ピクシブ百科事典

アメモース

あめもーす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.284
英語名Masquerain
ぶんるいめだまポケモン
タイプむし / ひこう
たかさ0.8m
おもさ3.6kg
とくせいいかく / きんちょうかん(隠れ特性)


進化

アメタマアメモース(Lv.22)

あめたまおやこ



概要

目玉模様が特徴的な蛾に似たポケモン。
頭にあるのは触角で胴体にある小さいのが翅。飛べるのかコレ…。一応、この4枚の翅を使ってヘリコプターのように前後左右自由自在に飛行できる事が出来るという。触角は主に威嚇に使われるが、これが怒りではなく、泣いている表情に見えたら夕立が降り出す前兆なのだとか。

そして…困った事に進化前がみずタイプ複合だった割にやたらと水が苦手だという設定が多く見られる。薄い翅は湿気を吸いやすくて重くなると飛べなくなるだとか、雨の日は大木の虚で雨宿りをしていたり、雨上がりには太陽に向かって飛び立つ事で翅を乾かしたりといった感じである。雨蛾(アメモース)とはなんだったのか。

それにしてもこいつは蛾とアメンボどちらなのだろうか?
恐らくモチーフは進化前アメンボなのでこちらはガガンボだろうが、振り払っただけでは流石に死なない。ちなみにアメンボとガガンボは語感が似ているだけで全く別の昆虫である。
一応、目玉模様で天敵に威嚇をする蛾もいない事はない。

あまり活用されたことはないが一応アメタマ同様に水上を浮かぶこともできる。
その際は4枚の羽を足のように使いアメンボのように浮かんで休む。羽で立つってお前…。
ちなみに虫タイプの割に足らしい足を持たないポケモンは結構珍しい。

性能面

進化前はむし/みずだったのに……今はありがちなむし/ひこうだなんて、
ゲーフリは嫌がらせをしているとしか思えないと評判。
BWにおいてタイプが変更されたロトムの例もあるため今後の展開を見守りたい。

しかし進化前のタイプの恩恵を受け、タイプ不一致ながらも遺伝で「ハイドロポンプ」を習得可能。
この他タイプ一致の「むしのさざめき」「エアスラッシュ」を揃え、サブとして「れいとうビーム」「シャドーボール」「ギガドレイン」「エナジーボール」「マッドショット」等を覚えられ、特殊技のレパートリーがなかなか豊富。
特性も優秀な「いかく」のおかげで意外な攻撃に耐えてくれることもある。
同じ蛾仲間のガーメイルモルフォンとの差別化に成功している。
また、「こうそくいどう」や「ちょうのまい」を習得可能。更に「バトンタッチ」でそれらを仲間に引き継ぐこともできる。
積む暇さえあればわりと活躍できるかもしれないが、反面状態異常技は「しびれごな」程度。

種族値はお世辞にも高い方ではなく、第6世代まではすばやさが進化して5下がる上に一番高い能力がとくぼうの82と、序盤虫らしい低さに留まっていた。
だが第7世代でとくこうとすばやさの種族値が何とそれぞれ+20もされて100、80まで増加。一気に覚醒した感がある。
天敵のミズグモがモチーフのポケモンに合わせたのだろう。
だが、この強化で存在が霞んだ同期後輩が嫉妬の眼差しで見ている………。

主な使用トレーナー


関連イラスト

吹飛
アメモース


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 アメタマ
むしタイプ ひこうタイプ

オニシズクモ…天敵。こちらは進化しても虫・水タイプ

関連記事

親記事

アメタマ あめたま

pixivに投稿された作品 pixivで「アメモース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 456266

コメント