ピクシブ百科事典

ウルガモス

うるがもす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスター(ポケモン)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.637
ぶんるい たいようポケモン
タイプ むし/ほのお
たかさ 1.6m
おもさ 46.0kg
とくせい ほのおのからだ/むしのしらせ(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Volcarona
イタリア語Volcarona
スペイン語Volcarona
フランス語Pyrax
ドイツ語 Ramoth


進化

メラルバウルガモス(Lv.59)

ウルガモス



概要

初登場は『ポケットモンスターブラック・ホワイト』(第5世代)。メラルバの進化系。
メラルバ共々、シリーズ初となるむしほのおの複合タイプである。第8世代にて同じタイプの新たな系統が登場するまでは、この系統が唯一の組み合わせであった。

6枚の翅を持つ巨大な蛾のような姿をしたポケモン。モデルとなった蛾は恐らくカイコとスズメガだと思われる。
名前の由来はローマ神話に登場する火の神「ウルカヌス」と英語で蛾を意味する「モス」の掛け合わせ。{ウルカヌスは英語で火山をさす「ボルケーノ」の語源になった言葉であり、直訳すると「火山の蛾」とも言うべきか}

なお、飛んで火に入る夏の虫ということわざがあるが、この夏の虫とはガ(火取蛾)を指す為、この諺もウルガモスの元ネタなのかもしれない。

「たいようポケモン」という分類はエーフィと同じである。分類が示す意味は違うと思われるが。ちなみに太陽に関する設定や異名を持つポケモンの中でほのおタイプはこの系統だけである。

火山灰で地上が暗くなった時にウルガモスの炎が太陽の代わりになった、炎の繭から産まれ寒さに苦しむ人々やポケモンを救った、炎の鱗粉を撒き散らし辺りを火の海にする様子が古代人に「太陽の怒り」と恐れられた……など、図鑑説明が全体的に伝説のポケモンじみている。

加えてBW・BW2ではダンジョンの最奥に構え、固定シンボルまで用意されているのだが伝説のポケモンではなく、普通にタマゴを作れる
そしてXYやORASでは進化前のメラルバがこれでもかと言う程大量に出現する。元が固定シンボルだったとは思えない扱いである…。
但し進化レベルは1進化ポケモンぶっちぎりの最遅である59である為、育てるには相応の苦労を要する。

進化前のメラルバ同様、高い能力ともふもふな外見に魅了されるトレーナーが後を立たない。
登場当初よりシングルでもダブルでも猛威を振るっていたこいつこいつに釘を刺すために生まれてきたとしか思えないポケモンである。

ゲームでの性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
856065135105100550


製作者曰く「元々強いポケモン」を意識して制作されただけあって能力は高く、とくこう、とくぼう、すばやさに優れ、特にとくこうは非常に高く、その種族値は登場時点でむしタイプ最高の135
当時は比較対象を全ポケモンに拡大してもウルガモスの特攻を越えているのは同期のシャンデラを除くと全て禁止伝説級。順位を数字にすると第9位という高さであり、古代の城に専用の部屋があるのも頷けるというものであった。(現在は禁止級、メガ進化なども含めた全ポケモンのなかでは42位タイ。おそるべし火力インフレ。)
ちなみにこの部屋で聞ける鳴き声は「ぷひぃぃぃぃぃぃっぷ!!」である。

各ポケモンには倒したときに得られる努力値が設定されており、ウルガモスならとくこう+3である。しかしメラルバの設定値はこうげき+1で、+2が飛ばされている。
メロメロも覚えないし、当初は伝説の位置づけ(設定値はレシラムやランドロスのそれに一致する)だった?

