』シリーズに登場する馬の名前である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

カードファイト!!ヴァンガードに登場するユニット幸運の運び手エポナ

概要

詳細はシリーズごとに異なるが、外見はいずれも、鮮やかな栗色の毛に白いたてがみと尾が美しい、尾花栗毛の牝馬である。品種のモデルはヨーロッパ原産のクライスデール種とされる。

リンク



初出は『ゼルダの伝説 時のオカリナ』。主人公リンクの騎乗する馬の名前として登場、ハイラル王国一の駿馬として描かれた。
初めはロンロン牧場で飼育されている仔馬であり、牧場の一人娘マロンに可愛がられ、まだリンクが乗ることは出来ないが、7年の時を経ると立派な一頭の馬へと成長している。
その名馬ぶりから、7年後に牧場主のタロンを追い出して新たな牧場主となっているインゴーによってガノンドロフへと献上されそうになっていた。
馬による賭けレースも商売として行っていたインゴーであるが、エポナに乗ったリンクに敗北。
インゴーにはエポナを手懐け、乗りこなしていることが信じられなかった。
それもそのはず、エポナは幼い頃からマロンが歌い続けてくれた「エポナの歌」を知っている特定の人物以外には決して懐くことのない暴れ馬であったからである。
リンクは7年前、牧場の娘であるマロンからエポナの歌を教わっていたためにエポナを乗りこなすことが出来ていた。
逆上したインゴーはエポナを賭けたレースの再戦を申し込んだが、これにも敗北。
こうしてエポナはリンクの馬として活躍するようになった。
以降インゴーも大人しくなって牧場は再び平和になり、マロンら牧場関係者も、エポナがリンクに乗って貰えることを喜んでいる。

続編である「ムジュラの仮面」にも登場。
前述のエポナは時のオカリナでの「7年後の世界」でロンロン牧場から譲り受けたものだが、
こちらは「7年前の世界」でロンロン牧場から借りた仔馬であり、仔馬の姿のまま騎乗できる。
ゲーム序盤にてリンクとはぐれてしまい、ロマニー牧場で保護されているところへ再開する。
それ以降エポナは、『ゼルダの伝説』シリーズにおいて代々主人公リンクの愛馬の名前として登場するようになった。
登場する馬に決まった名前がつけられていない場合も「エポナ」と呼び習わされる。

ちなみに、トワイライトプリンセスではリンクの幼馴染であるイリアがエポナについてメスである旨を発言しており、ケモノリンクでエポナに話しかけると女性の口調で話していることが分かる。
他の作品に登場するエポナもメスであるかどうかは明言されていない。「エポナ」という名前はケルト神話、ローマ神話における、ロバラバなどの女神に付けられる名前で、レ・ミゼラブルの準ヒロインエポニーヌの語源であるため、メスであると見なすのが妥当であろう。

登場作品

時のオカリナ
ムジュラの仮面
トワイライトプリンセス

ゼルダ無双
モンスターハンターストーリーズ - モデリングはキリンのものを流用している。

関連イラスト

愛馬と共に
エポナとマロン


朝もや
リンク


牧場のかほり


緑の人気者 ×3 +α
祝



関連タグ


ゼルダの伝説

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「エポナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311207

コメント