ピクシブ百科事典

ネクロズマ

ねくろずま

ネクロズマとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種である。
目次[非表示]

「リノ………!!」

基礎データ

全国図鑑No.800
アローラ図鑑No.400
UBコードネームUB:BLACK
分類プリズムポケモン
タイプエスパー
高さ2.4m
重さ230.0kg
特性プリズムアーマー


他言語版の名称

英語 Necrozma
イタリア語Necrozma
スペイン語Necrozma
フランス語Necrozma
ドイツ語 Necrozma
韓国語  네크로즈마
中国語 奈克洛茲瑪(繁体字)/奈克洛兹玛(簡体字)


概要

太古の時代に全く別の異次元から現れたと噂される謎の生命体。
目撃したハンサムはUBと疑ったが、エーテル財団や国際警察のデータには存在しない。

真っに染まった鋭角的な水晶のごとき身体を持ち、半分に割れた頭部と一体化した胴体部、両腕は巨大なクローのようになっている反面、それを繋ぐ二の腕部分と両足はかなり細いという何ともアンバランスな体型をしている。

がエネルギー源であり、掌や後頭部など体の一部からは、内部に蓄えられた膨大な光エネルギーが白く透けて見えている。その身体のプリズム器官から放射するレーザーで、周囲の者全てを容赦なく攻撃する非常に凶暴な性格。
これほどの光を蓄えた存在であるが、光への飢餓は解消されず、戦闘中に度々苦しんでいるかのようなモーションを見せる。

名前の由来はNecro(英語:死の)+Prisma(スペイン語等:プリズム)だとされているらしいが、Phantasm(幻、幻影、幻想、死者・不在者の幻像、幽霊)もかかっている可能性がある。
また、ウルトラムーン版の図鑑説明文から、「黒ずむ」まで含めた複雑なネーミングだとも推測される。
またUSUMで追加された鳴き声は、ハワイ語で「光」を意味するlinoからきている。

ゲームでの特徴

「サン/ムーン」ではウルトラビースト5種類を捕獲した後のイベント後、テンカラットヒル奥の草むらに行くと野生のポケモンに混じって出現する。レベルは75。
能力は素早さが若干不安だが、他の能力は特攻を筆頭に高水準と言う伝説ポケモンのそれ。
但し合計種族値は600。この辺も「まだ隠された力があるのでは」と言われる要因だったりする。

習得技はかなり癖が強い。
なんと自力習得できる従来のエスパー技は「ねんりき」「アシストパワー」「サイコカッター」と専用の「プリズムレーザー」しかない。
また他の習得技も物理・特殊がまばらだったりタイプも安定していなかったり、わざマシン対応技も特殊寄りにも関わらず物理技が殆どを占める等変な事になっている。
地味に「あさのひざし」と「つきのひかり」を両方習得できる稀有なポケモン。

専用技プリズムレーザーは使うと1ターン反動で動けなくなってしまう「はかいこうせん」のエスパー版。但し威力160と「サイコブースト」を超えるエスパータイプ最強の威力を持つ。

USUMから追加されたもう一つの専用技フォトンゲイザー攻撃と特攻の高い方の数値で放つエスパータイプの特殊技。物理型となる日食ネクロズマと、特殊型となる月食ネクロズマのどちらでもメインウェポンを務められる優秀な技である。

特性は新登場の「プリズムアーマー」。弱点の技の受けるダメージが軽減されるハードロックと同じ効果であるが、隠し効果でかたやぶりを無効化することが出来るためハードロックの上位特性と言える。またこの隠し効果はソルガレオとルナアーラの特性も共通している。

ネクロズマの謎

図鑑ではソルガレオルナアーラ同様金枠(つまり禁止伝説級)に設定されている、レックウザ以降お馴染みのマイナーチェンジ版等で正体が明かされる第三の禁止伝説級ポケモンに相当する存在。
戦闘時のBGMもガレアラと同じであり、通常の対戦やバトルツリーでは使えない。

SM発売後〜USUM発売前

ネクロズマパーフェクトフォルム
ネクロズマの友達


通常形態だけが知られていた時期。
一部のユーザーの間では、頭部と胴体が龍の頭部のように見えることが話題となっており、胴体の裏側が斬り落とされた首の断面のように見える事も相まって、この姿は本来の姿ではないと考察するユーザーが多かった。

また、コスモッグ系を含む全てのUB共通の特徴である「種族値が全て素数」かつ「鳴き声の終わり際に、ある特殊な音がかかる」というのをネクロズマも持っており、ネクロズマも「特性“ビーストブースト”を持たない上位のUB」であるのではないかと話題になっていた。

しかし、アローラ地方にはネクロズマ自身にまつわる文献や資料が皆無に等しく、SMでは「UBである」との明言もなされなかった。太古の昔アローラを覆い、人々とポケモンの光によって打ち消されたとされる「闇」の伝承との関連が指摘されてはいたものの、詳細な設定はマイナーチェンジ版であるUSUMの発売を待つこととなった。


USUM発表から発売後

USUM


そして発表されたマイナーチェンジ版ウルトラサン・ウルトラムーンの発売前プロモーションムービー中にて、かつてのブラックキュレムホワイトキュレムの如くソルガレオとルナアーラに襲い掛かり、その存在を取り込んだ2つの新形態が公開された。
通常形態の"龍の首だけしかない"外見と、"光を喰らい日食月食を引き起こす"という点から、元ネタはインド神話に伝わる悪魔「ラーフ」であったと思われる。


日食ネクロズマ


ソルガレオの力を侵食した姿。
通称・日食ネクロズマ。詳細はたそがれのたてがみへ。

ネクロズマ(あかつきのつばさ)


ルナアーラの力を侵食した姿。
通称・月食ネクロズマ。詳細はあかつきのつばさへ。


そして、日食/月食ネクロズマの状態でウルトラバーストなるコマンドを行うによりさらなる別の姿に変化することができる。

なお、ウルトラサン・ウルトラムーンにおいては、初登場時ネクロズマを捕まえることはできない(捕まらないのではなくボール自体使う事ができない。融合キュレムと同じ仕様)。捕まえる為にはその後ある場所にまでたどり着く必要がある。

関連イラスト

ネクロズマ
サン ムーン プリズム


The Light Eater - Necrozma
黒いアイツ



関連タグ


参考文献(外部リンク)
ファンタズム(映画)…ウィキペディアの記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネクロズマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258224

コメント