ピクシブ百科事典

GMKゴジラ

じーえむけーごじら

本稿では『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』に登場するゴジラについて解説する。GMK版は、歴代ゴジラで最も『最凶』又は『最恐』と言わしめるゴジラである。
目次[非表示]

データ

身長60m
体重3万t
出身地不明
特徴賢さ・エネルギー吸収・怨念集合体・強固な皮膚
武器放射能熱線・引力放射能熱線・発達した犬歯・強靭な脚

概要

別名「白目ゴジラ」、もしくは「総攻撃ゴジラ」。古代に棲息していた恐竜水爆の影響で怪獣となったもの。かつて一度東京に出現したが、ある科学者が制作した未知の毒化合物によって退治された。
ただし、当時の防衛軍は「防衛軍の攻撃が通用しなかったという事実が露呈すれば、国民が防衛軍の存在意義を疑問視しかねない」と危惧した為、表向きは「防衛軍の奮闘によって倒された」ということになっている。以降の防衛軍の兵士達はそれを事実として教えられており、真実を知るのは一部の政府高官だけである。

正体

本編に登場する民俗学者である伊佐山の説明によると、その正体は太平洋戦争で犠牲となった数多くの人々の怨念の集合体であるという。前回の出現から約50年もの時間が経っていながら、なぜ再び日本を襲うのかという疑問も劇中で提示されているが、伊佐山は、過去の歴史に忘れ去られていった人々の無念さを、現代人が忘れてしまった事に対して怒り、再び現れたと語っている。(また、本編冒頭では米国に現れたゴジラと呼ばれる存在についても触れられているが、「日本の学者は同類とは認めていない」らしい。)

特徴

ゴジラ


本作のゴジラは、他者に感情移入を一切許さない、全てを憎み破壊し尽くす『破壊神』として描かれている(メディア本でも『破壊神』と記載されている)。その瞳は、歴代ゴジラで初の白眼となり、背びれは昭和時代を訪仏させ、下っ腹が太くて脚部がメチャクチャでかく、ズッシリとして安定性に優れたデザインをしていてリアルである。シリーズ化した初代以外の歴代ゴジラたちが段々と人に近い体型になっていったのに反して、一見アンバランスで不気味な体格も、より恐怖感を与え感情移入を拒絶させるものとなっている。

劇中では、人間に一切合財の妥協等はせず、人が知れず蟻を踏みつぶすような感覚とはまた違い、意図的に殺意を持って人間に接しており、ゴジラも人間を所構わず踏み殺し、放射能熱線で市ごと焼き払っている。中には意図してのことかは不明だが、病院を素通りしたと思わせて尻尾で病院を破壊するなど、残忍でおぞましい破壊衝動・行動が強調されている。

ちなみに、背鰭を上下に動かせるらしい。

また、ゴジラにはほぼ無敵と言われていたモスラを劇中で完全撃破したゴジラである(もっとも寿命が近かったとはいえ、2代目ゴジラがかつては成虫を破っており、自衛隊の猛攻ののち双子の幼虫に善戦しているところを見ると、こちらも頑張っている。ちなみに双子の片割れはこの戦いが原因で死亡している)。

知能および性格

知能の高さはゴジラシリーズでも、かなり高い水準を有すると考えられる。防衛軍の捜索を翻弄してピンポイントに東京近くに出現した(初期プロットでは、防衛軍を度々翻弄するのがかなり強調されていた)。一度は受けた相手の攻撃を繰り返して受ける事が無く、2度目に際しては用意周到に待ち伏せて迎撃するなど、賢さが増している。奇襲攻撃を敢行したバラゴン、モスラの双方は、1度目こそ攻撃に成功したが、2度目はほぼ失敗している。この知能の高さによって軍による捜査網を逃れ続け、関東本土への上陸を許すまで気づかず仕舞いに終わってしまった。ミサイルをキングギドラに命中させるなど狡猾さも際立つ。

また、戦いにおける集中力もかなり高いと思われ、下記の熱線の精密さはもちろんの事、ギドラへ攻撃を集中してる真後ろからモスラが奇襲を仕掛けようとしたところ、逆に尻尾で弾き飛ばすという鋭い洞察も見せている。

しかし、バラゴンとの戦いでは殺しに掛かるというよりはいたぶる様な戦い方をしたり、モスラのひっかきの後鬱陶しそうに頬をかく、ギドラの攻撃を吸収した際に笑みを浮かべる等、感情が無いというよりは、意地汚い性格とも取れる描写がある。
その為、上記の感情移入を拒絶しているのではなく、ただの悪党に見えるという声も少なからず存在する。

身体能力


ズッシリとした巨体に似合わず足が速いのが特徴の一つ。
ミレニアムシリーズのゴジラは総じて足が速いのだが、こちらは「走る」というよりも、「早い大股歩き」であり、地響きを起こしながら上背で迫ってくる姿は恐怖心を煽る。
同時に、強靭な脚力を武器にした踏みつけ蹴り攻撃もあり、初戦のバラゴン(自身の半分の大きさしかない)を徹底的に痛みつけている

歴代でも特に発達した犬歯は噛みつく際に有効性があり、積極的に噛みつきに行くという点でもリアルである。
加えて顎も巨大な為噛み付きの威力も絶大であり、ギドラの鱗を貫通し流血させるほど。

また、ゴジラシリーズでは珍しい、完璧な投げ技を使用しており(過去にも幼虫モスラやメカゴジラを投げ飛ばしていたことはあったが、人間じみた投げ技はガバラ戦の一本背負い以来である)、当時のガイドブックの一つによると、「残留怨念の一つに、戦前の優れた格闘家がいたのかもしれない」とのこと。

表皮もかなり強固であり、防衛軍の放った特殊削岩弾をもろともせず、表皮を穿孔しようとしたドリルは捻じ曲がって破損してしまった
平成シリーズやミレニアムシリーズにおいては防衛軍の持ちだす新兵器等で皮膚を貫通される事があったが、本作では一切貫通させていない。ただし、覚醒直後のキングギドラが放ったビックスパークボールを受けた際には手傷を負っており、以降の防衛軍はその傷口を狙った攻撃を実行している。

放射熱線

ゴジラ(GMK)


その口から吐き出す炎は、再び火炎が青白くなった。勿論のこと放射能の熱線を得意とするところであるが、歴代で最上級の戦略的機能を有する。
「バースト効果」が発生したのは今作が初で、「狙い撃ち」も同様。その貫通力と射程、正確さでは、歴代でも随一の代物。ただし全使用例においてではなく、一度だけに限定されることから、余程にエネルギーを集約したのではないか、と考えられる。

  • どれ程かというと、恐らくではあるが原爆に近い破壊力を持っており、一市を破壊し尽くしてしまい地震を誘発したほど。その証拠に、遠く離れた地域の学校からキノコ雲が確認できており、中程度の地震が起きるほどである。また上記の貫通力と正確さで、防衛陸軍が展開した地上部隊の80%~90%を吹き飛ばすなど極悪さが増している。
そして本作で一番の凶悪技が、キングギドラの光線エネルギーを吸収して放射熱線のエネルギーに加算するというもの。無敵と思われた完全体ギドラでさえ、その一撃の前に木っ端みじんにされてしまうなど、凄まじい力を見せつけた。

最後

護国三聖獣の残存エネルギーによって海底に押し戻され、一時的に動く事が出来なくなったところに、立花泰三准将の乗り込んだ「特殊潜水艇さつま」が体内に侵入(上記の性格から、ゴジラは自分からさつまを飲み込んだともとれる)。体内から放たれた削岩弾が肩の傷を貫通し、内臓から肩口にかけて穴をあけられてしまう。
それでも再浮上して放射熱線を吐こうとするが、その熱線器官も穴が開いていたようで首の傷から熱線エネルギーが吹き出し、大ダメージを負って、絶叫しながら夥しい流血と共に海底へと沈んでしまう。

危うし!特殊潜航艇さつま


直後にゴジラから脱出したさつまに対し何とか熱線を吐こうとしたものの、もはやゴジラの体はその強大なエネルギーに耐え切れず、木っ端みじんに爆散した。
この時、護国聖獣の残存エネルギーにより、ゴジラの憎悪の念が一時的に弱くなったため、
削岩弾が貫通し、体内の放射気管が暴走したのではないかとも語られている。

いずれにせよ最終的に、自身の肉体を破壊したものは、正に自身の熱線だったのである。

・・・しかし

全てが終わったかに見えた映画のラスト。
東京湾の海底でゴジラの心臓のみが鼓動を続けていた
ゴジラの恨みは正に尽きることはなく、永遠に消えることはないのかもしれない。

このように、一作品のみの登場ながら、視聴者に絶大な存在感と恐怖を与え、
語り切れないほどのインパクトを残していったゴジラなのである。

余談


関連イラスト

ゴジラ焼津港に出現
大怪獣総崩れ。
千年竜王



関連タグ

ゴジラ ゴジラ怪獣
怨霊 ZILLA GMK
みんなのトラウマ 特撮におけるみんなのトラウマ一覧
金子修介

pixivに投稿された作品 pixivで「GMKゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91307

コメント