ピクシブ百科事典

ゲーム『ファイアーエムブレムif』のキャラクターについてはエポニーヌ(FEif)を参照

概要

『レ・ミゼラブル』に登場する少女。テナルディエ夫婦の長女で、幼い頃は幸せに暮らし、両親に倣ってコゼットをいじめていたが、家が破産すると共に人生が狂い始める。あばら家に暮らし、食うも困る生活を送るようになり、外見もすっかり窶れはて老婆のようになる。
隣室に住む学生革命家のマリユスに恋をするが、マリユスは醜く教養もない彼女に見向きもせず(というより友達扱いという一番傷つくパターン)、コゼットに恋をする。それでも想いを断ち切れず、コゼットを襲おうとする父を体を張って止め、ついにはマリユスのいるバリケードに男装して忍び込み、彼が銃を向けられるとその身を銃口に投げ出して彼をかばった。結果的に彼女が被弾し、彼の腕の中で17年の短い生涯を閉じた。

私が死んだら、額にキスするって約束して…私には、それが分かるから。

ミュージカル

原作では教養がなく下品な面もあり、嫉妬心も持ち合わせているが、ミュージカル化にあたって彼女は大幅に美化された。マリユスを一途に想ういじらしい少女として描かれ、ビッグナンバー※「On my own」は観客の心を揺さぶる神曲である。このミュージカルのためにエポニーヌの人気は急上昇し、本来ヒロインであったコゼットを超える勢いの人気を獲得するに至っている。
舞台では大きな茶色いコートと帽子がトレードマーク。

※ミュージカルにおいての元ネタであるフランス版では、恋敵であるコゼットの母親ファンティーヌが別歌詞で歌っていたが、イギリスに渡った際に舞台全体がアレンジされ、その一環として彼女にこの曲が割り振られた。その結果、ファンティーヌ最大の見せ場となったのが、スーザン・ボイルの名を世界に知らしめた「I Dreamed a Dream/夢破れて」である

関連記事

親記事

レ・ミゼラブル れみぜらぶる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エポニーヌ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エポニーヌ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1164017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました