ピクシブ百科事典

インパ

いんぱ

インパとは、ゼルダの伝説シリーズの登場人物。王家の守り手。複数のシリーズに同名の人物が登場する。
目次[非表示]

概要

ゼルダの伝説のシリーズに登場するお馴染のキャラクターで、トライフォースの伝説を語り継ぐ存在。

作品によって老婆の姿であったり若い女性であったりと風貌に関しては一定していないものの、基本的にゼルダ姫乳母、または護衛役であること・シーカー族との関わりが深いこと・(「賢者」の設定がある作品では)七人の賢者の一人であることが共通している。
また、一部の作品では武術の心得がある人物として描写されている。

Pixivにおいては『厄災の黙示録』発売以降こちらのインパ(通称「若インパ」)を題材とした作品が多数ヒットする。

作品ごとにおける特徴

初代ゼルダの伝説リンクの冒険

【ゼルダの伝説】リンクの冒険


(イラスト左側の女性。「リンクの冒険」のイラストがモチーフとなっている)
ゼルダ姫の乳母の老婆。茶髪で鷲鼻でフード付きのローブを着ているなど占い師や魔術師のような見た目をしている。リンクの冒険では白髪になり、ローブを着ているがフードはない。
魔物に襲われていた時に助けてくれた旅人リンクに、王国がガノンに襲われたことを伝える。更にであるゼルダが、ガノンの手に落ちる前に知恵のトライフォースを分けたことも語った。
また、続くリンクの冒険では、初代ゼルダ姫の伝説と、力と知恵だけになり不完全だったトライフォースの最後の一片、勇気のトライフォースの封印を解く術をリンクへと伝えた。

乱丸版ゼルダの伝説ではゼルダと共にガノンに囚われていたが、ゼルダの手引きにより敵地から脱出。魔物たちに追いつかれたところを旅人リンクに助けられ、ガノンやゼルダのことを語り、衰弱死してしまう。

こばやし将版でもリンクに助けられた後に同様の経緯で息を引き取っている。

未将崎雄版では若い女性として登場。16代目ゼルダから仕えており、16代目がガノンに殺されてからは17代目(16代目の娘)に仕えるようになる。リンクとゼルダ(17代目)の関係を知っており、ゼルダに仕える一方で密かにリンクを見守っていた。このためリンクには「お母さん」として慕われている。雰囲気的には保育園や幼稚園の先生に近い。
シリーズで初めて登場した「若いインパ」である。

時のオカリナ

インパ


CV:瀧本富士子
ゼルダ姫の乳母。銀髪で髪を結んでいるのが特徴。
統一戦争終結と同時に姿を消したシーカー族で唯一、表舞台に姿を見せるシーカー族の族長。
闇の神殿を守る闇の賢者でもあり、井戸の底に闇の魔物ボンゴボンゴを封印していた。
貧しい者達のため 元々シーカー族の村だったカカリコ村を開放しており、カカリコ村にはインパの屋敷とともに、代々シーカー族が守り続けてきた王家の墓もある。
イベントにしか登場せず、大人時代では復活したボンゴボンゴを倒すべく単身闇の神殿に乗り込み消息不明となってしまう。ボンゴボンゴがリンクに倒された後、闇の賢者として覚醒する。

姫川版ではゼルダ姫と共に姿をくらました後、カカリコ村を拠点としていた。当初は大人リンクを人に化けた魔物と見て襲い掛かるが、マスターソードを持っていることに気づくと村へと迎え入れた。ガノンドロフへの怒りからロクな食料も持たず冒険に出たリンクを叱咤し、リンクから修行を申し込まれた時は師として手合わせをした。リンクが歯が立たないほどの実力を見せ、一瞬で高所まで昇る歩行術で翻弄していた。直後、井戸から現れたダークリンクとの戦いではリンクにアドバイスを送り、見事勝利に導いた。その後、成人の証としてリンクの耳にリングを装飾した(本来はシーカー族の儀式だがリンクが希望したため執り行った)。
ゼルダ姫の居場所は知っているが「今はまだ言えない」として口を開くことはなかった。
なお、リンクが最終決戦に向かう頃にはいつの間にか闇の賢者として覚醒していた。このためボンゴボンゴとの戦いはなく、代わりにダークリンクがその役を担った(井戸から登場するというシチュがボンゴボンゴと同じ)。
実はゼルダ姫に催眠術を掛け、「ハイラル王家に裏切られたシーカー族」という偽りの人格を形成していた。そうやって素性を隠すことでガノンドロフの懐(部下)という最も安全な場所に保護させたのだった。この設定のためシークは敵側の人間としてリンクを罠に掛けたり、殴り倒したりしていた。

ふしぎの木の実
ゼルダの乳母。ふくよかな体型をしている。
王家の特命によりホロドラム、ラブレンヌの二人の巫女の警護を受け、それぞれの地方へ出向いている。ホロドラムでは旅芸人一座に加わりディンの保護を行おうとした。ラブレンヌではネールに接触しようとしていたがベランに憑依され、リンクを騙すのに利用されてしまった。

姫川版ではゲームより登場が増えている。ただし原典と同じくストーリーには殆ど絡んで来ない。時空の章では、賭け試合に参加したリンクを見咎め、商品の牛を両手で持ち上げて激怒していた。しかし牛は実家の祖母に送るために手に入れたものと知ると、家族思いだと見直している。

余談だが乱丸版「リンクの冒険」には「ワンパ」という、ふくよかな使用人が登場する。物語終盤では黒幕が化けた偽物が登場し、トライフォースを奪うべくリンクたちに接近した。
「ふくよかな見た目」「黒幕に存在を利用される」という点が類似している。

トワイライトプリンセス
この作品ではインパ自体は登場しないが、忘れられた里に一人住む老婆「インパル」が、忘れられた里はかつて王家に仕えた一族の隠れ里であったこと、自身の名前は村を作った偉い御方からとったものであると話している。
ちなみに初期の設定では「インパじいさん」という名前の老爺であったことが明かされている。

スカイウォードソード

spoiler! impa skyward sword!


