2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大抵の場合は、『ゼルダの伝説』のリンクの代表的な必殺技をさす。初出は『神々のトライフォース』。

体の軸を中心に回転して敵を一掃したり、敵の攻撃を跳ね返したり、物を壊したり、草を刈ったりと謎解きや攻略などにも関わっている冒険には欠かせない必殺技である。
すべての時代の少年から大人のリンクは元よりこどもリンクトゥーンリンクも使える。
派生技として「大回転斬り」、「縦回転斬り」も使えるシリーズもある。
夢をみる島』ではチャージした後でロック鳥の羽でジャンプすると空中回転斬りになる。移動しながら攻撃できるので普通に放つより範囲が広がる。
スマッシュブラザーズシリーズでも空中での使用が可能でいわゆる復帰技にもなっている。地上ではその場で回転するが空中だと上昇しながら使用する。
コラボ作品の『ソウルキャリバーⅡ(GC版)』や『ゼルダ無双』『厄災の黙示録』でも使える。

シンプルな必殺技なので他の似たような必殺技をさす場合もある。

漫画版では

かぢばあたる版『神々のトライフォース』ではハイラル最強の剣士である伯父ザンジがリンクに授けた奥義という設定になっている(トワイライトプリンセスでも古の勇者から奥義として大回転斬りを授かる)。

ゲームとは表現が異なり、リンクが回転して斬るのではなく、突進して斬撃を放ち、その軌跡が渦を巻くという演出がされている(連載初期は擦れ違い様に斬撃を打ち込むだけだった)。
ガノンとの戦いでは胸を貫いて怯ませ、その状態から回転斬りを放つことで逆転勝利を果たした。
実はラスボスを回転斬りで倒すという初の例だったりする。

原作とは表現が違い過ぎるためかこの回転斬りはゲームには反映されていない。
しかし似たような攻撃としてブレスオブザワイルドのリンクの剣ビームがある。今までの剣ビームとは異なり、カマイタチの如くクルクルと回転する斬撃を飛ばすという表現になっている。

また「刺突から回転斬りに繋げる」という動作も厄災の黙示録のリンクが使用する。

同著者による『漫画版夢をみる島』ではゲーム通り「空中回転斬り」を披露しており、更にオリジナル技として「二段回転斬り」なる派生技も繰り出している。
これはジャンプと同時に一撃目の回転斬りを放ち、怯んだ相手に降下しながらもう一発回転斬りをお見舞いするというもの。回転斬りとの大きな違いは、横にではなく縦方向に回転して斬ること(縦の回転斬りはスカイウォードソードでリンクが使用する。また厄災の黙示録では両手剣を装備すると最大で3連続の縦回転斬りを放てる)。

漫画『リルトの誓い』に登場するリンクは、素手での回転斬りを披露している。周囲に衝撃を撒き散らしながら木を斬断するなどかなりの威力を誇る。
これを見た主人公リルトも回転斬りをマスターし、必殺技として幾度も使用した。

派生技

大回転切り

初出は時のオカリナ
Bボタンを長押し(剣のオーラが赤になるまで)することで、魔法力を消費してリンクの周囲を大きく薙ぎ払うことが出来る。
続編のムジュラの仮面では、スティックを回転させながら放つ「クイック回転斬り」が大回転斬りと同じ攻撃範囲になったためより強化されている。

風のタクトをはじめとするトゥーンリンクが主役の作品では仕様が変わっており、発動するとリンクが悲鳴とともに剣に振り回されるように連続で回転斬りを放つという技になっている。
複数の敵を一気に蹴散らすことが出来るが、技が終了するとリンクが目を回して大きなスキが出来るため注意が必要である。

縦回転斬り

前述の通りスカイウォードソードでのリンクが使用する。
通常の回転斬りでカバーできない頭上や足元にも攻撃できる。

ウルボザの怒り

ブレスオブザワイルドのリンクが使用。派生技と言うよりは付加効果。
回転斬りを放つと同時に周囲に落雷を落としてダメージを与える。喰らった相手は長い時間の麻痺を受ける。
ラスボスの無敵効果を解除して麻痺させたり、隠しボスの分身たちを一瞬で潰せたりとここぞという時に真価を発揮する。

関連タグ

ゼルダの伝説
リンク こどもリンク トゥーンリンク 英傑リンク
マスターソード 
エアー 回転

類似技
ギガスラッシュ ダブルラリアット エリアルスイープ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78497

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました