ピクシブ百科事典

アグニム

あぐにむ

アグニムとは、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の登場人物。
目次[非表示]

ホッホッホ、よくぞここまで参られました、リンク殿。
もう1度お会いできてわたくし、とてもうれしゅうございます。
しかし、3度目はないと、思い知りなさいっ!

概要

ハイラル王国の司祭。ハイラルに原因不明の災害が続いたある時、突如として彗星のごとく現れ、その強大な魔力で瞬く間に災いを鎮め、七賢者の再来とまでウワサされた男。その正体は、かつて七賢者により闇の世界に封印された魔王ガノンの分身。「魔族」を自称し、伝説の勇者としてマスターソードを手に入れたリンクと対峙する。作中では中盤と終盤(ラスボス前)の2度対戦することになる。

聖地の封印を解いて魔族の世を招くため、闇の世界と光の世界をつなげることを目論み、先の活躍で民衆の心を掌握した彼は、ハイラル王の信頼を手に入れ、国政を預かりハイラルへの影響力を強める一方、国王を暗殺。さらには国の兵士たちを魔術で操り、人知れず王国の実権を握るとともに七賢者の子孫に懸賞金を掛け、ゼルダを含む七賢者の子孫の娘たちを聖地解放の生贄とした。

光の世界で滅ぼした後も、闇の世界で最終ダンジョンのボスとして再び登場するなど往生際が悪く、リンクが現れるのを待ってからゼルダの生贄の儀式を始めるなど人道に外れた黒い心を持つ。
説明書では赤い服だが、ゲームでは白に近い色となっている。

劇中では「ガノンの分身」と言われているが、決着後の描写を見るに「アグニムという人間にガノンが憑依していた」ように思えなくもない(倒した後、アグニムの死体からガノンが抜け出して飛び去るため)。これを踏まえてか後述の漫画版は「アグニムは人間であり、何かしらの理由でガノンに協力している」という設定である。

漫画版

田口順子版

全1巻。
アグニムの衣装から素顔までゲームとはまったく異なっており、黒人風の肌をした三十路前後の美男子となっている。背景設定も「妻の病気を治すべくトライフォースの力を得るためガノンに協力している」というもの。ゲームとは違い根っからの悪人ではなく、ガノンから魔力を供給されているが分身というわけではない。敬語は使うがゲームのようないやらしいものではなく、理知的なものとなっている。
役回り自体はゲームと同じで、七賢者たちの末裔を次々と捕らえガノンの元へ送り込んだ。ゼルダ姫も確保するが妻は病死してしまい、アグニムはトライフォースに一縷の望みをかけて最後までガノンに協力することに。ゼルダ姫をガノンへの生贄に捧げた直後、助けに来たリンクと死闘を繰り広げる。実力的にはアグニムに分があったが、マスターソードの力で魔法が吸収されたため手詰まりとなる。吸収された魔力を放たれた瞬間、ガノンの魔力供給が断たれバリアが消滅してしまう。ガノンに見限られたと気づいた時には時すでに遅く、自身の魔力をまともに浴びて消滅・死亡した。
後にガノンの口から真実を知ったリンクにより、トライフォースの願いで生き返る対象にされたが、「これだけの罪を犯しておきながら生き返るわけにはいかない」と拒否した。
ちなみに「ガノンに力を与えられ先兵となるが用済みとなった途端に処刑される」というのは『厄災の黙示録』のアストルと共通している。これは後述の姫川版でも同様。

かぢばあたる版

全3巻。
外見はゲーム準拠だが敬語を使っていたのは最初だけで、以降は悪役を前面に押し出した尊大なものとなっている。
当初は人々を救っては信望を集めていたが、裏では七賢者の末裔たちを拉致していた。これに勘付いたのがリンクの伯父ザンジと騎士団長アルジュナであった。ゼルダ姫の寝所を訪れようとしたところで二人に阻まれ、これを打ち倒す。ザンジを殺害しアルジュナにも重傷を負わせた。しかし魔力を使い果たしたためリンクには苦戦を感じ、「ゼルダ姫は既に手中に収めた」とウソを吐くことで彼を寝所に突撃させ、賊として兵士たちに始末させようとした。
一度は逃げられるが、魔法によってゼルダ姫の潜伏先を調べ、奪取に成功。用済みとなった国王を殺そうとしたが、マスターソードを手にしたリンクによって阻まれる。直後の決戦では「光術擒拿網(こうじゅつさんだもう)」という拘束魔法で動きを封じ、その間にゼルダ姫をガノンの元へと送り込んだ。だがリンクの気合によって破られ、一対一の死闘を演じる。戦闘では格闘技の構えを見せたり、素早い動きでリンクを翻弄するという技量を見せた(攻撃が当たらないというゲーム内の設定を反映したもの)。死角に回り込むと伯父を殺した魔法弾でリンクを葬ろうとしたが、マスタソードに跳ね返されて自分が消滅するという皮肉な結末となった。だが死の直前、最後の力を振り絞ってリンク、ラスカ、アルジュナを闇の世界へと引きずり込んだ。
そして物語終盤、ガノンの塔にてリンクたちの前に再びアグニムが立ちはだかる。実は上記の『アグニム』はゴーレムドライバーという技術で動くレプリカモンスターであり、闇の世界にいるアグニムこそオリジナルであった。
リンクの仲間であるカニカ(オリキャラ)を人質に取り、マスタソードを手放させる。更には自身を模した二体のレプリカを用いて戦力を固め、圧倒的優位に立った。だがカニカの反撃によってレプリカモンスターの制御装置を破壊されてしまう。アグニムはカニカの胸を魔法で貫き致命傷を与えるが、直後、激昂したリンクによって自らも胸を貫かれ、カニカと同様の最期を迎えた。
だがアグニムが死んだ直後、ガノンの封印に乱れが起こり、リンクたちは戦力増強のため一旦ハイラルまで退却するという運びとなった。
この話ではガノンの分身というゲーム内設定が反映された様子はなく、元々ガノンの部下だったようである。闇の世界の魔物たちもガノンの部下が変異したものとされている。

姫川明版

全1巻。
口調や外見は原作に近いが独自設定が多く、リンクとは深い因縁の持ち主となった。
災いを沈めて国王の信頼を得るところまではゲームと同様だが、入城した途端本性を現し、権力を振りかざすようになった。ハイラル王から退去を命じられた時は、ゼルダ姫が見ている前で国王を消滅させた。そして権力を掌握すると次々と七賢者たちの末裔を捕らえて儀式の生贄にした。
初登場シーンではリンクのおじさんを、リンクの目の前で刺殺。倒れたおじさんはリンクに向けて「アグニムを倒せ」と言葉を遺して息を引き取った。この時、魔法は使わず剣のみで勝った様子なので剣技もなかなかのものと思われる。
リンクがゼルダ姫を助けに来たと気づくと魔術で使役した鎧兵士(実は魔物)をけしかける。ゼルダ姫が救出されると魔物兵士を動かした後、自らも捜索に赴き、教会にいたゼルダ姫を拉致。刃向かってきたリンクに手傷を負わされるが反撃して打ち倒した。
その後、リンクを「ゼルダ姫をかどわかした罪人」としてお尋ね者にするが、これは「マスターソードが恐ろしいから」とリンクは推測している。

中盤ではリンクと直接対決となり、マスターソードの力で魔法を跳ね返されて追い詰められる。しかし闇の世界の封印を解き、その場が崩壊したため決着はつかずじまいとなった。アグニムとの戦闘はこれ以降ない

終盤ではカメイワにてリンクを迎え撃ち、リンクの仲間であるガンティ(本作オリジナルキャラクター)を拉致し、魔物化させけしかける。そのことを知らなかったリンクは、倒した魔物が傷ついたガンティとなったのを見て激昂。これこそがアグニムの策であり、リンクの心に強い「憎しみ」を植え付けることが目的だった。自らが抱いた感情によりリンクは闇の世界に取り込まれ魔物と化してしまうが、ゼルダ姫の言葉によって己を取り戻した。策を破られたアグニムは狼狽し、慌ててガノンの塔へと逃げ込んだ。

