2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大映によって1965年に放映された「大怪獣ガメラ」に端を発した怪獣映画のシリーズ。
ゴジラのヒットによって各映画会社が便乗して怪獣モノを打ち出す中、唯一息の長い人気を得ることに成功した怪獣映画であり、シリーズの合計作品数は『ゴジラ』シリーズに次ぐ12作と、人気のシリーズとなった。

作品が製作された時期によってガメラの設定に大幅な相違があり、昭和時代の作品(倒産以前の大映によって製作された作品群)のガメラを「昭和ガメラ」、平成時代の作品(徳間グループ傘下の大映によって製作された、所謂『平成3部作』)のガメラを「平成ガメラ」、角川映画時代に製作されたものを「角川ガメラ」と呼称する。

一方、どの会社でもその製作体制はあまり良くなかったというのは有名な話で、大映時代ではすでに会社自体が経営難だったこともあって作品を重ねるごとに予算も期間も減らされての無茶な製作を強いられたと言われている(これは一時期のゴジラシリーズもそうだったが)。

後の徳間時代の平成3部作も予想していたほどの予算が貰えずにやっぱりその製作には苦労したとされ、しかも評価の割に成績は振るわずそれほど長続きしない結果に終わり、そして角川時代においては最初の一作こそ予算は潤沢だったものの先の3部作ほどの評価は得られなかったばかりかその収益に関しても無視できないほどの赤字を出すなど、何時の時代においてもいまいち制作環境および映画としての業績に恵まれないというジンクスがある。

そのため知名度の割にゴジラシリーズやウルトラシリーズに比べて少し不遇なシリーズと捉える人達も少なくはない。

作品リスト

昭和シリーズ


平成シリーズ

徳間グループ時代(平成ガメラ3部作)


尚、自主制作作品として『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』の続編『ガメラ4 真実』が、落語家林家しん平師匠の手によって製作されている。

角川映画時代


小説

※ノベライズ除く

  • 1995年 小説『ガメラ対不死鳥(フェニックス)』
平成ガメラ一作目が公開時に、小学館より発売された小説で、著者は高橋二三。
昭和ガメラのテイストを多分に含む内容で、世界観も(明確ではないが)昭和ガメラと続いているような描写が為されている。
ナスカ平原から出現したガメラが、同じく出現した炎で構成された巨鳥・フェニックスと対決するという物語で、劇中のガメラは昭和ガメラに近い。回転ジェット時に甲羅の縁を丸鋸状に変形さ せ、体当たりして切断するという能力を劇中で披露した。
小説におけるガメラは数が少なく、貴重な一作である。

ゲーム


関連項目

特撮 特撮映画 怪獣 怪獣映画
大映 KADOKAWA / 角川映画
昭和ガメラ 平成ガメラ
GAMERA ガメラ怪獣
ガメラ 徳間ガメラ 角川ガメラ

関連記事

親記事

大映特撮 だいえいとくさつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガメラシリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガメラシリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12825

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました