ピクシブ百科事典

角川映画

かどかわえいが

角川映画とは、日本の企業である角川書店の映像事業。または、今は亡き日本の映画会社。
目次[非表示]

概要

1976年、大手出版社である角川書店は、当時の社長・角川春樹の指揮の下、映画産業に打って出る。それは角川の企業規模を活かした宣伝戦略と、それに乗じて原作となる書籍(小説)をベストセラーにするメディアミックス商法だった。当初は宣伝費を出していただけだったが、『犬神家の一族』を皮切りに自社で製作を行うようになる。これが大当たりし、角川映画は70年代から80年代にかけて停滞していた日本映画界で快進撃を続けた。
角川春樹事務所に所属し、角川映画で出世した薬師丸ひろ子・渡辺典子・原田知世の3人は《角川3人娘》と呼ばれた。
しかし80年代後半から、テレビ局の映画界参入、3人娘の退社、自社配給の失敗、ハリウッド参入への失敗など複合的な事情から衰退。1992年に角川春樹・歴彦兄弟の対立による、いわゆるお家騒動が置き、翌93年に春樹が薬物不法所持で逮捕されると、従来の春樹路線は消滅した。
映像の製作はその後も続いており、買収した(後述)大映のコンテンツであった『ガメラ』や『妖怪大戦争』を新たに展開するなどしている。

角川書店(企業)

2002年、角川はかつての大手映画会社・大映を親会社の徳間書店から買収。角川大映映画を設立。2006年、外資系配給会社の日本ヘラルド映画も加えて角川ヘラルド・ピクチャーズに。さらに2007年、社名を角川映画に変え、企業としての「角川映画」が設立した。
2011年、角川書店の合併吸収を受け、企業は消滅。角川映画はブランド名に戻る。

作品

(配給は他社であることが多い)

実写映画

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
蒲田行進曲
金田一耕助シリーズ
里見八犬伝
セーラー服と機関銃
戦国自衛隊
時をかける少女
ねらわれた学園
バッテリー
復活の日
ぼくらの七日間戦争
魔界転生
野獣死すべし
妖怪大戦争(2005年)
蘇える金狼
ロボゲイシャ
Wの悲劇
小さき勇者たち GAMERA

アニメ映画

かいけつゾロリ
幻魔大戦
少年ケニヤ
劇場版 艦これ - 創立40周年記念作品
超劇場版ケロロ軍曹
火の鳥 鳳凰編

関連タグ

映画 / 日本映画
角川書店

外部リンク

角川映画 - 角川書店ホームページ内
角川映画 宣伝部 (kadokawaeiga) - Twitter
角川映画 宣伝部 - YouTube
角川映画 - Wikipedia
角川映画 (企業) - Wikipedia
角川映画とは (カドカワエイガとは) - ニコニコ大百科
角川映画 (企業)とは (カドカワエイガとは) - ニコニコ大百科
角川映画とは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「角川映画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30292

コメント