CV:下田レイ
女神に遣わされたシーカー族の女戦士。全体が短く、一房だけ長い三つ編みに垂らした黄色の髪に、褐色の肌が特徴。額にシーカー族のマークを模した目の紋様がある。
地上に落ちたゼルダを救出し、共に行動している。ゼルダの身を案じ、使命を重んじるあまり、リンクに対して厳しい言葉を投げかけることもしばしば。
エンディングで意外な事実を知ることになるが、そこは
ミンナニハ ナイショ なのである。

神々のトライフォース2
老婆の姿で登場しており、やはり七人の賢者の一人。
見た目の頑固そうなイメージと違って優しい人物であり、城を訪ねたリンクの話をしっかりと聞き、ゼルダ姫との面会を取り次いでくれる。
他の賢者たちと同じくゼルダ姫を守ること叶わず絵画にされてしまい、魔王ガノンの復活に利用される。
ちなみに、プロデューサーの青沼英二は『神トラ2』で好きなキャラとして彼女の名前を挙げている。

ゼルダ無双

ゼルダ姫を守るために









CV:長尾明希
ハイラル王国の親衛隊長。ゼルダ姫の護衛兼側近係。ハイラル王家を影で支えてきた一族の長でもある。
王家とゼルダ姫の為に、自己を捨てて尽くそうとする忠義心篤い人物。リンクの勇気と実力を見込み、かつて勇者が着ていたという緑衣を授け、行動を共にする。目で見たものは信じる反面、素性の知れないシークを疑ったり、リンクにマスターソードが引き抜けるのかと疑問に思うなど、目に見えないものは信じようとしない。
緑衣の少女編ではガノンとの決戦後、疲弊していた戦力でガノンの残党の魔物たちと戦うことに。勇者と姫が不在の中、駆け付けたもう一人の勇者と共に魔物の王キングドドンゴと戦い抜いた。戦闘後は勇者を名乗ったリンクルを認めている。
容姿としては、銀髪に浅黒いような肌の色で、左目付近に特徴的なタトゥーをしているのが特徴。『時のオカリナ』および『スカイウォードソード』のインパを合わせたような印象である。
後のアップデートで彼女が見たり知ったりしたら気絶しかねないキャが追加されている。
ゼルダ姫を操作している時にインパがピンチになると、恥を忍んで助けを求めて来る。

ブレスオブザワイルド

Impa


CV:津田匠子
100歳を超える老婆として登場。カカリコ村の長として訪ねてきたリンクにハイラル王国の歴史とこれから行くべき道を示してくれる。
親族に姉で古代文明研究者のプルア、孫娘にパーヤがいる。100年前のハイラル王国時代においては王国の執政補佐官を務めており、姉の暴走を抑えていた模様。
作中で明確な描写はないもののゼルダとはかなり親しかったらしく、ゼルダが今も独り荒廃したハイラル城の中でガノンを封印し続けている事に、100年間無力感や罪悪感でずっと心を痛めていた。それ故にパーヤはリンクが来た時に「あんなに嬉しそうな祖母をはじめて見た」と日記に感想を綴っている。
本作ではインパ以外にもシーカー族が複数登場しており、全員白っぽい髪に濃い赤茶色の瞳、やや褐色がかった肌が特徴である。
なお、夫やパーヤの親にあたる子供の存在については不明。

厄災の黙示録

100年前のインパさま


CV:藤田茜
プレイアブルキャラとして登場。100年前のハイラルの執政補佐官であり、リンクの騎士就任以前からのゼルダの護衛役兼、王立研究所に勤めるプルアのお目付け役のような立ち位置となっている。
容姿は孫娘のパーヤととてもよく似ており、さすがに血縁といったところ。
小刀を使った攻撃に加え、分身の術を使って戦う。また、攻撃の際には札が舞っており、ある一族との関係を印象付けるものとなっている。
詳しくは若インパの項目を確認。

小ネタ

  • 時代や年代が異なりながら毎回のように緑衣の勇者リンクが現れては魔王ガノンから封印の力を持つゼルダ姫を救うというお決まりのパターンについては、大体の作品で「生まれ変わり」「(王家の)子孫」など、ある程度納得いく形で理由付けされているが、インパについては特に理由付けをされていない。
  • 『時のオカリナ』では村を開放してもらったカカリコ村の人々からは感謝を込めて「インパ様」と呼ばれ親しまれているが、王国の兵士からは「インパ」と呼び捨てにされている。他の作品でも「様」づけされていることがあるが、王国内での身分がよくわからない。
  • シーカー族は「王家の下僕」とインパ自身も語っており、臣下ではなくあえて聞こえの悪い下僕という表現を用いる理由はその身を慎んでのことか、或いは王家との複雑な関係を指し示しているのか、その辺りはいまいちはっきりとしない。


関連イラスト

インパ
センシティブな作品



関連タグ

ゼルダの伝説
シーカー族 ゼルダ姫 シーク
乳母 女戦士

関連記事

親記事

シーカー族 しーかーぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「インパ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「インパ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3345946

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました