ピクシブ百科事典

リンク(ゼルダの伝説)

りんく

リンクとは、任天堂のゲーム『ゼルダの伝説』シリーズの主人公。メイン画像は『トワイライトプリンセス』版。
目次[非表示]

概要

Back from the journey


ゼルダの伝説』シリーズの主人公。『ゼルダの伝説』はFC初期から存在するシリーズで、マリオと並ぶ任天堂の代表キャラクター。ギネスで行われている「ゲーム史上最も有名なゲームキャラクターランキング」では彼に次いで第2位である。

また、あらゆる道具を使いこなすことができる任天堂キャラ随一の器用さを誇る。騎乗や弓術に優れ、魔法やマジックアイテムもある程度使用でき、さらにブーメランやフックショットなどの飛び道具、ハンマーのような鈍器、バクダンやボムチュウなどの爆発物も自在に使いこなし楽器も弾ける。

作品によって設定が異なり同一人物ではなかったりするが、基本的にはナイトの一族と呼ばれる王家の守り手の血を引き、髪の色が明るめ(金髪or茶髪)で緑色の服と帽子を身に着けていて、ハイリア人という人種の特徴から耳が尖がっており、剣と盾を装備しているという共通点がある。

左利きである作品が多いが、Wiiの『トワイライトプリンセス』『スカイウォードソード』ではコントローラー操作との整合をとって右利きになっている。ただしハードやゲームシステムによる制約は特に無い『ブレス オブ ザ ワイルド』では「アタリマエを見直す」という方針の一環として右利きとなっている。多くのシリーズで「勇気のトライフォース」を宿している。
「リンク」という名前は、トライフォースを繋げる(Link)者という彼の役回りから来ている。また、ドイツ語では「左」を意味する言葉でもある。
(名前はプレイヤーによって変更可能な作品がほとんど)

剣と盾は、シリーズを象徴する代表的なものとしてマスターソードハイリアの盾を装備しているイラストが多い。

各作品のリンク

歴代リンク
歴代リンク2


ゼルダシリーズの各作品における主人公であるリンクは、服装や容貌は似通っているものの基本的にはそれぞれの作品で別人である。よく見ると髪の分け目や服装に違いがある。
彼はいかなる時代においても巨悪と戦う運命にあり、とある時代におけるリンクが亡くなろうとも彼の子孫や生まれ変わりにその運命は受け継がれ、新たな主人公として物語を紡いでいく。このように子孫や生まれ変わりが代々ゼルダシリーズの主人公となるため彼らの容貌は似通っている。
また、同じ時代のリンクがそのまま主役を務めている作品もあり、いくつかの作品のリンクは同一人物である。
「時のオカリナ」以降、大人の姿のときは両耳にイヤリングをするようになった。

ゼルダの伝説シリーズ


伝承の時代

ゼルダの伝説まとめ 4
主の為に


俗称『大空の勇者
※時系列で最初の勇者
魔族によって地上が支配され、人々が空の国で暮らしていた時代。
魔族長ギラヒムに攫われたゼルダを救うためにリンクが立ち上がる。
この戦いが後のリンクと魔族の因縁の戦いの始まりとされている。


リンクとエゼロ


風の魔神グフーとフォーソードの最初の物語。
全ては彗星のように現れ、武術大会を制したグフーの登場から始まった。
ふしぎのぼうしエゼロと共に、グフーの野望を止めるために冒険する。
この作品ではリンクが帽子とお話しできる。


カギ!!


グフーの復活とフォーソードで4人に分身したリンクの物語。
グフーに攫われたゼルダ姫を救うための4人の旅。
協力もすれば仲間割れもする。


そらをとぶ
奏でる


俗称『時の勇者
闇の王ガノン誕生の秘密が語られる物語。
不思議な夢を見たリンクはデクの樹にその宿命を告げられ、妖精ナビィと共にコキリの森を後にする。
このリンクは退魔の剣マスターソードの力によって七年の時間を行き来しており、
七年の時間旅行による変化から以降のゼルダシリーズの時系列が分岐する。
さらに最終決戦での勝敗によっても分岐が生じる。

