ピクシブ百科事典

三菱F-1

みつびしえふわん

第二次世界大戦後、日本が完成させた初めての戦闘機。T-2を基に開発され、国産対艦ミサイル『ASM-1』を運用することができるので、戦闘爆撃機(攻撃機)としてはそこそこ優秀である。2006年退役。
目次[非表示]

求められる戦闘爆撃機

当時、航空自衛隊では最新鋭機としてF-104の配備が進んでおり、
これにより余剰となったF-86戦闘爆撃機攻撃機)として転用される事になった。

だがF-86は搭載能力が不足しており、航続距離も短いという欠点があった。
対地攻撃能力・艦攻撃能力は著しく不足している点は大きかったのである。
特に対艦攻撃能力などは爆弾に頼るほかなく、
しかも主翼の増漕用ハードポイントを潰して搭載するほか無かったのだ。
(これはMiG-15にも共通している)

しかも初飛行は1947年と、機体そのものも旧式化しており、
十分な能力をもった新型機が求められていた。

『ゼロからワンへ』

1971年に初飛行した超音速練習機T-2は、当初から戦闘機にもできるように設計されていた。

これは『国内の技術開発能力を育成するため』という理由があり、
このために費用面では不利な国内開発を選択していたのだ。

1973年、国会で試作機2機の製作予算が認められ、(1974年度予算)
生産中だったT-2の6/7号機がこれに充てられることになった。
6号機は飛行試験機、7号機は電子機器の実験機としてそれぞれ改修され、1975年から試験が始まった。
(飛行試験に関してはT-2とほぼ同様で、6号機は早々に電子機器実験用に改造された)

1975年には最初の調達予算が計上され、1977年から87年までに77機が生産された。
T-2と併せた生産数は173機となり、
費用に見合った効果(費用の低減)は得られたと判定された。

F-1の実態

F-1はT-2と同じく、
・主翼の面積が小さい
・推力対重量比に優れる(最大出力の総合が重量以上)
という特性を持っている。

これはF-104にも似ていると言われているが、
(これもT-2同様)
実戦用装備を追加しているのでT-2よりも性能は低下している。(後述)

主翼は超音速性能を重視し、燃料タンクを内蔵していないタイプである。
(このような主翼を『ドライウィング』という)
従って燃料搭載量は少なく、任務が長距離に及ぶ場合は主翼等に燃料タンクを吊架する。

エンジンイギリスの『ロールス・ロイス・チュルボメカ RT.172 アドーア Mk 102』をベースに石川島播磨重工業株式会社がライセンス製造した『TF40-IHI-801A』を2基搭載する。
燃費には優れていたが、肝心の出力は初期のものがベースとあってカタログスペックどおりの出力が出ずに2基あわせても不足気味となった。
その非力ぶりは、アフターバーナーを焚かないと離陸さえできないとまで評された。

原因はもちろん重量増加である。
ただでさえ重量がT-2より350kgも増えており、
その上爆弾などを搭載すると余計に不足するのである。
対策としては改良型の導入等があったがロールスロイスはサポート契約を無視して要望を無視、独自改良に踏み切ったがライセンス製造に関わる契約の都合上改良の情報は丸ごと渡ってしまい、提供を受けて改良型アドーアエンジンが作られるも日本には輸出もライセンス製造の許諾も出ず、次期FS-X選定の頃に売り込まれたというとんでもない事が起きてしまった。後に「アドーアの悲劇」と呼ばれる一件である。

また、T-2の後部座席を取り外して電子部品を積み込んだため、後方視界が劣悪という弱点も抱えていた。

さらに、時代に合わせた改修が出来なかった(予算の制約)のも欠点である。
完成当時は先進的でも、後に電子妨害装置などを搭載するための予算が無かったのだ。
結局これは退役まで解決されることは無く、
F-1は最後までフレアのひとつも持たなかったのである。

The・対艦番長(初代)

F-1最大の特徴は国産対艦ミサイル『ASM-1』の運用能力である。
このミサイルはロケット駆動にて50kmの射程をもち、
初期は慣性誘導(まっすぐ飛ぶだけ)、最後は自身のレーダーで敵艦を狙う。
三沢基地のF-16にはAGM-84「ハープーン」が配備されていないようで、
対艦攻撃機としては非常に重宝された。

この事はF-1と入れ替わりにF-2が配備された事からも明らかであり、
日本海東シナ海を睨む青森県(三沢)や福岡県(築城)に配備されている。
(春日基地にはモニュメントとして1機が残されている)

また、主翼の面積が小さいことも低空侵攻には有利となった。
風の影響を受けにくかったのである。
国産の電子機器も対地攻撃に向いたものとなっており、
戦闘爆撃機支援戦闘機)としての能力は十分である。

その反面、空戦にはあまり向いておらず、
特に強力なレーダーを搭載しないので戦闘機としての能力には不安がある。
1970年代開発の戦闘機といえばF-14F-15等があり、
既に戦闘爆撃機の必要性は薄れていたのであった。
(時代は再び格闘戦の時代へ)

これはベトナム戦争の戦訓でもあり、やはり戦闘機は空戦してナンボだったのである。
MiG-17MiG-21の活躍などは顕著)

F-1は空戦ができない?

ただしこの戦訓によるならば、F-1でも十分に活躍の機会はある。
70年代の開発という事で機銃も搭載されるようになっており、
コクピット左下にはJM-61A(総弾数750発)が装備されている。

また、爆弾さえ投棄すれば格闘戦に持ち込むことも出来る。
空戦は不向きな部類とはいえ、
実際にAIM-9を装備して「アラート任務」にも就いていた。
(最大4発搭載可能)

時代は再び『ゼロ』へ

続くF-2では空戦も十分に考慮されている。
これはF-1の反省点でもあり、
さらに発展型の国産対艦ミサイル『ASM-2』をなんと4基も搭載できる。
(F-1でも一部の機体が改修されて対応した)

時代は21世紀へと移り、求められる性能は「マルチロール」化した。
期待される活躍も『格闘戦』へと先祖帰りし、
ここに再び最新技術を投入した戦闘機が求められた。

その名は『ヴァイパー・ゼロ』。
F-16を基に日本独自の要求仕様やノウハウを盛り込んでおり、
まさに現代によみがえったゼロ戦と評価されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「三菱F-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22880

コメント