ピクシブ百科事典

狩猟笛

しゅりょうぶえ

敵を楽して狩れないが敵を楽しく狩れる、それが狩猟笛(かりかりぴー)。
目次[非表示]

狩猟笛とは『モンスターハンター』シリーズに登場する武器の一種である。

概要

モンスターハンター2(dos)』で初登場。トライでは登場せず。
俗称は「かりかりぴー」、あるいはもう少し短く「かりぴー」。
狩(かり)猟(かり)笛(ぴー)。そのまんまと言えばそのまんまである。
狩猟笛を愛用する人のことを俗に「カリピスト」と言う。

サポートに重きを置いた巨大な笛。ハンマー同様、ほとんどの攻撃が打撃攻撃である。
この武器の特徴ともいえる行動が『演奏』である。
決まった組み合わせの旋律を奏でることで、攻撃力アップや風圧無効など、数々の効果を味方全員に
付与することができ、狩猟を一段楽にしてくれる。

どのシリーズにおいても扱いが難しいとされ、演奏して能力を高めることが可能である分、
他の武器よりも攻撃力が低く設定されている。
しかし、モンスターの頭を殴って気絶させたり、体を殴って疲弊させたりもでき、
演奏での能力アップを巧みに活用することで、一人でモンスターに挑んでも他の武器と変わらない
討伐タイムを叩き出すことができる。

(逆に言えば演奏での能力アップを常に切らさないことがまともに戦うための前提条件であり、
 気絶値や疲労値も低いので、狙った場所を攻撃し続ける技量がなければ話にならない。)

よく初心者が勘違いして、演奏で仲間の能力アップが可能という点に着目し、
敵と離れた場所で演奏だけに専念している姿があるが、能力アップの上昇値(効果時間)は味方一人分の攻撃手数を欠いていいほど高いものではなく、モンスターに攻撃を当てた上での演奏でなければ高い効果は期待できない。
また、演奏中は無防備になる上、かなり高い確率でモンスターに狙われる。逃げ回りながら笛を吹くという行為は、モンスターを縦横無尽に走らせ、追いかけっこモードになり。仲間の攻撃チャンスを減らす為、あまり効率の良いものとは言えない。

(オンラインでは「吹き専」と呼ばれ、嫌がられる行為である。
 そもそも、能力アップだけという他力本願な行為は、手数を重視するこのゲームでは好まれない。)

演奏せずに攻撃すれば威力が低く、攻撃に参加せずに演奏をするだけでは恩恵が薄い。
どちらかというと、いろいろな武器に遊び飽きて、モンスターの行動もある程度把握できており、攻撃の合間に効率的な行動が挟める人が手に取るとハマれる武器と言われている。
仲間の能力アップを選択した人のための武器とも言われる。

ちなみに狩猟笛と聞くと巨大な笛だと想像すると思うが、笛以外にも弦楽器のようなものや太鼓のような物、さらにはピアノのような物まである。
弦楽器型は息で弦を震わせているとすれば納得できるが、太鼓やピアノは最早吹いて鳴らせる代物ではない。
しかし設定ではあくまでも全て管楽器らしいので、ここは単に「ハンターの肺活量が尋常ではない」とこじつけるしかないだろう。

【ネタバレ注意】凶琴【秋嵐】


↑吹いて弦を震わせれば何とかなりそうな武器の一例

MHP3から全体的に仕様が変わり、通常攻撃のそれぞれに音符が配置され、
そのアクションをすると楽譜に音符が付くようになっている。
また一回の旋律で効果の重ねがけができるようになり、以前より狩猟がスムーズになった。

MHXでは、重音色というシステムが追加され、モンスターを攻撃して演奏をすると
効果が2つ発動するようになった。これによって狩猟笛=サポート用ではなくなった。
また、笛から強力な衝撃波を繰り出す「音撃震」、空振りでも重音色になる「奏纏(そうまとう)」、装備した狩猟笛の旋律効果を同時に発動させる「オルケスタソウル」の3つの狩技が追加された。
・・・しかし、前述の「重音色」は効果の組み合わせによっては4行の文字が画面中央に出てくる。
本作のUIや文字が従来より比較的大きめであるために、それがモンスターやハンターを隠してしまうため、「文字が邪魔で大技をかわせずにやられた」、なんてケースが起きてしまうことも・・・
そのため、サポート能力が高いのにオンラインでは担ぎにくい武器になってしまった。
拡張版であるMHXXでは余程その不満が大きかったのか、UIがスマートになり旋律効果に至っては表示箇所が画面の左下になった。

関連イラスト

ストライプドラゴング
偽獣歌団ごっこ


ブナハさん
ジンオウ狩猟笛


【モンハン】HuntingHornCollection 12
ブラッドオーボワ



関連タグ

モンスターハンター モンスターハンターにおける武器
太刀 ガンランス  ←同期の登場

pixivに投稿された作品 pixivで「狩猟笛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347199

コメント