そのため、以降のシリーズでは3つの時代に枝分かれすることになる。

影の時代

未来から戻ったリンク(時の勇者)の尽力により、ガノンドロフの野望が未然に阻止された時代。
そしてリンクはエンディングで別れた相棒ナビィを探す旅に出る。

↓ (時のオカリナからの分岐)

ムジュラの仮面


時の勇者
伝説の地ハイラルより姿を消した時の勇者。その彼が迷い込んだタルミナという地の物語。
スタルキッドに愛馬エポナを奪われ仮面の呪いをかけられたリンクは、呪いを解くために妖精チャットと共に奔走する。

↓ (数百年後)

トワイライトプリンセス


※時の勇者の子孫
俗称『黄昏の勇者
影の世界へ葬られたガノンドロフの復活の物語。
僣王ザントの呪いでオオカミに変えられてしまったりと受難が絶えないが、黄昏の姫君ミドナと共に影の世界を魔族から取り戻すべく立ち向かう。

番外編として「リンクのボウガントレーニング」というシューティングゲームも発売された。


4swords



新しい時代

『時のオカリナ』でガノンドロフを倒した後に、リンクが【時の勇者】と語り継がれた新たな時代。
時の勇者本人は7年前の世界へと帰ってしまうため、以降のこの時系列には存在しない。

↓ (時のオカリナからの分岐)

猫目ちゃん10さい
リンク


俗称『風の勇者
生まれ変わりではなく勇者なき時代に生まれた新たな勇者の物語。
怪鳥ジークロックに妹のアリルを攫われたリンクは、彼女を救うべく海賊テトラの船で海に出る。
大魔王と勇者の一つの結末。

↓ (約100年後)

今度のリンクは汽車を駆る


俗称『大地の勇者
風の勇者の生まれ変わりか子孫、もしくは赤の他人。

衰退の時代

時の勇者がガノンに敗れ、全てのトライフォースがガノンの手に落ちてしまった時代。
残されたゼルダ姫は六賢者と力を合わせ、最後の手段としてトライフォースごとガノンを聖地に封印する。
魔族との封印戦争や勇気のトライフォースが失われたことによりハイラルは衰退の時代を迎えた。

↓ (時のオカリナからの分岐)

神々のトライフォース
この青い空、みどり


俗称『最後の勇者
勇者の素質を受け継ぐナイトの一族でも一族最後の少年の物語。
司祭アグニムや聖地を魔界と変えた魔王ガノンとの戦いの後、旅の中で地図にない島コホリントへと流れ着く。

↓「神々」での最終決戦から6年

※リンクは出ません。


ふしぎの木の実


若き旅人が聖三角の試練により魔王と対峙した物語。
闇の将軍ゴルゴンと闇の司祭ベランの凶行を阻むも、その裏にはさらなる陰謀があった。
ツインローバの暗躍からホロドラムやラブレンヌを救い、儀式の失敗により理性のない魔獣として復活したガノンを退けた。


力を合わせて


神トラ1より数百年後の世界。
謎の司祭ユガによってハイラルの人々が次々と絵画に変えられてしまう。
ハイラルとロウラルを行き来しながら、彼の野望を阻止することになる。

↓ (ハイラル王国が小国に分裂するほどの時間が経ち、勇気のトライフォースが失われる)

※シリーズ最初にして最後の物語
俗称『始まりの勇者
勇気のトライフォースを失い小国と成り果てたハイラルの物語。
再びトライフォースを集め、魔王ガノンを打ち倒すために一人の若者が立ち上がる。


ゼルダの伝説
(;´д`;)


見事ガノンを討伐したリンク。だが、魔力により世界は荒廃し続けていた。
ハイラル復興へ向け、初代ゼルダ姫を復活させるために冒険する。

時代不確定

英傑


俗称『息吹の勇者
大厄災と呼ばれる災害により滅亡したハイラル王国。その100年後の物語。
(ただし作中でガノンが元はゲルド族の出自である事が伝承として語られているため、少なくとも時のオカリナよりは後の時系列である事は確定している)
100年の眠りから目覚めたリンクは、かつての記憶を取り戻すべくハイラルを駆ける。
なお、この作品では彼の名前を変えられない。