そこでアグニムの過去が幻影となって展開される。若き日の彼は「一流の魔術師となってハイラルのためにつくす」ことを心掛ける善良な青年だった。親友である「左利きの剣士(リンクの父親)」と共に研鑽を重ねていたところ、親友からトライフォースの伝承を聞かされる。興味を抱いたアグニムは調べて行く内に聖地(闇の世界)の封印の解き方を知ってしまう。そして魔王ガノンと交信し、「賢者の封印を解けばトライフォースの力を分け与える」という取引をしてしまった。
それを見咎めた親友夫婦を邪魔者と見なし、闇の世界へと放逐した(その後の描写からしてリンクの両親はもう死んでいるようである)。この時に「おじさん」に抱えられて逃げたのが幼き日のリンクだった。
つまり、リンクの親族は全員アグニムに殺されたことになる。

成長したリンクに親友の姿を見たアグニムは、罪悪感からもがき苦しみ、ガノンに救いを求める。しかし「トライフォースはわし一人の力。身のほど知らずなただの人間め。お前などいらぬ!」と罵倒され、胸を貫かれてしまった。自分が利用されていただけだったと気づき、最期はゼルダ姫のことを想いながらこの世を去った。

ゼルダに対しては「美しい宝石」「一目見た時からわたしはあなたの虜だった」と述べている。そのゼルダを賢者の封印解除の生贄にする時は、自らの手で手に掛けることを歓びとして受け取り打ち震えている。

ちなみに「姫に対して歪んだ愛情を抱く」というのは『神々のトライフォース2』のユガが、「ガノンに力を与えられ先兵となるが用済みとなった途端に処刑される」というのは『厄災の黙示録』のアストルで描かれている。

余談

直接攻撃の届かないアグニムは、彼の魔弾を剣で弾き返すことで唯一ダメージを与えられる。
占い屋で「マスターソードはアグニムを斬るためのものではない」というアドバイスがもらえるのだが、これに気づかないと直接斬りつけようとして失敗する結果になる。
ストーリー上、アグニムの魔術に対抗する力として“退魔の剣”であるマスターソードが必要不可欠とされていたが、実は虫取り網で弾き返すことが可能である。
一応、アグニムのいるダンジョンに入るには、マスターソードで封印を破らなければならないので、取らなくても進行が可能なわけではない。また、虫取り網は剣よりリーチが長い反面動作は遅いので、普通に剣で弾き返した方が安全である。

また、『夢をみる島』に登場するシャドー(第2形態)、『時のオカリナ』に登場するガノンドロフ、『風のタクト』に登場するファントムらもアグニムのように魔弾による攻撃を使用するが、同様に剣以外のアイテムで弾き返すことが出来てしまう。

ふしぎの木の実大地の章』には『アグニマ』というパチモンがいる。能力はまったく似ておらず、攻撃を跳ね返すことはできず、部屋を明るくして状態を見破ることで初めて攻撃ができる。

スーパーマリオくん4巻『マリオの伝説!? ゼルダ世界で大暴れ!!』では、敵としてアグニムが登場している。不慮の事故からマリオとヨッシーが『神トラ』の世界に入ってしまい、冒険していたところへ「よそのゲームに入ってきて勝手なことをするんじゃなーい!」とお仕置きに現れた。ゲームとは全然違う口調だが実力は健在。圧倒的な力でマリオとヨッシーを追い詰めたが、キノコの力で生まれた『マスターキノコソード』を手にしたマリオに倒され消滅した。

関連タグ

ゼルダの伝説 神々のトライフォース
ボスキャラ ガノン
ユガ:似たような立ち位置のキャラクター
シア(ゼルダ無双)ガノンドロフに憑依されていた
アストル:上記の通り漫画版のアグニムと通じる部分がある

関連記事

親記事

神々のトライフォース かみがみのとらいふぉーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アグニム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11999

コメント