ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ!

概要

科学忍者隊ガッチャマン新造人間キャシャーンに続くタツノコプロオリジナルSFアクションヒーローアニメ。「アメホン国のワシンキョウ市」という架空の都市を舞台とし、当時ヒットした映画「燃えよドラゴン」のブルース・リーを意識したカンフーアクションで次々と敵をなぎ倒していく爽快さに定評がある。
前者2作はシリアスな内容に対し、本作はコメディ、ギャグ路線が強い。レギュラー登場する悪の組織は無く、毎週個別の犯罪者・犯罪組織が悪事を実行する(が、ポリマーがあまりにも強すぎて目立たない)。
主人公の鎧武士を演じた曽我部和恭は作品の収録前に何度もブルース・リーの映画を見に行ったという。

1996年にはOVAにてリメイクされた。
なお、打ち切りで未完の作品。

2017年5月にタツノコプロ創設55周年記念作として実写化が公開予定。監督は特撮畑の坂本浩一氏。主演は溝端淳平。溝端はオファーを貰ったときに「どうせスーツアクターが代行するだろうと思っていたがちょっと違った。」と顔がむき出しのスーツのため溝端自らがスーツを着て演じている。

登場人物

    • 鎧武士(声:曽我部和恭)…主人公。本名「鬼河原武(おにがわら たけし)」。車探偵事務所の新米助手として普段は国際警察の無線を傍受することくらいしか能のない三枚目だが、実際は頭脳明晰かつ柔道3段・空手3段の腕前を持つ格闘技の達人であり、ポリマーに転身して戦う。事件の捜査中、親父に直面しそうになると慌てて隠れる。
    • 車錠(声:青野武)…車探偵事務所のボス。何かにつけて自称「二代目シャーロック・ホームズ」と名乗って格好付けるのだが、現実は三流のヘボ探偵で、懐の拳銃も実は水鉄砲である。
    • 南波テル(声:落合美穂)…車探偵事務所の電話番及びこの作品のヒロイン。事務所の家主でもあるので、オーナー権限には誰も逆らえない。
    • 男爵(声:たてかべ和也)…車の飼い犬で元警察犬。武士の事情を全て知っていて、毎週セリフもあるのだが、犬なので劇中の人物たちには聞こえていない事になっている。
    • 鬼河原虎五郎(声:雨森雅司)…国際警視庁長官で、武士の父。通称「鬼虎(長官)」。仕事の立場上、息子が家出していて行方不明で、毎日心配してるとは言い出せない。


ポリマー

中盤になって初めて誕生の由来が語られるという意表をついた展開。武士が手に入れたヘルメット「ポリメット」の中からポリマー(重合体)製のスーツが展開されて強化服になる。
その姿から、ポリマーマシン(自動車)、ポリマーホーク(戦闘機)、ポリマーグランパス(潜水艇)、ポリマーローラー、ポリマードリル、の各形態に変形して戦う事も可能。


関連イラスト

破裏拳ポリマー



関連タグ

タツノコプロ
ヤットデタマン…舞台になる探偵事務所は、本作のリメイク的意味合いもある。
仮面ライダーW…架空の街を舞台にして、ヘボ探偵と、家主のヒロインと、頭脳派の三人組が暴れ回る。

pixivに投稿された作品 pixivで「破裏拳ポリマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83290

コメント