詳しくは→リンク(ブレスオブザワイルド)

その他のゲーム作品

大乱闘スマッシュブラザーズ


言うまでもなくシリーズ皆勤賞。
ブーメランや爆弾といった豊富な飛び道具で相手をけん制しつつ、剣による強烈な一撃を浴びせる事ができるファイター。
一方で運動性能は悪く、ワザのスキも前後共に大きい。また、飛び道具の多さから反射ワザを持つファイターが相手だと苦戦しがち。

作品ごとに登場するリンクが異なり、『64』『DX』では『時のオカリナ』版、『X』『for』では『トワイライトプリンセス』版、『SP』では『ブレス オブ ザ ワイルド』版が参戦。
ワザの仕様も各作品に合わせられており、特に『SP』では利き手が逆になる、つかみを素手で行う、下必殺ワザが手動式の「リモコンバクダン」に変更されるなど、それが顕著に表れている。
声は『for』までは各原作からの流用だったが、『SP』で初めて新規収録された。

『トワイライトプリンセス』版の最後の切りふだは「トライフォースラッシュ」。トライフォースで相手を拘束して滅多切りにし、最後に突きでふっとばす。
『ブレス オブ ザ ワイルド』版の切りふだは「古代兵装の弓矢」。超速の弓を放ち、爆発で周囲を巻き込む。

なお、『スマブラ』では当初から大人の姿がデフォルトで、子供のリンクはコンパチという扱いになっている。

スーパーマリオRPG

特定の条件を満たしてから、リップルタウンの宿屋の2階に上がるとリンクが寝ている。
話し掛けるとゼルダの伝説シリーズで謎を解いた時に出る効果音が流れる。

スーパードンキーコング2

エンディングでちょっとだけ映るチョイ役。
DKメダルが19枚以下の時に、「Cranky's Video Game Heroes」の3位として登場(ちなみに2位はヨッシー、1位はマリオ)。
GBA版では2位に変更されている。

マリオカート8

DLC第1弾で『スカイウォードソード』版がゲスト参戦。
ハイラル城をモチーフにしたコース「ハイラルサーキット」もセットになっている。

Switch版では最初から実装されており、アップデートで『ブレス オブ ザ ワイルド』版が追加。『スカイウォードソード』版とは別キャラ扱いらしく、CPUキャラとしては別々に登場する。

ニャニャニャ!ネコマリオタイム

(ミーバースなど)

\でやぁ!!/

\でやぁ!!/



時々ゲストとして登場し、ゼルダシリーズ関連の最新情報をお届けするデャァッ!
リンク関連があると突然下から現れることがあるデャァッ!
いつもは無口の本編に対し、ネコマリオタイムではバリバリ喋りまくるデャァッ!
「4つの剣」の使いまわしとか言わないでほしいデャァッ!

ソウルキャリバーII(ナムコ)

リンクとラファエル


ゲームキューブ版にてゲスト参戦した。
ある時、強大な魔力を得た魔術師がハイラルに様々な災厄を引き起こし、ゼルダからの依頼でこの事件を解決したリンク。ハイラルは平和になったが、実は倒された魔術師は異世界で破壊された邪剣「ソウルエッジ」の破片が何故かハイラルに落ちてきて、それを手にした事で悪に染まった事が判明。
賢者達から話を聞いたリンクは、ソウルエッジによる被害を未然に防ぐ為、異世界へと旅立つのであった。

モンスターハンター4(カプコン)

MH4でゼルダの伝説


リンク自身は登場しないが、コラボレーションとしてリンクの装備が実装。
装備を作成するためのダウンロードクエストが配信された。

The Elder Scrolls V:Skyrim (ベセスダ・ソフトワークス)


Switch版にて、ゼルダ伝説シリーズのアミーボを使用するか、世界のノドの頂上に行くと、ブレスオブザワイルドのマスターソード、ハイリアの盾、英傑の服が入った宝箱が手に入る。性能は中々。

ゼルダ無双(コーエーテクモゲームス)

