ピクシブ百科事典

ガメラ2

がめらつーれぎおんしゅうらい

東宝の怪獣映画『ガメラ2 レギオン襲来』のこと。
目次[非表示]

概要

 平成ガメラシリーズ第2弾。前作『ガメラ 大怪獣空中決戦』の正式な続編。
 1996年7月13日に東宝系列で配給された怪獣映画で、監督金子修介、特技監督は樋口真嗣。前作のガメラギャオスの戦いから1年後、宇宙群体生物レギオンと人類の、そしてガメラの戦いを描く。
 本来は前作同様昭和作品の怪獣リメイクするはずだったが、「自由な発想を」ということでオリジナルの怪獣、レギオンが登場した。レギオンの造形は非常に繊細かつ大胆であり、国内外問わず人気が高い。ちなみにこのレギオン、完全オリジナルというわけではなく、リメイク候補に挙がっていたギロンのイメージを踏襲した上で生み出された怪獣である。(魔改造とまで言われる。)
1996年の第17回日本SF大賞受賞作品であり、1997年の第28回星雲賞映画演劇部門・メディア部門賞も受賞。特撮映画初の日本SF大賞受賞作品となったように、SF作品としての評価も高い作品とされる。
キャッチコピーは「消滅するのは日本か、レギオンか

あらすじ

ギャオスとの戦いから1年後。地球には流星雨がふりそそぎ、その内の一つが北海道の恵庭岳近くへ落下した。陸自の調査が行われたが、落下地点には隕石の残骸は見つからず、むしろ隕石が制動をかけたかの様な痕跡が残されていた。
そして、その後、恵庭岳から札幌にかけて、怪事件が起きる。日本ではまず見れない緑のオーロラ、NTTの光ファイバーの喪失、謎の電波障害、そしてビール工場での瓶の大量消失と、そこのガードマンが見たという「怪物」の影。隕石が落下してから5日後の札幌でその元凶は姿を現す。
突如、ビル街に出現した数百メートルはあろうかという巨大な植物と地下鉄を襲撃するのような節足動物の様な奇怪な生物たち。それらは隕石によって地球にやってきた宇宙生物であった。人間に襲いかかり、周辺の大気すら変質させるこの生物群との共存は不可能と自衛隊は断定。徹底抗戦の構えで作戦に挑む。
そして、植物が宇宙に向けて種子を発射しようとすると札幌は壊滅するほどの爆発が起きると予想される中、太平洋からガメラが飛来。種子の発射を止めるが、地下に居た生物達からの攻撃を受けて撤退を余儀なくされる。
主が、『名は何か』とお尋ねになると、それは答えた。『わが名はレギオン。我々は、大勢であるがゆえに』」(マルコ福音書第5章より)
そう、彼らは「レギオン(軍団)」。地球を存亡の危機に陥れるレギオンと地球の守護神ガメラ、そして、レギオンが突き進もうとするこの国を護る自衛隊との戦いの火蓋が切られたのであった。

主要キャスト


関連項目

特撮 北海道 仙台 東京 自衛隊

ガメラ3邪神覚醒

pixivに投稿された作品 pixivで「ガメラ2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23009

コメント