合計種族値自体は550とかなり高く、むしタイプとしては圧倒的数値を誇っている。
使わない攻撃の種族値が低いので能力的には600族にも劣らないといえる。
とくぼうの種族値105と固く、すばやさも種族値100と激戦区とはいえかなりの速さである。
更にとくこう、とくぼう、すばやさを1段階ずつ強化できる優れた積み技ちょうのまいを覚えられる。
対策を怠ると「ちょうのまい」を積まれてなすすべなく3タテされるだろう。

今作における虫タイプ、炎タイプの大躍進を象徴しているポケモンと言えよう。
実際に制作者の期待通りに対策必須ポケモンの1体となっており、多くのポケモンと相性が良く、シングルでは最強レベルとも。

欠点は技のレパートリーがそんなに多くないため、実力を過信しすぎると意外な相手で止まる事。
晴れパ前提だが岩と水の複合タイプが相手ならソーラービームを覚えておけば何とかなるが、
虫と炎両方の主力技が効かない同族(ほのおタイプ)相手には非常に分が悪い。
サイコキネシスで誤魔化すか、粘れるものなら、めざめるパワー水か地面、もしくは岩を粘っておいた方が良いだろう。他では雨パ対応の「ぼうふう」も面白いかもしれない。

もう一つは物理耐久が並程度なのに加え、4倍弱点のが非常に痛い事。
ステロで致命傷を受けるのはもちろんのこと、2倍だが水タイプでも水のジュエル+アクアジェットのような強化で先制で潰される可能性もある。
ちなみに物理アタッカーないし両刀アタッカーのサブウェポンとしていわなだれストーンエッジが採用されるのは、他の技との相性補完という意味もあるがウルガモスへの対抗手段という側面も少なからずあるだろう。

Lv100で覚える専用技の「ほのおのまい」は、速水御舟作の炎舞からか。
威力は80と他のほのお技よりも劣るが、50%で特攻アップの追加効果があるのでかえんほうしゃなどとは相互互換といえる。

特性がタマゴ孵化の歩数を減少させる「ほのおのからだ」である上、孵ったばかりのポケモンの個体値をジャッジしてもらう際、移動に必要なそらをとぶも覚えるため、戦闘以外でも孵化厳選において非常に役に立つ。
殿堂入り後に古代の城の地下で捕まえられる手軽さも売りの1つ。
殿堂入り前でも18番水道の家で進化前のメラルバのタマゴを入手できるが、レベルアップが大変なので作業用の個体は古代の城で捕まえるのがいいだろう。
その使い勝手の良さからポケモン廃人達からも引っ張りだこにされており、ポケモンの廃人要素の強いイラストにウルガモスが一緒に描かれている事が多いのはその為である。
BW2では公式でネタ扱いされた。


BW2

BW2では、ウルガモスはクリア前にLv.35で入手することが可能であるのだが、ウルガモスのLV59習得の「ちょうのまい」を除けばLVが10の倍数になるたびに技を習得すると言う特徴のせいで、わざがきゅうけつ」「いとをはく」「かぜおこし」「ほのおのうずの4つ。最高威力は僅か40でとても貧弱。思い出しも「ひのこただ一つのため、ストーリー上の使用はかなり辛い。
ほのおタイプの技マシンの入手が終盤になりがちなので、正直苦行である。

ぶっちゃけ同LVならば進化前のメラルバの方が技に恵まれているのが痛い(メラルバはLv30でニトロチャージ、Lv40でとっしんを覚えるのでまだマシ)。

それだけには留まらず、BW2では育て屋にクリア前に行けないし、肝心のクリア後にはジョインアベニューに「保育所」という、ウルガモスを超える最強のタマゴ孵化システムもあると言うトドメまで刺されている。

BW1との通信環境があるなら、BW1から送ったほうが戦力的には効率的なため、今回登場のウルガモスは放流されている…というのが事実である…。

ちなみにシナリオで使用する場合、ホドモエとセイガイハの「技教え職人」の利用が勧められる。ホドモエでは威力75のタイプ一致特殊技シグナルビーム、セイガイハではまずこの時点では到達していないであろうLv.60で覚える「ねっぷう」、弱点のいわやみずに抜群を取ることができ回復技としても利用できる「ギガドレイン」などがある。
…捕獲可能時期が最速でひこうタイプ専門のフキヨセジム前である為、シグナルビームが付いたところで大して変わらなかったりするが。

