ピクシブ百科事典

魏怒羅

ぎどら

魏怒羅とは、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に登場するキングギドラの名称。
目次[非表示]

データ

  • 身長:50m
  • 翼長:90m(完全覚醒時)
  • 体重:2万5千t
  • 別名:護国三聖獣・天の神、千年竜王


概要

護国三聖獣の中の一体である天の神。富士樹海の氷穴に封印されていた。
ヤマタノオロチの原型とされており、「護国聖獣伝記」には四本の脚で描かれている。

完全体になれば地・海・空を支配する最強の聖獣になる事が出来る。
そのためには一万年の休眠期間が必要なのだが、会社をリストラされ自殺しようとしていた男が首を吊るために石像を踏み台に使ったため封印されていた氷穴が開き、ゴジラの出現を察知し、僅か二千年で目を覚ました。
そのため翼も折り畳まれた状態で、飛行や光線攻撃も使えない。
唯一使える武器は、噛みついた相手に高圧電流を流す「サンダースパーク」。

横浜でのゴジラと最珠羅の戦いに割って入り、サンダースパークを仕掛けるがゴジラに投げ飛ばされあっけなくダウンしてしまう。

しかしゴジラの熱線から自身を庇い爆散した最珠羅のエネルギーを分け与えられ、完全体へと進化する。

千年竜王キングギドラ

魏怒羅を庇って爆散した最珠羅の残存エネルギーを貰い、完全体となった姿。
地・海・空の全てを制覇する怪獣となり、ゴジラの熱線を黄金の粒子で跳ね返し「ビッグスパークボール」として打ち返すほか、翼が広がって飛行が可能になり、口からは黄金の引力光線を吐き出す。歴代よりも雷撃的な描写がされている。また鳴き声も変わる。

動きも機敏になり海中に沈んだゴジラをビッグスパークボールで肩の傷を開かせ、水中で羽交い絞めにするなど優位に立つが、特殊潜航艇さつまの放ったD3削岩弾の盾にされてしまい大ダメージを受ける。

しかし水中に落ちた古代のディスクを吸収して復活し、追って来たゴジラを再高威力の引力光線で迎撃したが、引力光線を吸収し、放射火炎と同時に発射するというゴジラの離れ業を受け大爆発を起こして消滅する。
だがその後、三聖獣の霊魂の状態に変化し、ゴジラに憑依した霊魂を浄化した。

特徴

他の護国聖獣も特異な部分が目立つが、魏怒羅も歴代のキングギドラと比較して、以下の部分が特徴的である。

  • 明確に「電撃」を武器としている
  • 正義の怪獣
  • 東洋竜のほか、「犬顔」と称される顔だち(バランの設定が活かされた)
  • 首と翼が比較的短い
  • 地中や海中で活動した
  • ゴジラよりも小さい
  • 一度死んだ身
  • 霊体化
  • 鳴き声

翼を使わずに行動したのは、モスラ3のヤングギドラ以来。

関連イラスト


関連タグ

キングギドラ 護国三聖獣

pixivに投稿された作品 pixivで「魏怒羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2813

コメント