ピクシブ百科事典

アローラニャース

あろーらにゃーす

アローラニャースとは、アローラ地方におけるポケモン「ニャース」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

アローラ外のニャースは→ニャース

基礎データ

ずかんNo.052
分類ばけねこポケモン
タイプあく
高さ0.4m
重さ4.2kg
特性ものひろい/テクニシャン/びびり(隠れ特性)


進化

アローラニャースアローラペルシアン(なつき進化)

アローラのペルシアン(想像)



概要

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境で変化したニャースのリージョンフォーム。正式名称は「ニャース(アローラのすがた)」。

従来の白猫のような姿から、偉そうなジト目が特徴的な灰猫へと変わり、チョロネコと同じ単あくタイプの猫ポケモンとなる。
他のリージョンフォームに比べ、タイプと容姿以外の変更点は全く無い。

元々ニャースはアローラにおらず、他の地方から族に献上され、限られた人だけがパートナーにできた。ニャースが贅沢で甘やかされた生活を送る内に、わがままでプライドの高い性格に変化したと言われている。王政の崩壊と同時に野生化し、アローラ地方で希少だったニャースも現在ではどこでも見られる一般的なポケモンとなった。

性格はずる賢さとプライドの高さが特徴で、気ままで飽きっぽい。小判が汚れることとプライドを傷つけられることを嫌い、狂ったようなヒステリーを起こしてしまう。
そのため尽くされるより尽くすのが好きな一部のトレーナーに人気である。

にゃー。


ウラウラ島のしまキング・クチナシは大量のアローラニャースを保護している。

主人公宅のニャースはカントー地方出身の通常種であるため、初めは「ニャースのリージョンフォームは登場しない」とされていた。今思えば両者の対比目的でもあろう。
また、数少ない「ものひろい」持ち。そのため、サン・ムーンで入手困難となったあかいいと探しに駆り出されている。

アニメ版

ロケット団のアローラニャース

サン&ムーン62話「悪のニャースはアローラニャース!?」で初登場。
1匹の野生のアローラニャースがロケット団3人組と偶然出会い、「仕えるべき人を探している」とロケット団のニャース越しに伝え、彼らの仲間になる。

そう伝える前にニャースと間違って入れ替わる形でムサシとコジロウに連れ帰られており、すると2人の休憩や趣味を自分から甲斐甲斐しく手伝ったため2人からとても気に入られる。紳士的なお辞儀(ボウアンドスクレイプ)をよくする。

ニャースはその前に沼に突き落とされていたうえ、ムサシ達からニャースよりも良いと評価されたので、その加入を一切快く思う事が出来ずライバル視する事になる。
アローラニャースの方も最初からニャースとの対立を望んでいたようで、わざとニャースの尻尾を踏んだり、彼にミミッキュの中身をめくって見せたりと隠れて攻撃していた。


言葉こそ喋れないが、ロケット団のニャース同様機械の扱いにも長け、お金も自分で使えるという、同族の中でもズバ抜けて高い知性の持ち主。
戦闘能力も高く、ピカチュウとも対等に渡り合った。使用技はフェイント10まんボルト
ちなみにフェイントは瞬間移動して目の前に現れてでこぴんを食らわせるという動作である。

そうしてピカチュウ捕縛に協力していたのだが、最後は隙を見て逃げ出し、ニャースの貯金を使ってカントーに高飛び。
何処に行ったのかと思えばロケット団本部から、本部に仕えるポケモンになったと紹介された。
実は彼らの基地で自らコンピュータをタイピング操作し、調べた3人組の持つ本部へのコネクションに目をつけていたのだ。

現在はサカキの秘書・マトリの部下となり、虎視眈々とペルシアンポジションを狙っている。その優秀さに気を良くしたサカキからも褒められたムコニャ達だったが、本人らは「自分達は昇進に利用された」とカンカンに怒るのであった。
以後、3人組の本部への定期報告を忙しいマトリ達に替わってやる気なさげに聞く等のシーンで登場。
87話以降の「かがやきさま」捕獲作戦における精鋭部隊「マトリ・マトリックス」の飛行艇ではマトリの隣に座ったが、アローラ地方に突入するとネクロズマの影響で団員の人間が全員腑抜けて「帰るか」とまで言い出したので唯一影響のないアローラニャースが部隊に猛抗議していた。この最中に被弾した飛行艇は彼が1匹で修理したと仕草で部隊に伝えている。

ウラウラ島交番の大群

ウラウラ島の交番には、ゲーム以上に大量のアローラニャース達が居ついている。
こちらの個体は皆、知性があまり無い本来のニャースに近い。サトシやピカチュウにすり寄る人懐っこさがある。

空腹になれば騒ぎ、食べ物を見つければすぐさま飛びつき、満腹になれば誰かにじゃれついて遊び回り続け、最後は寝る。まさしくそのものな生活サイクルを全員で送っている気ままなポケモン達である。普段の世話は交番唯一の警官であるクチナシが担当。

ポケモンGO

2018年6月22日のフレンド機能の追加と併せて解禁された、アローラポケモン第1弾の1匹として登場。7キロタマゴからしか出現しない。

当初、アローラポケモンの中ではアローラコラッタと並んで1番孵化する確率が高かったのだが、その後7キロタマゴから孵るポケモンが増えたのに応じて、孵化しにくくなった。
進化形のアローラペルシアンはポケGOではイマイチ使いにくい存在であり、いなくてもジム戦・レイドバトルでは困らない。現在は図鑑コンプリートのためだけに必要な、そこそこレアなポケモンと言えるか。

使用トレーナー


関連イラスト

のーまるニャースとあくニャース
【喵喵】



関連タグ

ポケモン ポケモン あくタイプ
アローラ リージョンフォーム
猫ポケモン

関連記事

親記事

リージョンフォーム りーじょんふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラニャース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 374138

コメント