XY

これまでとあるポケモンを泣かせてきたのは気のせいだが、第6世代ではファイアローに泣かされるウルガモスがもはや気のせいでは片付かなくなってしまった
というのも、ファイアローのタイプはほのおとひこうでウルガモスのタイプ一致はどちらも半減、序盤鳥ながら通常特性はほのおのからだ、隠れ特性はウルガモスが苦手とするひこうタイプのわざを先制されてしまう「はやてのつばさ」といった具合に一方的有利ポケムーバー解禁後はファイアローが減少するかと思えばそんなことは一切無く(むしろ増えた)、対策のいわタイプの増加の影響でやはり冬の時代は続いた。

ORAS

XYから環境が変わったもののファイアローが強いのには変わりなく、相変わらず活躍の機会には恵まれず、冬の時期は続く…と思いきや、ここに来てウルガモスと相性が良いボーマンダメガシンカを得た
ウルガモスが苦手な相手にボーマンダが強く、ボーマンダが苦手な相手にウルガモスが積んでいく、マンダガモスと呼ばれる組み合わせが流行するようになった。
苦手なバンギラスヒードランが減り、クレセリアの増加の影響で再び環境に顔を出すようになった。
但し相変わらずファイアローは多く、マンダもガモスも同時に見れるガブリアスやアロー対策のいわタイプもまた多いので結構相手を選ぶ事に変わりは無かったりする。

第6世代では思い出しで習得できる技が増えている。
ねっぷうぼうふうむしのさざめきいかりのこなほのおのまい…具体的にはウルガモスが進化してから習得できる技を思い出せるようになった、というのが正しい。
さらにフレアドライブあばれるドわすれかえんぐるまも思い出せるようになり、メラルバのまま戦闘させる場合でも一々レベル100にせずにフレアドライブを思い出させたレベル59のウルガモス2匹から遺伝させると言う形で早期習得させる事が可能となった。

SM

XY・ORASで大暴れしてたファイアローだが暴れ過ぎが原因で弱体化させられた。その結果相対的にウルガモスの大躍進が始まった。
全体的に素早さの遅いアローラポケモンに対して素早さ100からのちょうのまいが非常に脅威。また、新要素であるZワザが使い勝手の微妙に悪かったサブウェポン(ぼうふうサイコキネシス)の強化につながった。他にも麻痺の弱体化・先制技を無効にするカプ・テテフの登場などで長い長い冬の時代が終わり春が来たと言えるだろう。
この世代から環境に多く見られるようになったフェアリータイプの一致技に耐性を持つことも大きなポイント。
ただ元々苦手であったボーマンダギャラドスも相変わらず環境に存在するため立ち回りには工夫が必要である。
またいわタイプの先制技を持ち、ちょうのまいなしでは素早さでも負けてしまうルガルガンの登場もマイナスといえばマイナス。
ちなみに、レベル技であるちょうのまいがハートのうろこで思い出しが可能になり非常に育成しやすくなった。

なお本人の躍進の裏で、実はクワガノンフェローチェの登場によってとくこうむしタイプ1位の座から転落している。

剣盾

当初は未登場であったが、DLCの追加コンテンツにて登場が示唆された。

新しく登場した同タイプのマルヤクデはウルガモスに比べて物理方面と両刀性能に優れるが、素早さと特攻はこちらが圧倒的に優っており、方向性の違いから差別化の必要は無いと思われる。
孵化要員としてはセキタンザンがライバルとなるか。入手が簡単な上に通常特性の両方に孵化促進効果がある優秀な孵化要員だが、やはり素早さはウルガモスの方が遥かに上である。
まだまだ活躍の場はあると言えるだろう。

使用するトレーナー

たいようの人
チャンピオン



関連イラスト

とくせい:ほのおのからだ
孵化要員ウルガモス


ウルガモスは見知らぬ子に懐かれたようです
ハッピーバレンタイーン




関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ポケモンBW2  むしタイプ ほのおタイプ

モチーフのポケモンモルフォン ドクケイル ガーメイル モスノウ
太陽に関したポケモンエーフィ ソルロック ソルガレオ
廃人ロード フカガモス 麗ガモス
モスラ ソル・ティターニャン

関連記事

親記事

メラルバ めらるば

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルガモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2911101

コメント