無双キタアアァァァァ






コーエーテクモゲームズの『無双シリーズ』とのコラボ作品。
プレイアブルキャラとして、リンク以外のキャラクターも多数登場。
拡張版として3DS版のハイラルオールスターズがあり、風のタクトのキャラも参戦した。

ストーリーでは珍しく「マスターソードの力に慢心して敵の罠にはまりピンチになる」という展開がある。
シアに誘われるまま敵陣に特攻したリンクは、シアの魔法によって己の慢心を反映した存在――ダークリンクを多数召喚され窮地に陥る。しかもガノンドロフまで戦場に現れゼルダ姫を急襲する。一行は撤退を決定するが、リンクが危ないと知るとダルニアやミドナといった仲間たちが救出に向かう。その姿を見たリンクは「仲間との絆の前には借り物の力などちっぽけなものに過ぎない」と考えを改める。振り払われた慢心によりダークリンクは消滅。そしてマスターソードを使いこなしたリンクは見事ガノンドロフを撃破したのだった。
しかし、シアとの戦いが終わった後で復活したガノンドロフに負けてしまう。しかもガノンドロフを操作するのはプレイヤーとなる。もちろん最後にはリンクが勝つのだが、ストーリーを進めるためにはプレイヤー自身の手で味方を倒さないといけないというのはなんとも言い難いものがある。

番外(非公式?)

ファイナルファンタジー(スクウェア・エニックス)
とある場所に「リンクの墓」が存在。リメイク版でも登場。
墓を調べると「リンク ここにねむる」と表示される。

それから時を経て、スマブラ3DS/WiiUFFシリーズのキャラが出会うわけだが・・・話はこれだけでは終わらなかった。リンクの冒険にある「ユウシャ ロト ココニ ネムル」という墓ネタがあるが、なんとスマブラSP勇者ロトの名を持つ勇者達と対面する事に。

漫画版

いずれも作者なりの独自解釈によって描かれるため性格が異なる。

田口順子版「神々のトライフォース」では、捻くれた性格だが困っている人から頼まれると断り切れないお人好しでもある。ゼルダ姫から頼まれてハイラルを救うという使命を渋々受けるが、闇の世界の人たちの姿を見て世界を救うことの大切さを自覚する。性格も改善されて行き、エンディングでは自分が素直になれるようになったことを「我ながら成長した」と述べている。

かぢばあたる版「夢をみる島」「神々のトライフォース」では、生意気でお調子者だが正義感の強い熱血漢として描かれている。加えて極度の負けず嫌いでもある。夢をみる島では命の恩人であるマリンに好意を寄せ、一人の女の子に恋した少年としてコホリント島を冒険する。戦闘ではふざけてドジを踏んだ振りをして敵の攻撃を誘ったり、一方で怪物たちを説得して轢かせようとする姿勢も見られた。神々のトライフォースでは、実力と才能は非常に高いが命のやり取りをする真剣勝負はしたことがなく、相手の殺意に怯えるという描写がされた。

姫川明版では、登場作品は異なれどほぼ一貫して「少年のリンクは明るく元気で優しいお調子者」、「青年リンクはクールでシリアスの度合いが強い」キャラクターとして描かれている。作品によってはギャグ色の強いものもあれば、リンクがヒロインに恋する内容もある。

声優

Wikipedia参照)

関連イラスト

新作やらアニメやら
お鍋
本当の顔
はいらるのゆうしゃ
リンクと愉快な仲間たち
センシティブな作品



余談

  • 元々リンクの女性バージョンとしてリンクルというキャラがゼルダ無双で構想されたことがあったが、諸般の事情で没キャラとなっていた。しかし、ハイラルオールスターズにて設定を若干変更の上登場することになった。(参考
  • リンクの個性となっている左利きだが、きっかけである第一作でリンクが左利きになった原因はなんと開発スタッフのミス。その証拠と言っていいかは分からないが、第一作のリンクは手に入れた剣を一度右手で掲げ、その後左手に持ち替えている


関連タグ

任天堂 勇者 トゥーンリンク こどもリンク ぬけがらのエレジー 
時の勇者 回転斬り 回転王

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リンク(ゼルダの伝説)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2188017

コメント