ピクシブ百科事典

バルジャン

ばるじゃん

『レ・ミゼラブル』の主人公。

1769年、ファブロールの貧しい百姓の息子として誕生。両親は幼い頃に亡くなり、年上の姉に引き取られたのちは彼女の子供たちを力仕事で養う日々が続く。

1795年、パンを一つ盗み懲役五年を宣告される。翌年トゥーロンの徒刑場に収監されるが、脱獄を繰り返し、刑期が延びる。

1815年、19年間の強制労働を終え釈放。前科者としての不当な扱いにやさぐれ、一晩の宿を貸してくれたミリエル司教の持ち物である銀食器を盗むが、窃盗の罪を赦され銀の燭台を渡されたことにより改心。

1823年、「マドレーヌ」を名乗りモントルイユ・シュール・メールの町の市長として民から人望を得る。しかしジャベールから「ジャン・バルジャンが捕えられた」と聞き、無実の人間を自分の身代わりにすることに耐えられず裁判所で犯罪者であることを自首、市長としての化けの皮が剥がれて以後ジャベールに追われることとなる。この年、自らの経営していた工場を解雇され娼婦に身を落としたファンティーヌに娘コゼットを託され、彼女を残虐な里親テナルディエ夫妻から救いだし、養女とする。

1824年、刑事ジャベールに追われ、コゼットと共に修道院に逃げ込む。市長時代に命を救ったフォーシュルバンと運命的な再会を果たし、修道院内で庭師として匿ってもらうことに成功する。コゼットは修道院で教育を受け、貞淑な美少女に成長する。二人は五年ほどここで暮らした。

1832年、コゼットがマリユスと恋に堕ちる。バルジャン自身は再び身の危険を感じイギリスに逃亡しようとしていたが、二人を引き離すことはできないと、マリユスのいるバリケードへ向かい暴動に身を投じる。重傷を負ったマリユスを、下水道を渡るという方法でなんとか助け出す。

1833年、コゼットとマリユス結婚。前科者である自分の存在は彼らの生活の汚点になると、過去をマリユスのみに明かして二人の前から姿を消す。コゼットに会えない空しさと彼を悪人と誤解したマリユスの精神的虐待によって心身共に衰弱したが、のちにマリユスの誤解は解ける。しかし二人が駆けつけてきたのは、彼の死の床だった。享年64歳。

人並み外れた怪力と、獄中で身につけた数多の技術(「垂直に近い壁を登る」「縄を抜ける」などほとんどスパイ・アクションじみている)を持ち、この特技で様々な危機を乗り切っている。
その一方で、その稀有な怪力はジャベール刑事に目をつけられるきっかけともなってしまった。

バルジャンを演じた俳優

pixivに投稿された作品 pixivで「バルジャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75669

コメント