ピクシブ百科事典

ヤツカダキ

やつかだき

『モンスターハンター』シリーズに登場するモンスターの一種。
目次[非表示]

白無垢まといて

しゃなりしゃなりと

彷徨い歩く 八ツ火抱姫

甘えん坊の童を放ち

激越 火の如く

概要

モンスターハンターライズ』(MHRise)で初登場した鋏角種の大型モンスター。

白無垢のように全身に糸を纏った異形の蜘蛛のような姿が特徴的であり、「妃蜘蛛」とも呼ばれている。
ネルスキュラと同様、頭部に8つの単眼と鋏角らしき器官を持つ。その一方で(普段は折り畳まれているが)長く展開できる首が存在している。

溶岩と冷水が同居する洞窟「溶岩洞」にて生息が確認されており、糸を使ってハンターの動きを封じ、燃焼させた可燃性ガスを吐いて攻撃を仕掛けてくるほか、引き連れている幼体のツケヒバキは移動をサポートしたり、獲物を捕えたりと連携して攻撃してくる。
そのためオロミドロ同様、他のモンスターと比べても格上でクエスト難易度も高いとのこと。

武器・防具

公式Twitterより
白無垢のような外見の本種だからか、新郎新婦をイメージしたようなデザインとなっており、「人に化けた八つ腕の女と、その正体を知りつつも傍らにいることを選んだ男の悲恋」を伝えるという妖しい防具とされている。

余談

同作の初公開PVにほんの一瞬だけ映り込み、一部の視聴者からは既存モンスターのネルスキュラに似ているという声が上がっていた。
その後、東京ゲームショウ2020にて公開された情報で、その大まかな姿と名前が判明。新たなモンスターであることが確定した。

MHRiseの新モンスターが日本の妖怪をモチーフに取り入れていることを鑑みるに、本種のモデルとなったのは、環境生物に「クグツチグモ(傀儡+土蜘蛛)」が居る点、火属性である点、纏う糸が白無垢に見える点、子蜘蛛のツケヒバキを使役する点から、おそらく「絡新婦」であると推察され、その後インタビューにて絡新婦がモチーフだと語られた。

名前の由来は、長い事を表す〝八束〟(ヤツカ)と、着物の袖付けの下側を表す〝抱き〟(ダキ)であると思われる。
加えて土蜘蛛の古性である八握脛(ヤツカハギ)にも因んでいる。
これは、MHRiseの新モンスターが「オサイズチ」を除き、見た目がそのまま名前となっている為である。
ゲーム本編での漢字表記は『八ツ火抱姫』

また、抱きの長い着物は年寄りが着る物である為、「絡新婦」の他に、「山姥」もモチーフに加えられているものと思われる。

モンスターハンターフロンティアに登場する牙獣種のモンスター、ゴゴモアの没案を採用したのではないかと噂されている。幼体を背負っている、糸を使って高速で移動し、その糸をハンターが切断する事でダウンを取れるなど共通点が多い上、ゴゴモアは元々蜘蛛モチーフの予定だったが気持ち悪い為没になったという経緯もある。

関連項目

モンスターハンター/モンハン
鋏角種

関連記事

親記事

鋏角種 きょうかくしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤツカダキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57955

コメント