ピクシブ百科事典

ユガ

ゆが

ユガとは「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」に登場するキャラクター
目次[非表示]

概要


神々のトライフォース2」の悪役。

ロウラルの司祭。この世の美しいものを求めてやまない者。
人間や魔物を絵画に変える能力を持ち、自身も自由に壁画になれる。その絵柄は独特。
七賢者の末裔やゼルダ姫を次々と絵に変え、魔王ガノンの復活及び自身への吸収を目論む。
かなりの自信家で美意識が高く、七賢者やゼルダ、そしてそれらを描いた自分の絵を「美しい」と評す一方で、リンクをはじめとするそれ以外の人間を「美しくない壁絵の落書き」と罵る。
(しかし、絵に変えた人物たちの画風はというと…)

リンクとは第1ダンジョンの「東の神殿」、「ハイラル城」、そしてラストの「ロウラル城」で計3回戦う。
ある程度ダメージを与えると、必ず湯気を立てて地団駄を踏む。


また、彼の戦闘BGMには歌詞のある歌がついている。

自分の作品を過大に評価したり、自分のテーマソングを口遊むなど、その性格や言動でギラヒムを連想した人も多いだろう。

名前の由来は油画(油絵のこと)の音読み「ユガ」からきている。

ゼルダ無双ハイラルオールスターズ」ではダウンロードコンテンツとして登場。「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2パック」のダウンロードで使用可能になる。使用武器は額ぶち。

そのユガと名乗る「男」


中性的な顔立ちや派手な化粧から、女性だと思っていたプレイヤーも少なくないらしい。ラヴィオやサハスラーラによって真実を知ることとなる。

関連イラスト

スライディング良い年越しを!



関連タグ

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2










※以下、神トラ2のネタバレ注意。




実は、ロウラルの王女ヒルダの家来であり、ロウラルを救うためにハイラルに派遣され、今回の事件を起こした。
そして、七賢者の末裔やゼルダ姫を次々と絵に変え、魔王ガノンを復活させた後、彼と融合しガノンそっくりの姿になった。
その直後芝居の為か、ヒルダに封印されるがラストでリンクから勇気のトライフォースを奪うべくヒルダに召喚された。
しかし当の彼は、ロウラルの事はどうでもよかった。
彼の真の目的は、トライフォースを完成させ、この世の全てを自分の作品に作り替えること。
本作のラストボスであり、ヒルダを裏切りゼルダから手に入れた知恵のトライフォースもろとも吸収、リンクの勇気のトライフォースを奪おうと再度襲い掛かる。
だが、ゼルダの助力で光の弓矢を得たリンクの活躍で倒された。
(生死は不明だが、これまでの七賢者発言から、ガノンともども封印されたと思われる)

ゼルダシリーズでは珍しく、主君を裏切ってラスボスになるキャラである。


全ての元凶?(更なるネタバレ)


彼を倒した後、ロウラルの聖地で、ヒルダの口からある経緯を聞かされる。
それは、彼が聖地の奥地にあるハイラルの入り口を見つけ、その向こう側にトライフォースがあることを知って、ハイラルのトライフォースを奪おうと企てたというものである。
つまり、今回の事件は彼がハイラルの入り口を発見したことにより、始まったと言っていいだろう。

しかし、話しはそれだけでは終わらない。

それはハードモードで追加される、ラヴィオの日記の二日目の内容である。
そのページには、ヒルダが何者かに騙されていたことを示唆する内容が書かれている。
ヒルダが関わった人物は極めて限られている。
その限られた人物の中で、彼女を騙す動機がありそうな人物は、ハイラルの入り口を真っ先に見つけた彼以外に考えられない。
(後のゼルダ無双シアのように、ガノンがそそのかしたとも考えられるが、作中台詞が一つもなく、何処まで自分の意思をもって動いていたのか不明確な点が多い。)

彼は、物語りが始まる前から、既にヒルダを裏切っていたのかもしれない…

pixivに投稿された作品 pixivで「ユガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83016

コメント